JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr_GATOに今すぐ質問する

Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3970
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

肺腺癌で昨年12月に右上葉切除、同時にリンパ節切除をしました。 なお、手術前に数回のCT,脳のMRI,PET-CT

解決済みの質問:

肺腺癌で昨年12月に右上葉切除、同時にリンパ節切除をしました。
なお、手術前に数回のCT,脳のMRI,PET-CTを行ったが、画像上では転移はありません。
癌の大きさ23㎜、約8割がすりガラス状で2割が白いとのこと。術後UFTを服用している。リンパ節に転移なし。4月のCTでは、異常はありませんでした。
病気は、ⅠA期とのことでした。明日、フォローアップとして術後2回目のCT検査の結果を
聞きに行きます。再発・転移が心配です。再発・転移の可能性は、どの程度考えられるのでしょうか。あくまでも、経験的なご判断で良いので、よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
腺癌の術後UFTを服用している患者の5年間の生存率は89.5%、8年間の生存率は86.6%です。再発・転移の可能性はかなり少ないと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

小生の得た知識では、真っ白な陰影とすりガラス状では、評価が違うと思っていました。

代表的な野口分類A,B(2㎝以下)は、ほぼ100%完治すると言われています。アメリカの新しいUCCNガイドラインでは、3cm以下で全てすりガラス或は一部(充実部分5mm以下)は、100%完治とほぼ100%完治としています。先生は、真っ白な陰影の癌とすりガラス癌(一部充実部分あり)についての再発率は全く同じとお考えなのでしょうか。

お手数をお掛けして申し訳ありませんが、再度ご意見をお聞かせください。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
小生の質問内容は、呼吸器の医師でないと難しいと思います。
できれば、呼吸器の専門医を希望します。
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答の質.
質問の内容としては、
呼吸器にかなり詳しい医師でないと難しいと思います。
できれば呼吸器の専門医を希望します。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
代表的な野口分類A,B(2㎝以下)は、ほぼ100%完治すると言われています。アメリカの新しいUCCNガイドラインでは、3cm以下で全てすりガラス或は一部(充実部分5mm以下)は、100%完治とほぼ100%完治としています。
その資料を私に示してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

1.インターネット検索で「肺癌 野口分類」として検索すれば、必ず       様々な情報が見られると思います。

2.3cm以下で全てすりガラス或は一部(充実部分5mm以下)は、100%完治とほぼ100%完治としています。という情報は、「肺癌mia」で検索してみて下さい。

3.UCCNガイドラインについては、インターネットで「肺癌ガイドライン」として検索すれば必ず探しだせます。(肺腺癌の病理的分類)

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
2011 IASLC/ATS/ERS classification of adenocarcinomaによればあなたの場合は次の分類のいずれかにあたります。病理検査でその中に粘液(mucinous lesions)があった場合はその最初の分類、粘液(mucinous lesions)がなく浸潤(invasion)が認められた場合は2番目の分類になります。粘液、浸潤ともにCT上で白く見えます。lepidic growth patternはCT上でスリガラス様に見えます。癌の大きさ23 mm、約8割がすりガラス状で2割が白いとのことですからその粘液、または浸潤は4.6 mmとなり5 mm未満です。完全に手術で切除できた場合はその生存率は粘液であれば100%、浸潤であれば100%に近いといえます。担当医に病理検査で粘液、浸潤について尋ねてはどうかと思います。
Adenocarcinoma in situ (AIS) is a localized (≤3 cm) adenocarcinoma in which growth is restricted to tumor cells growing along alveolar structures (lepidic growth pattern) and lacks any component of invasion. Most AIS tumors are nonmucinous (picture 8). Mucinous lesions comprise a small subset of such tumors (picture 9). Observational studies indicate that AIS has a 100 percent cancer-specific survival if completely resected. AIS was previously categorized as bronchioloalveolar carcinoma in the 2004 WHO system.
Minimally invasive adenocarcinoma is a small, solitary adenocarcinoma (≤3 cm) with a predominantly lepidic growth pattern and less than or equal to 5 mm invasion. Most but not all of these lesions are nonmucinous (picture 10 and picture 11). The cancer-free survival in these patients should approach 100 percent with complete surgical resection, based upon observational studies.
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3970
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問