JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2813
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

83歳の老人です。前立腺癌で骨に転移してると診断され、カソデックス錠80㎎1日一錠とゴナックス注射を月一回の治療をし

質問者の質問

83歳の老人です。前立腺癌で骨に転移してると診断され、カソデックス錠80㎎1日一錠とゴナックス注射を月一回の治療をして一年になります。PSA測定値、1年前は468.08でしたが現在0.06位で推移してます。主治医からはこのままの治療を続けていく、他に方法がないと言われてます。
現在、持病と思いますが腰が少し痛いです。是から死期が近づくとどうなるのでしょうか,心の準備のために心居て置きたいと思います。なお他に、ニコランジス5㎎錠剤、チラージンS50㎎錠剤、プラバスタチンナトリウム10㎎錠剤を服用しております。
その外、足がだるく、重くて仕方有りません、是は病気のためでしょうか、薬のためでしょうか。
以上のことについてご教示ご指導のほど宜しくお願い申上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、申し上げられることは限られることをあらかじめご了承ください。

少し補足情報を下さい。

①がんに侵された方が「死期が近づくとどうなる」のかどうかは千差万別です。今回のご質問は腰痛に限定したご質問だと理解してよろしいでしょうか。

②「心の準備のために心居て置きたいと思います」――ごもっともだと思います。今回されたのと同じご質問を主治医にも既にされていると推察しますが、主治医はどのような見解でしょうか。

③骨転移が起きている箇所を教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】













質問者: 返答済み 3 年 前.

大変お早いご回答有難う御座います。
パソコンの具合が悪く伜に治して貰ってたのでお返事が遅れ申し訳ございませんでした。
当初に申しましたように83歳の老人です。私の育った時代は文部省が教科書を作らなかった、英語は敵国語で習わずに尋常小学校を卒業した。よって、未だにローマ字のbとdが判然としない、このパソコンも人差し指1字ずつ入力してます。従って横文字は苦手です、出来る限り日本語に訳した回答頂ければ有りがたいです。質問だけでも電話で出来ればなお有り難いです。
前置きが長くなり申し訳ございませんでしたが、ご解答に対する補足をさせて頂きます。

① 腰について指示医はがんと関係ないのではと言ってます。死期が近づく状態千差万別と申しても 幾つかのパターンが有るかと思います。大まかな幾つかの症例をお示し頂ければと存じます。

② むしろ主治医の方から告げられました。私は主治医に粒子線治療を尋ねたところ、貴方のは直らない放射線を浴びるだけと言われました。
 転移はCT画像を見せられ、骨の黒い所が転移癌と言われたが部位の名称は分かりません。

足がだるく重いと言ったので血圧脈波の検査をしました。CAVI結果は年齢相当とのことでした。

以上ご指示のこと補足致します。回答は急ぎません遅くとも結構です宜しくお願い申上げます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

③については、腰椎に転移は無さそうですので(「腰について指示医はがんと関係ないのではと言って」いるからです)、他の部位についてはわからなくとも大丈夫です。

①②について、当方の情報リクエストと、相談者様のご返信に噛み合わない箇所があるように思われます。

④相談者様は、「腰がこれからどうなるか」ではなく、一般論として、「がんに侵された人が死期が近づくと身体的・心理的にどうなるのか」という深遠な問題をご質問されているのだと理解してよろしいですか?

⑤「むしろ主治医の方から告げられました」というのはがんの告知をされたということでしょうか? 私がお聞きしたかったのは、今回、ここで相談者様がされているご質問(がんに侵された人が死期が近づくと身体的・心理的にどうなるのか)を、実際に相談者様を診察している主治医にお尋ねにならなかったでしょうか、ということだったのですが。
本来、主治医にお尋ねになられるべき事項だと思いますので。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。









質問者: 返答済み 3 年 前.

まだすぐ死ぬだろうとは考えてないが、主治医から貴方の病気は直らない、粒子線治療も放射線を浴びるだけだと言われてます、死期が近づくと体の状態にどの様な変化が現れどの様な経過をたどるのか、足がだるく重いのは薬のためか癌が進行してるからか、是は病気と全く関係ないのか第三者の先生の目で進行状態見て頂きたいのです。PSA測定値、1年前468.08現在0.06で今後どうなるどうすべきか、粒子線治療はどうか、骨の転移はどうなる等。セカンドオピニオンの意見を聞きたいと思いますが中々主治医に言い出せないです。平均年齢過ぎてるとも言われました、実際同年生れ3分の2以上死んでます。誕生日に孫から82歳も生きたのすごいと言われました。苦しまずに死ぬなら何時死んでもと思ってるが、お金で病気が治り命が長ら得るならもう少し生きたいとの未練もあるものですから。宜しくお願い申上げます。

医療 についての関連する質問