JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

CVSURGERYに今すぐ質問する

CVSURGERY
CVSURGERY, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 64
経験:  医師歴20年以上、複数専門医資格、指導医資格保有
72019546
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
CVSURGERYがオンラインで質問受付中

論文の読み方を教えてください。以下の論文はブルガダ症候群とされる人のリスク評価に加算平均心電図が有用だとする論文

質問者の質問

論文の読み方を教えてください。
以下の論文はブルガダ症候群とされる人のリスク評価に加算平均心電図が有用だとする論文だと
思うのですが、これはブルガダの人を115例集めてきて加算平均心電図を行ったところ
有症候群の人にLP強陽性が8割とかなり多かったというものですよね。
だとしたらAさんがブルガダと診断されて、加算平均を調べたところLP強陽性となった場合
Aさんは今後有症候群になる可能性がかなり高いということとは違うのでしょうか?
無作為にブルガダの人を集めてきて加算平均を実施したところLP強陽性の人のほとんどは有症候群(失神や心停止の既往ありのハイリスク層)だったのですから、逆にブルガダのAさんの加算平均心電図を調べてLP強陽性が見つかった場合、Aさんは有症候群である、あるいは今後有症候群になる可能性が非常に高いということにはならないのですか?
参照文献https://www.jstage.jst.go.jp/article/shinzo/42/SUPPL.1/42_S1_30/_pdf
P.S...確かにブルガダでLP陽性の人の八割が有症候群であるということと、現在無症候群だけれどもLP陽性ブルガダの人の八割が有症候群になるのでは違うような気がしますが、このデータが数十年先も変わらないいつやってもLP強陽性の人の八割が有症候群という恒久性を維持するためには今無症候群のLP陽性の人達が八割が将来の有症候群層にならなければこのデータは維持できないと思うのですが・・・
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  CVSURGERY 返答済み 2 年 前.
質問拝読しました。本論文は、日本語ではもったいない程の内容と思いますが、retrospective studyであるところが一流誌にはacceptされなかったのでしょう。prospective randamizedではありませんので、質問者様のおっしゃるようにLPpositiveの80%が有症候群にならなければこのデータが維持できないという事にはなりません。まず将来と言う範囲が曖昧ですし、本論文でも、夫々の症例において過去何年のフォローアップで、何歳でと言う時間軸がありませんので、あくまで、「過去を振り返れば80%で認めたハイリスク群である」以上の何物も言えないと考えます。また、患者さんはVF誘発試験を行っていないのでIIa-bですね。我々でしたら、coved type, LP陽性、家族歴有、LP positiveでしたら、IC得られた場合にICD植え込みます。回答とは外れますが、今後はlong QT, ロマノワードなど、症候群がより詳細にphenotypeからgenotypeで解明されるでしょうから、genotypeでICD適応を決める時代が来ると予想します。不十分な点有るかと思いますが、ご参考になりましたでしょうか。循環器内科の先生でいらっしゃいますか。追加質問お答えできる範囲でいたしたいと思います。あくまで参考意見としていただければ幸いです。宜しくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

丁寧な回答ありがとうございます。私は循環器の専門医ではありません。今回はいち患者として質問させて頂きました。専門は違えど研究者としての職業柄、手に入り得る論文を読んで出来得る限りSyndrome de Brugadaの情報を入手して、そのうえで今後の検討に役立てたいと思っています。


この論文はリスク層別化の有意義な指標になるものかと思うのですが、現在の日本のガイドラインでも現在住んでいるフランスのガイドラインでもSAECGの有用性については体系だったものがありません。私の受診した医師もLP陽性がブルガダの肯定診断の一つの指標にはなるが、現在のガイドラインでは、LPの有無が無症候群のリスク評価になるとは言えないので、貴方の場合もLP陽性だから今後高確率で有症候群になる(つまり失神或いはVFが起きる)とは言えないと言われました。


「過去を振り返れば80%で認めたハイリスク群である」という記載はつまり「LP強陽性の人の80%は有症候群、つまり過去にハイリスクとなる失神、VF等がみられた」ということでよろしいですか?


であるならばこれは(この論文に恒久性があるならば)未来のある時点bでも同じことが言えるわけでして、その場合もある時点bにおいては「過去を振り返れば80%で認めたハイリスク群」つまり先ほどの言いかえが正しければ「LP強陽性の80%に有症候群、つまり過去にハイリスク群となる失神や心停止があった」ということになりますよね。これを成立させるには現在aから未来のある時点bまでのあいだに「無症候群ブルガダでLP強陽性」の人達の八割がハイリスク群になっていなくてはいけないことになりませんか?

専門家:  CVSURGERY 返答済み 2 年 前.
質問内容をよく理解いたしました。「過去を振り返れば80%で認めたハイリスク群である」という記載はつまり「LP強陽性の人の80%は有症候群、つまり過去にハイリスクとなる失神、心室細動等がみられた」ということで正しいと思います。
「ブルガダ型心電図を呈している人の40%程度が過去に意識消失発作や心室細動を経験していますが,60%はまったく自覚症状がなく、有症候者の30%はその後3年の間に同様の症候を経験し,無症候者の7%がその後3年の間に初めて心室細動を経験することになる」とも言われていますが、おっしゃるとおり、理論上、現在のaから、未来のbまでを何年と正確に定義しない曖昧なものとするならば、「LPpositiveの80%が有症候群となる」と言いかえられることになるような気がしますが、私はそれは誤りであると思います。なぜなら、有症候群のうち、何%が死亡するかが解っていないからです。突然死をきたす不整脈で、死亡してからでは何も検査できませんので、有症候の中に最も危険かつ重要な症候である「死亡」が含まれていないのですLP positiveに関しては、そこまで含んで考えるべきでしょう。考え方次第ですが、有症候のリスクが数%であっても、症候を呈した場合に多くが死亡するのであれば非常に危険な不整脈と理解すべきと思います。
心室細動で倒れてから除細動までの時間が1分遅れるごとに,除細動の成功率は7~10%減少します.12分以上経過してからの除細動の成功率は2~5%に過ぎません.ブルガダのVfが数分で戻り、有症候性として検査される状態に戻れる方が何%いるのかは不明です。ブルガダ先生の報告では、フォローアップ547例中45例(8.2%)で心事故が発生し、内、16例が突然死、29例が心室細動であったとありますので、相当な死亡率と感じます。解答になりましたでしょうか。私もフランスに長く住んでおりましたが、不整脈に関しては世界のリーダー国です。どうぞ担当先生と十分にお話しいただき、納得されたうえでICDの適応に関して決定して頂きたいと思います。どうぞお大事になさってください。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問