JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14295
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

70歳野主婦です。女性器について質問します。     外陰がかゆかったり ヒリヒリするので婦人科診察受けたところ

解決済みの質問:

70歳野主婦です。 女性器について質問します。     外陰がかゆかったり ヒリヒリするので婦人科診察受けたところ 溶連菌が検出され膣内に薬を注入したが1か月たって再検査したら再度検出されました。 かゆみ等は年齢的なものと言われ納得しましたが 菌が なくならないのが気になります。 菌が常在していると 周りの小さな子供などに感染しないのか心配です。 菌をなくすにはどうしたら良いのでしょうか

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

①「溶連菌が検出されるということがどうしてなのか」主治医にはお聞きになられていないのでしょうか。

②溶連菌が検出されたのは性器だけですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】









質問者: 返答済み 3 年 前.

医師に尋ねたら若い女性にもよくあることだといわれた。

婦人科受診したので 膣内だけでした。

質問者: 返答済み 3 年 前.

婦人科専門医野方はいらっしゃらないのでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

産婦人科で、溶連菌検査陽性の場合、原因菌はB群溶血性連鎖球菌という種類の溶連菌です。
特別珍しい細菌ではなく雑菌であって、健常者の便中に含まれます。
そのため位置的に近い膣内に紛れ込んで感染を起こします。

自覚症状はない健常女性の10%のおりもの中にこの溶連菌が検出されることが知られてます。
溶連菌が膣内感染していても特定の症状は起こしませんが、体力低下などで免疫力が低下すると細菌性膣炎を引き起こす原因になります。
相談者様は現在、その状態にあると考えられます。
相談者様のご年齢の患者様では加齢性の膣粘膜の萎縮・乾燥によって本来の自浄能力が低下しているために、抗生物質を用いた治療に対する反応が良好ではないのだと思われます。

ただ、膣内の溶連菌が他者に感染することは(性器への接触が無ければ)まずありませんので、周りの小さな子供などに感染を懸念される必要はありません。

以上、ご参考になれば幸いです。







質問者: 返答済み 3 年 前.

性器接触があれば相手方に感染するのですね?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ご理解の通りです。

溶連菌による細菌性膣炎で、他者への感染としてもっとも多い感染経路は、性行為感染と、出産時の母子感染です。





質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。 もう少し質問させてくださいませ。

菌 除去する対応はあるのでしょうか。

膣内に2度抗生薬注入しましたが除去されない状態です

年齢的ということは理解できますので 抗生薬注入続けた方がよいのでしょうか ほかに方法はございますか?  

他の身体たとえば喉とか付着してないか調べたほうがよいのでしょうか。

フェナゾール軟膏処方されています。それだけでよいのでしょうか

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

一般的には抗生物質の膣錠を1週間~10日程度膣内に毎日1個ずつ入れるだけでほぼ除菌できます膣錠だけで除菌がうまくいかない場合は、抗生物質の経口投与が行われます。
主治医と相談されてみてはと思います。フェナゾール軟膏だけでは改善は期待薄です。

> 他の身体たとえば喉とか付着してないか調べたほうがよいのでしょうか。
溶連菌の性器感染があるからといって他の身体部位に感染が起こりやすいということはありませんが、一応検査は受けられておいた方が安心だと思います。




猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。

状態等は理解できました。 医師に診察受けるということですね。

質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございました。

状態等は理解できました。 医師に診察受けるということですね。

医療 についての関連する質問