JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3月から検査で右中大脳動脈狭窄症が発覚しで投薬治療を受けいます。耳鳴りや頭なりについて脳神経クリニックの主治医から病

解決済みの質問:

3月から検査で右中大脳動脈狭窄症が発覚しで投薬治療を受けいます。耳鳴りや頭なりについて脳神経クリニックの主治医から病気と関係ないからきにしないように言われています。しかし最近寝ていると耳鳴り頭なりが酷く頭がドクンドクンして目が覚めたりして不安です。行きつけの内科の先生から自律神経の不調のようだと言われ不調時に飲むユーパン0.5を処方してもらいました。今のところそれで症状が和らぎます。病気発覚以来頭のちょっとした異変にも敏感になっています。
今後のことについてお尋ねしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

ご記載を拝読する限り、血管性耳鳴を呈されているようにも思われますが……
http://www.rin5azami.jp/mimi01.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】







質問者: 返答済み 3 年 前.

治療は?

質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
回答ではなく情報リクエストだったのですが。

このサイトでは患者様を直接診察できず、専門家は文字情報のやり取りによってしか回答の材料を得られません。
よって、情報リクエストを用いた補足情報の収集が多くの場合で必要となります。

現在移動中ですので、回答は数時間ほどお待ちいただければと存じます。

ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。





専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
お待たせしました。

以下、相談者様の耳鳴りが血管性耳鳴(血管性(拍動)耳鳴)であるという前提で回答させていただきます。

血管性耳鳴の原因には様々な原因がありえます。
http://www31.ocn.ne.jp/~solhns/hakudoiseijimei.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

しかし相談者様はすでに脳神経外科で検査を受けられていますから、血管性耳鳴の原因は、動脈硬化によって頚動脈の血流がスムーズでなっていることだと特定できます。

中大脳動脈狭窄症に対する薬物療法は、おそらく抗凝固薬や抗血小板薬(いわゆる「値をさらさらにする薬」)による梗塞の予防だと推察いたします。

血管性耳鳴の原因となっている血管内部の動脈硬化による不整を治す方法はありませんから、血管性耳鳴を根治する方法はありません。
しかし、ユーパンによって症状が和らぐことからもわかるように、対症療法や、悪循環をたつことは可能です。

近年では、長期間に渡って持続する耳鳴りは、耳ではなく、「脳が耳鳴りを覚えてしまう」ことによる慢性症状であるとする考えも提唱され、臨床でも受け入れられつつあります。
これが耳鳴りによる悪循環=頭鳴りです。
http://www.ueharaoto.com/trt.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

耳鳴りに関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます(1日平均1件以上)。
大多数が、「耳鼻科をあちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」というものです。それだけ、原因不明の耳鳴りは多くみられる症状であり、また、一般の耳鼻咽喉科では適切な診断・治療を行うことが難しいということでしょう。
耳鳴りとは、専門医による治療が必要な、きわめて難治の病態なのです。

全国的にも数は限られますが、耳鳴り外来を開設している医療機関がございますので、専門性の高い治療を受けられるために、そちらを受診されることをお勧めいたします(Googleなどで「耳鳴り外来+通院可能な地域名をキーワードに検索されると病院をみつけられると思います)。

【耳鳴り治療を行っている医療機関(例)】
http://www.takinoma.com/senmon.html

以上、ご参考になれば幸いです。

















専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
以下、相談者様の耳鳴りが血管性耳鳴(血管性(拍動)耳鳴)であるという前提で回答させていただきます。

血管性耳鳴の原因には様々な原因がありえます。
http://www31.ocn.ne.jp/~solhns/hakudoiseijimei.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

しかし相談者様はすでに脳神経外科で検査を受けられていますから、血管性耳鳴の原因は、動脈硬化によって頚動脈の血流がスムーズでなっていることだと特定できます。

中大脳動脈狭窄症に対する薬物療法は、おそらく抗凝固薬や抗血小板薬(いわゆる「値をさらさらにする薬」)による梗塞の予防だと推察いたします。

血管性耳鳴の原因となっている血管内部の動脈硬化による不整を治す方法はありませんから、血管性耳鳴を根治する方法はありません。
しかし、ユーパンによって症状が和らぐことからもわかるように、対症療法や、悪循環をたつことは可能です。

近年では、長期間に渡って持続する耳鳴りは、耳ではなく、「脳が耳鳴りを覚えてしまう」ことによる慢性症状であるとする考えも提唱され、臨床でも受け入れられつつあります。
これが耳鳴りによる悪循環=頭鳴りです。
http://www.ueharaoto.com/trt.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

耳鳴りに関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます(1日平均1件以上)。
大多数が、「耳鼻科をあちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」というものです。それだけ、原因不明の耳鳴りは多くみられる症状であり、また、一般の耳鼻咽喉科では適切な診断・治療を行うことが難しいということでしょう。
耳鳴りとは、専門医による治療が必要な、きわめて難治の病態なのです。

全 国的にも数は限られますが、耳鳴り外来を開設している医療機関がございますので、専門性の高い治療を受けられるために、そちらを受診されることをお勧めい たします(Googleなどで「耳鳴り外来+通院可能な地域名をキーワードに検索されると病院をみつけられると思います)。

【耳鳴り治療を行っている医療機関(例)】
http://www.takinoma.com/senmon.html

以上、ご参考になれば幸いです。















猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問