JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

8年前に頸椎の手術を行った現在90歳の女性です。全身ぬるぬる感、しびれ、全身の重たさ、だるさ、足の痙攣があります

解決済みの質問:

8年前に頸椎の手術を行った現在90歳の女性です。 全身ぬるぬる感、しびれ、全身の重たさ、だるさ、足の痙攣があります。 少量の食事でもの呑み込みが悪くむせて戻すときがあります。

痙攣が2時間くらい続き、夜中眠れず、疲れがある。

食欲はあるが食べれない。

頭はしっかりとしている。

病気の名称、検査方法、治療法などわかりましたら教えてください。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。
少し補足情報を下さい。
①頚椎の手術を行った理由(診断)を教えてください。
②手術前にあった症状を教えてください。
③現在の症状に関する主治医の見解を教えてください。
以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①②手が上がらなくなり、腰が抜けて歩けなくなったため病院へ行きました。

その後、頸椎狭窄症と診断されたため手術を行いました。

手術後、症状は劇的によくなりましたが、その代わりに手足のヌルヌル感、手足のしびれが発症しだしました。

③よくわからないが、全身硬化症ではないかと言われております。

原因がわからないため、どんな検査を受けたらよいでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

追加でいただいた情報も含めて多面的に検討いたしましたが、貴意に添う回答の案出にはいたりませんでした。
お役に立てず申し訳なく思います。
オプトアウト(回答辞退)いたしますので、他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
回答が出なかった
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
回答を試みてみます。
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
その症状はいつはじまりましたか。いつもありますか。段々と悪化してきていますか。多発性硬化症または全身性強皮症ではないかと誰に言われましたか。最近、脳,脊椎のMRIを取ったことがありますか。嚥下困難に関して消化器内科を受診し検査したことがありますか。皮膚が張ってテカテカしていますか。寒さにさらされると手足の指の色が青白くなりますか。
病気がありますか。
他に手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。
家系に似たような病気の方、他の病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

①身長:146cm(短くなっているかもしれません)

②体重:39kg(戻すことで食べれなくなり急激に減りました。2~3か月くらい前は53kgでした)

③ヌルヌル感は手術直後はなく、術後2~6か月位後から徐々に出て、ひどくなってきております。症状は常にあります。

④全身性強固症とは常に見てもらっている内科の主治医からで、体が固まっているのではないか?と言われました。

⑤MRIについては最近は撮っておりません。

⑥嚥下困難については消化器内科の受診はしておりません。

⑦皮膚は張ってテカテカしております。寒さにさらされた際の色は、外出は しないため寒さにあたっておりませんのでわかりません。

⑧ほかの病気は高血圧、コレステロール、頭痛

⑨ほかに手術は白内障の手術をしております。

⑩薬の服用は、高血圧の薬、コレステロールの薬、骨粗しょう症防止薬、末端まで血液がいく薬、頭痛薬、白内障の目薬

食後の食の戻しは市販のツムラの半夏厚朴湯を飲ませたところ、飲んだ時だけ劇的に戻すことがなくなっております。ただし、飲まないときは必ず戻しております。

⑪家系の病気についてはありません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
全身性強皮症の可能性が高いと思います。それはコラーゲンの過剰生産ために体組織に蓄積が起こる病気です。それは膠原病でその原因は良くわかっていません。皮膚の硬化、食道の硬化から嘔吐が起こります。公立の病院の膠原病内科を受診してみてください。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問