JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

始めまして。最近暑いのですぐメイクが崩れるのが気になり化粧の上からすると崩れないという化粧崩れ防止スプレ

解決済みの質問:

始めまして。 最近暑いのですぐメイクが崩れるのが気になり化粧の上からすると崩れないと いう化粧崩れ防止スプレーを購入致しました。 一日目はなんとなくぴりぴり感があるものの、それをすると本当に夕方まで化粧が 崩れないので2日も続けて使いました。3日になると顔が痒くてニキビのようなものが 顎のあたりにいっぱいできてひりひりもしました。 慌てて近所の皮膚科に行ったところ化粧かぶれという事で飲み薬のフェキソフェナジンと 顔に塗るキンダベート軟膏0.05を頂きました。原因と思われるスプレーは それから2度と使ってません。 10日間使用しほとんど良くなったのでキンダベートはまだ半分以上残っておりましたが 使用は中止しました。ところが2日後にはまた同じ症状が出てきたので もう一度皮膚科に行くとまだ治りきっていないのでもう一度軟膏も飲み薬も続けるようにと 飲み薬1週間分と残りのキンダベートも使用を再開しました。 7日間使いほとんど落ち着いたので今度こそ平気かなと思い使用を中止すると また2日後に同じ症状が出てきたのです。 このまま、またキンダベートを再開して続けたほうが良いのでしょうか? ステロイドなのでとても気になります・・・ 元々季節の変わり目毎年4月~6月あたりは 肌が不安定でニキビができやすかったので 不安定なところに新しい物を使って肌がびっくりしてしまったのかなと とても後悔しております。

宜しくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

おはようございます。猫山と申します。

キンダベートはス強度においては中等度として分類されるステロイドです。
https://www.mimaki-family.com/special/steroidal/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

また、外用ステロイドはステロイドの内服に比べて遙かに副作用が少ないことが知られていますが、それでも2週間以上の連続使用は推奨できません。
相談者様の場合、中2日の休薬は挟んでいますが計17日間外用されていますから、これ以上使用すると、皮膚の菲薄化、発赤、局所免疫の低下という副作用が生じる可能性がございます。

化粧かぶれ=接触性皮膚炎ですから、できれば数日間はお化粧をせずに、フェキソフェナジンと保湿剤だけで経過を見られるべきであると考えます。
http://www.jsdacd.org/html/contact_dermatitis_guideline.pdf (1783ページ参照)

以上、ご参考になれば幸いです。









質問者: 返答済み 3 年 前.

早々のお返事ありがとうございます。

添付して頂きましたサイト拝見させて

頂きました。

キンダベートの使用は中止使用と思います。

中止するとまた再発するのは

かぶれ自体がまだ完治してないという事なのでしょうか?

今までこんなに肌が荒れた事が無いので

とても心配です。。。。

万が一化粧を控え飲み薬でもこのまま

良くならない場合は他にどんな治療がありますか?

お忙しい中大変申し訳ありません。。。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 中止するとまた再発するのはかぶれ自体がまだ完治してないという事なのでしょうか?
本来、接触性皮膚炎は原因物質を除去すれば短期間で治る病気です。
それが長期化している原因としては、接触性皮膚炎の慢性化が考えられます。
http://www.oki-hifuka.jp/original16.html#a02

慢性化した接触性皮膚炎はしばしば難治です。
前掲のガイドラインにも記載がありますが、免疫抑制剤や紫外線療法などを治療選択肢とし、試行錯誤を重ねることになるでしょう。



猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問