JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

62歳 男性 泌尿器系の質問です。 射精時に血液(朱色から赤色)が混じり、それが終わった後に 鼠蹊部や腰の

解決済みの質問:

62歳 男性
泌尿器系の質問です。
射精時に血液(朱色から赤色)が混じり、それが終わった後に
鼠蹊部や腰の痛みを感じます。
症状が出から6か月ぐらい続いています。
専門医にかかろうと思うのですが、仕事が多忙でなかなかいけません。
ご診断の方、よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
相談者様が呈されているのは血精液症という症状です。
毎年の検診は受けておられますか?
PSAの高値を指摘された、ことはないでしょうか。
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

まだ、専門医にはかかっておりません。

なお。生活面で注意点をお教えください。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様が呈しているような、精液に血が混じった状態を血精液症と言います。

精液は大部分が前立腺と精のうで作られます。

血精液症は前立腺や精のうの炎症によるもの大多数です。
大半の例で、前立腺炎が原因となっていることが多く、これは、長時間の座り仕事や、精神的なストレスでも起こることがあります。
尿路感染のように自覚症状がある場合もありますが、ほとんどは自覚症状はありません。

前立腺や精のう、あるいは尿道の悪性腫瘍、つまり、がんが、血精液症の原因になっている場合もまれではありますがございますので、その鑑別のための検査は必要です。
相談者様のご年齢ですとやはり悪性腫瘍の可能性は念頭に置かなければなりません。
毎年の検診を受けているか、PSA高値を指摘されたことが無いかお尋ねしたのはそのためです(PSAは前立腺がんのマーカーで、これが高値になると前立腺がんの可能性が高いと判断され、精密検査が勧められます)。

「射精後に鼠蹊部や腰の痛みを感じ」るという症状は前立腺炎の可能性が高いことを示唆する所見ですが、一般的に、前立腺炎もそれによる血精液症も、通常は2~3週間で自然治癒します。
6ヶ月も症状が続いているということですと、もっとも一般的な前立腺炎による血精液症は否定的であり、より慢性的・進行性の疾患を念頭に専門医を受診されるべきであると考えます。具体的に申し上げるならば、悪性腫瘍の可能性は否定できません。

ご多忙で病院に行けないとのことであり、また、「生活面で注意点をお教えください」とのリクエストですが、私としては、まず第一に泌尿器科の受診をお勧めいたします。

慢性前立腺炎と捉えるならば、日常生活上の注意点については以下のサイトをご参考にされるとよろしいかと存じます。
http://cpcpps.jp/

【血精液症】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

以上、ご参考になれば幸いです。

















猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問