JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

微熱が1か月以上つずいています、

質問者の質問

ブスピロンを試してみてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

医学的な定義では、37℃~38℃になった状態を微熱、38℃以上だと言います。
相談者様の場合、38℃を超えることもあったようですから「微熱」とは言えないですね。

少し補足情報を下さい。

①このことで医療機関にかかられたことはありますか?

②持病や常用薬があれば教えて下さい。

③1ヶ月前に微熱に気づいたのは、何か自覚症状があったからでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】













質問者: 返答済み 3 年 前.

今回の、症状でまだ病院にかかっていません。6月12~13日頃からなんとなく、体がだるいと思っていました。最近は午後から体がつらくなってきました。

持病は、間接リウマチだけです。14年程前に、発症

薬は、メトトレキサート2g[3錠ー2錠)週1回  フォリアミン5mg 1錠 週1回

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、3週間を超えるような微熱が続く場合は、何らかの疾患が隠れている可能性を念頭に置いておかなければなりません。

一般的には、持続的な微熱をきたす原因疾患としては、慢性感染症、悪性腫瘍(脅かすわけではありませんが)、鉄欠乏性貧血、甲状腺機能亢進症、膠原病、慢性疲労症候群、精神科疾患による自律神経症状などが挙げられます。

関節リウマチは膠原病の一種ですから、まずこの件に関してはリウマチの主治医に相談されて、リウマチのコントロールが十分であるかどうかを確認されるべきでしょう。
並行して他の疾患の可能性についても検査を受けられるとよいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。







専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、3週間を超えるような微熱が続く場合は、何らかの疾患が隠れている可能性を念頭に置いておかなければなりません。

一般的には、持続的な微熱をきたす原因疾患としては、慢性感染症、悪性腫瘍(脅かすわけではありませんが)、鉄欠乏性貧血、甲状腺機能亢進症、膠原病、慢性疲労症候群、精神科疾患による自律神経症状などが挙げられます。

関節リウマチは膠原病の一種ですから、まずこの件に関してはリウマチの主治医に相談されて、リウマチのコントロールが十分であるかどうかを確認されるべきでしょう。
並行して他の疾患の可能性についても検査を受けられるとよいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。







専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、3週間を超えるような微熱が続く場合は、何らかの疾患が隠れている可能性を念頭に置いておかなければなりません。

一般的には、持続的な微熱をきたす原因疾患としては、慢性感染症、悪性腫瘍(脅かすわけではありませんが)、鉄欠乏性貧血、甲状腺機能亢進症、膠原病、慢性疲労症候群、精神科疾患による自律神経症状などが挙げられます。

関節リウマチは膠原病の一種ですから、まずこの件に関してはリウマチの主治医に相談されて、リウマチのコントロールが十分であるかどうかを確認されるべきでしょう。
並行して他の疾患の可能性についても検査を受けられるとよいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。







専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

まず、3週間を超えるような微熱が続く場合は、何らかの疾患が隠れている可能性を念頭に置いておかなければなりません。

一般的には、持続的な微熱をきたす原因疾患としては、慢性感染症、悪性腫瘍(脅かすわけではありませんが)、鉄欠乏性貧血、甲状腺機能亢進症、膠原病、慢性疲労症候群、精神科疾患による自律神経症状などが挙げられます。

関節リウマチは膠原病の一種ですから、まずこの件に関してはリウマチの主治医に相談されて、リウマチのコントロールが十分であるかどうかを確認されるべきでしょう。
並行して他の疾患の可能性についても検査を受けられるとよいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。







医療 についての関連する質問