JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14189
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

52歳(男,18歳位に発病) 。昨年夏あたりから、多量の唾液、多発汗、平衡感覚が悪くなり、前傾歩行、動作は非常に緩慢。そのうち手の震えがみえ、DLAが不可能。11月あたりから尿失禁

解決済みの質問:

52歳(男,18歳位に発病) 。昨年夏あたりから、多量の唾液、多発汗、平衡感覚が悪くなり、前傾歩行、動作は非常に緩慢。そのうち手の震えがみえ、DLAが不可能。11月あたりから尿失禁が始まり12月入院となりました。12月に、癌その後脳梗塞を併発した母が死亡。彼の精神的ショックは大きいと思います。
入院後は、嚥下が悪いと言われお粥の食事となりました。3月に外泊した時は元気でしたが、この春緊張混迷で、食事が時折できず、点滴を始めました。その頃から歩行は出来ず、身体は硬直し、左足踵に床ずれが出来た。医師はECTを勧めましたが、私は賛成出来ずセカンドオピニオンをとり、彼は転院となりました。
6/19に転院となったのですが、6/26から発熱し軽い誤嚥性肺炎となり現在鼻からの経管栄養となりました。医師は人工呼吸器、胃瘻についての必要性を話され、私に意向を尋ねられました。
現在の薬は、リスパダール2mlを3回と抗生物質。もう少しリスパダールを続けて行くと言ってました。リスパダールは副作用が少ないと言われたのですが、そうなのでしょうか?
年齢が若いから、呼吸器、胃瘻の必要性を言われたのですが、他の治療法を持って嚥下の問題は解決出来ないのでしょうか? 弟は、動くことも話すことも出来ません。
治る見込みは無いのでしょうか?
とりとめのない質問ですいません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

弟さんは18歳位の時に何を発病されたのですか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】





質問者: 返答済み 2 年 前.
すいません、病名が落ちてました。
大学生時20歳の時に、精神分裂病と診断されましたが、症候は18歳位からあったと思います。副作用がでて、ECTしか無いと言われセカンドオピニオンにたどり着き、転院した次第です。
転院先のドクターは、誤嚥性肺炎を考慮して人工呼吸器、胃瘻を考えてとの話です。リスパダールを現在しようしているそうです。
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、機作弟さんの現在の状態は、

1. 薬剤性パーキンソニズム
http://rockymuku.sakura.ne.jp/sinnkeinaika/yakuzaiseipa-kinnsonizumu.pdf

2. 統合失調症の昏迷状態

3. 悪性症候群
http://www.mh-net.com/lecture/fukusayo/nms.html

といった可能性が考えられると思われます(もちろん、脳梗塞等が起きていないか、脳外科的な検査も行われるべきです)。

どれも治療方法はある病態で、改善が期待できます。
人工呼吸器、胃瘻までを使用する必要性は感じません。

適切な検査を行って現在の状態の原因を明らかにして、それに応じた治療を行うことで人工呼吸器、胃瘻は可否できる可能性が高いと考えます。

ただ、昏迷状態である場合、私もECTの施行を指示します。

以上、ご参考になれば幸いです。

















専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、機作弟さんの現在の状態は、

1. 薬剤性パーキンソニズム
http://rockymuku.sakura.ne.jp/sinnkeinaika/yakuzaiseipa-kinnsonizumu.pdf

2. 統合失調症の昏迷状態

3. 悪性症候群
http://www.mh-net.com/lecture/fukusayo/nms.html

といった可能性が考えられると思われます(もちろん、脳梗塞等が起きていないか、脳外科的な検査も行われるべきです)。

どれも治療方法はある病態で、改善が期待できます。
人工呼吸器、胃瘻までを使用する必要性は感じません。

適切な検査を行って現在の状態の原因を明らかにして、それに応じた治療を行うことで人工呼吸器、胃瘻は可否できる可能性が高いと考えます。

ただ、昏迷状態である場合、私もECTの施行を支持します。

以上、ご参考になれば幸いです。

















質問者: 返答済み 2 年 前.
血液検査の結果は、悪性症候群では無いと言われましたが、嚥下困難で経管栄養をしているが、そう長くは持たないので胃瘻をどうしますか?
4月から昏迷状態、6月下旬転院をさせたものの更に悪化したようです。興奮とか暴れるなどは、全く無ありません。
他の身体の異常はないが、薬が全く効かないそうです。このまま行くと胃瘻、褥瘡の心配があり一般病院に転院を勧められました。
どこを基準にECTにするのでしょうか? もう少しリスパダールにかけてみた方が良いのでしょうか? それともECTにすべきなのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前回の情報リクエストでも述べましたが、「昏迷状態である場合、私もECTの施行を支持します」。

世界的に統一されたガイドラインが存在する訳ではありませんが、弟さんは緊張病性昏迷(https://www.e-rapport.jp/law/fee/fee004/02.html)を呈しており、「食べることも飲むこともせず、生命を維持するための手段も拒否するため、生命が危険にさらされている場合」にあたりますので、ECTの好適応だと考えます。
http://www.nha-seishin.or.jp/?m=255
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

リスパダールを含む薬物療法が奏効する可能性自体はありますが、精神科のお薬は一般に即効性に欠けますので、お薬の効果を待つのであれば「胃瘻、褥瘡」は避けられないでしょう。
といって、昏迷状態を呈している(=非常に重症の)統合失調症の患者様を一般病院で受け入れてもらえるとは思われません。受け入れてもらったとしても精神科的な治療は進まないでしょう。

ECTを避けて転院をされたほどですから、この治療法に対して悪いイメージをお持ちなのかもしれませんが、現在では、ECTは慎重に適応を選んで行われる、安全性が高く、即効性という意味ではもっとも優れた治療法です。

ここまでいただいた情報からは、現在のご子息に対して行われるべき治療法として、ECTはほぼ唯一かつもっとも有望な治療だと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。











質問者: 返答済み 2 年 前.
説明不十分で申し訳ありません。彼は私の弟です。
母は昨年12月に亡くなり、親戚の人は私達に関わりたくないようです。
私は、12年位海外で生活しています。ここ2年間は頻繁に日本を往復していますが、とても疲れてきています。日本にいる友人が弟の状態を報告してくれ、今回の転院も多大な協力をしてくれますが、家族で無いからと病院はつれない応対です。
他病院に検査に行く、その他諸々、私が日本にいなくては不可能なのでしょうか? これからECTを受ける場合、受諾のサインを済ませて一度帰りたいのです。彼が一番大変なのは重々承知ですが、一年のうち半年近くを日本で生活するのは難しいです。日本で仕事はありません、無収入です。
日本での医療現場においては、家族無しでは出来ないと言われました。すべてにおいて手探り状態で、いたずらに時間が過ぎ私は日米を行ったり来たりしています。見捨てるわけではありません。私は直ぐには行けないが、治療を受ける為に何か良い方法はありませんか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前述しましたように、現在では、ECTは慎重に適応を選んで行われる、安全性に配慮して行われる治療法です。
全身麻酔を用いるために、扱いとしては「手術」になります。これを通常は隔日で8~10回反復します。
麻酔や、ECT手技そのものによる事故が起こる可能性も皆無ではありませんので、この間、連絡がとれて、何か事があった時にすぐに来ていただけるご家族の同意なしにはECTは行えません。

「他病院に検査に行く、その他諸々、私が日本にいなくては不可能」です。
そうした付き添い業務は、現在は日本の医療制度においてはご家族にしていただく他はないように定められています。

「家族で無いから」という扱いは、個人情報保護その他の観点から、どこの病院でも同じ対処になるでしょう。

判断能力が無いことを理由に弟さんに成年後見人を立てたとしても、後見人は医療行為に関しては介入は出来ないことになっています。
http://www.shiho-shoshi.or.jp/cms/wp-content/uploads/2014/03/201112_31.pdf

ECTに関して申し上げれば、1クール(8~10回)が終わるまでの3週間程度は、相談者様が日本におられる必要があるでしょう。

以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。
ご参考になれば幸いです。











猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14189
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問