JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

足が痛くて痛くてたまりません。レントゲン撮ってもどこも悪いとこないと言われました。痛み止めボルタレン6錠飲んで、湿布

質問者の質問

足が痛くて痛くてたまりません。レントゲン撮ってもどこも悪いとこないと言われました。痛み止めボルタレン6錠飲んで、湿布貼りまくってやっとごまかしています。でも、飲み薬がきつ過ぎて胃があれて食欲全くありません。何とかペインクリニックで治療可能でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

ペインクリニックは、

①原因不明の痛み

②原因はわかっているがその原因を取り除けない痛み

の治療に有用な診療科です。

まず可能ならば痛みの原因をはっきりさせるべきでしょう。

レントゲンには骨しか映りませんから、レントゲン検査で何も捉えられなかったからといってそれは骨折や骨の変形が無いことがわかったことを意味するに過ぎません。
率直に申し上げて、レントゲン検査で原因がわかる痛みは少数派です。

検査を尽くした後でなければペインクリニックの治療対象とはなりません。

少し補足情報を下さい。

①受診されたのは、どれくらいの規模の、何科の医療機関だったのでしょうか。

②足の、痛い場所を具体的に教えてください。

③持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

























質問者: 返答済み 3 年 前.
はじめは、細い靴を無理に1週間ぐらいはいてて足首が痛かったぐらいなんです。それから靴をやめて、楽なものにかえたのですが大腿部からひざ下にかけて激痛がはしるようになりました。ちかくの整形外科にいきましたが、原因は分からず、神経がきた痛みだろうとのことでしたがらちがあかず、有名なスポーツ外科に行っています。そこでも原因が分からず神経からだろうとボルタレン湿布とボルタレン飲み薬を飲んでごまかしているのが現状です。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

既に専門性が高い整形外科医の診察を受けての「原因不明」ですから、相談者様の足の痛みは前述の「①原因不明の痛み」を満たすと思われます。

神経因性の疼痛であるならば、一般の鎮痛薬はあまり効果がありません。
リリカ、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部が帯状疱疹後神経痛の治療に用いられます。神経ブロック注射が行われることもあります。

こうした特殊な痛みの治療は、たしかに、麻酔科医がペインクリニックで行っていますので、受診されてみることをお勧めいたします。

以 下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられ る可能性が高いと考えます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。現在の主治医に紹介状を作成しても らって受診されて下さい。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】
http://www.pain.ne.jp/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

もう一つの治療選択肢としては、足外科の専門医を受診されて、根本原因の究明と根治治療を模索されることがありうるでしょう。
足は骨の数も多く、神経や筋も入り組んでいるので、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです。

【日本足の外科学会認定 専門医一覧】
http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。















専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【訂正】

「帯状疱疹後神経痛」⇒「神経因性疼痛」とお読み替え下さい。

職業柄「しんけいつう」で複数の病名をユーザー辞書登録しているために生じた変換ミスです。
失礼いたしました。



猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

既に専門性が高い整形外科医の診察を受けての「原因不明」ですから、相談者様の足の痛みは前述の「①原因不明の痛み」を満たすと思われます。

神経因性の疼痛であるならば、一般の鎮痛薬はあまり効果がありません。
リリカ、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部が神経因性疼痛の治療に用いられます。神経ブロック注射が行われることもあります。

こうした特殊な痛みの治療は、たしかに、麻酔科医がペインクリニックで行っていますので、受診されてみることをお勧めいたします。

以 下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられ る可能性が高いと考えます(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。現在の主治医に紹介状を作成しても らって受診されて下さい。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】
http://www.pain.ne.jp/
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

もう一つの治療選択肢としては、足外科の専門医を受診されて、根本原因の究明と根治治療を模索されることがありうるでしょう。
足は骨の数も多く、神経や筋も入り組んでいるので、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです。

【日本足の外科学会認定 専門医一覧】
http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。















医療 についての関連する質問