JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

空腹時血糖値が「121」あるので、どのように対処したらよいか、ご指導をお願いします。昨年は「98」でした。

解決済みの質問:

空腹時血糖値が「121」あるので、どのように対処したらよいか、ご指導をお願いします。昨年は「98」でした。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
こんにちは。猫山と申します。
空腹時血糖値は以下のように分類されます(既に説明を受けられているかもしれませんが)。
正常域:70~110mg/dl未満
境界域:110mg/dl以上126mg/dl未満
糖尿病域:126mg/dl以上
相談者様の採血結果、121は、境界域に入っていますが、これは「正常高値」と呼ばれる扱いを受ける値です。
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2008/006988.php
上記リンクに記載があるように、正常高値は「多様な集団」です。膵臓のインシュリン分泌能や体細胞のインシュリン反応性に全く問題が無い方がたまたまそれくらいまで血糖値が上がる場合もありますし、糖尿病リスクが高い潜在的な患者様も含まれている可能性があるのです。
また相談者様の場合はさらに、プレドニンの影響も考慮しなければならないかもしれません。
高血糖の原因によって、とるべき対応は異なります。
その原因を特定するための検査としてOGTTがあります。
OGTTとは、ブドウ糖負荷によって上昇した血糖値が、膵臓からのインシュリンの分泌、それに反応した体細胞のブドウ糖取り込みによって、どれだけ早く正常化するのかを見るための試験です。
血糖値が同じ121であっても、OGTTで早期に血糖値が下がるのであれば問題は深刻ではないと見做されますし、なかなか血糖値が下がらなければ将来的な糖尿病発症リスクが高いと判断されて、早期からの運動・食事療法、あるいは薬物療法への導入が図られます。
血糖値だけで治療方針や対処法を決めることは出来ません。
我流で対処するのではなく、
糖尿病専門医を受診されてOGTTを受けられた方が、方針はより明確になると思います。
以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

OGTTとは、サイダーのような物を飲み、2時間後に血糖値を測定する方法のことでしょうか?それならば、55歳歳から60歳まで、毎年人間ドックで行っていました。

「OGTT」と書かれても、医学の素人にはわかりませんので、簡単に説明をしていただければと思います。

ネフローゼで入院中にも、何度にもわたり、1日5回、指先に針を刺して血糖値を調べましたが、糖尿病の心配はないという、担当医の判断でした。今回の数値は「一過性」の高い数値とみなしてはまずいのでしょうか?これから、優酸素運動や食事に気を付けているだけでは、まずいでしょうか?

「OGTT」の検査は、どのような医療機関で受ければ良いかも、合わせてご教導ください。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

OGTTは仰るとおりの試験です。
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000466.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

「ネフローゼで入院中にも、何度にもわたり、1日5回、指先に針を刺して血糖値を調べましたが、糖尿病の心配はないという、担当医の判断で」あったのであれば、それに関しても「試行済み」の欄にご記載をいただけれいればと思いました。
プレドニンを使用するので、糖尿病が起こらないかどうか、主治医は慎重にモニタリグされていたのでしょう。

ただ、OGTTの結果は5年前のものですから、「今回の数値は「一過性」の高い数値とみなしてはまずいのでしょうか?」というご質問にこの場で安易にイエスともノーともお答えすることはできかねます。
診断あっての治療ですから、「優酸素運動や食事に気を付けているだけでは、まずい」のかどうかもわかりません。
糖尿病の診断基準を満たさなくとも、正常高値が続くだけでも、動脈硬化による将来的な新血管系疾患のリスクは上昇するのです。

プレドニンを長期服用されていますから、糖尿病発症のリスクは常にあるとお考えになられた方がよいでしょう。
糖尿病の専門医を受診されることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本糖尿病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本糖尿病会認定専門医検索】
http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/

以上、ご参考になれば幸いです。













質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧な回答、有難うございました。私としては、専門医に診てもらいに行くように、というアドバイスであれば、もとより、分かり切ったことだと思います。今年の3月6日に退院したのですが、その時まで、「血糖値」は全く問題になっていません。プレドニンも、昨年の7月で、服用は0となっています。今年の2月に再発したので、再度、プレドニンの服用をすることになり、40mgから、今は10mgに減らすことができています。

今回、たまたま、1回だけ、血糖値が120を超えた数値だったので、その原因と対策を知りたかったのです。専門医の検査を受けに行くのであれば、正直なところ、先生へのご相談は無用だったように思います。私としては、先生から、どのように、この数値を考え、対処すべきか、これからどのようなことを注意して生活してゆけば良いか、具体的なアドバイスを頂きたかったのですが、「専門に診てもらうように」ということでは、少々、期待外れです。できれば、生活上の注意など、お教え頂ければと思います。なお、入院中、ほとんどの患者は、糖尿腎症でしたので、糖尿病の恐ろしさは、かなり理解しているつもりです。病院で行っていた「糖尿病教室」にも、入院中はすべて参加しています。義兄が糖尿病で、車椅子生活となり、失明もしていますので、糖尿病の合併症なども、できる限り調べていました。今回、初めて、自分も糖尿病になるという虞を感じているところです。

現在、外来通院している病院が、ご紹介頂いた下記のURLに入っていましたので、担当医と相談してみようと思っています。

ところで、下記のURLで紹介されていた「一覧」に「千葉科学大学の神崎哲人」先生のお名前がありますが、たまたま、娘がその大学に在学しているのですが、先生は、千葉科学大では、治療はされていないそうです。講義だけだそうですが、大変面白い、素敵なお医者さんだそうです。知らずに、千葉科学大に検査を受けに行ったら、無駄足になりますね。

下記のサイトから、日本糖尿病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本糖尿病会認定専門医検索】
http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/



専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
インターネットは便利ですが、それで済む案件と、リアルの世界で動かなければ解決しない案件があるということだと思います。
専門医の問題についても、事前に病院に電話を一本入れれば済むことではないでしょうか。
こと診断と治療に関して、インターネット相談で文字情報だけで正解が得られるとは思われない方がいいですよ?
質問者: 返答済み 3 年 前.

私が今回ご相談したのは、血糖値がずっと高ければ、専門医に診てもらうことは,当然のことですが、私が知りたいのは「プレドニンの副作用の可能性」とか、空腹時の血糖値が、たまたま今回「121」だったので、どの程度、この数値に重きを置くか、というようなことです。日頃から毎度120を超えていれば、悩むことなく、診察を受けているでしょう。

先生は、確認は電話一本で済むと書かれていますが、医学の世界を知らない人間が「千葉科学大」には「大学病院」が無く、まして、診察などしていないことなど、普通は、分かりはしません。医者の常識は、患者には非常識なことも数多くあります。専門医の一覧を挙げるのであれば、それこそ、先生も「コピペ」で済んでしまいますよね。相談者の立場に立ち、お教え願えればと思います。

質問させて頂いたことについて、まだ、お答えいただけていないように思います。どう対処すべきか、お教え願えればと思います。宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

10時半まで、ご回答をお待ちしたのですが、そろそろ休む時間なので、これで、今回の質問は終わらせて頂きます。

インターネットは便利ですが、それで済む案件と、リアルの世界で動かなければ解決しない案件があるということだと思います

こと診断と治療に関して、インターネット相談で文字情報だけで正解が得られるとは思われない方がいいですよ?


 先生は、上記のように書かれています。そのような考え方もあるのでしょうが、それでは「有料の医療相談」の趣旨に背くのではないでしょうか?ご自分のお仕事を「自己否定」なさることにもなるように思います。「糖尿病の専門家」としての、具体的な対処法をお教え願いたかったのですが「専門医の診察を受けろ」というアドバイスだけでは、残念ながら、納得できません。

私の住んでいる市で、唯一、先生のお教え下さったURLにある「美浜香取病院」は、糖尿病の専門医はいらしても「人工透析」のみで、診療はやっていません。(役に立たないということです。)もっと、実際的に、役立つ知識を、相談者に与えるご努力を希望します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

私の住んでいる市で、唯一、先生のお教え下さったURLにある「美浜香取病院」は、糖尿病の専門医はいらしても「人工透析」のみで、診療はやっていません。(役に立たないということです。)もっと、実際的に、役立つ知識を、相談者に与えるご努力を希望します。

質問者: 返答済み 3 年 前.

私の住んでいる市で、唯一、先生のお教え下さったURLにある「美浜香取病院」は、糖尿病の専門医はいらしても「人工透析」のみで、診療はやっていません。(役に立たないということです。)もっと、実際的に、役立つ知識を、相談者に与えるご努力を希望します。

10時半まで、ご回答をお待ちしたのですが、そろそろ休む時間なので、これで、今回の質問は終わらせて頂きます。

インターネットは便利ですが、それで済む案件と、リアルの世界で動かなければ解決しない案件があるということだと思います。

こと診断と治療に関して、インターネット相談で文字情報だけで正解が得られるとは思われない方がいいですよ?

先生は、上記のように書かれています。そのような考え方もあるのでしょうが、それでは「有料の医療相談」の趣旨に背くのではないでしょうか?ご自分のお仕事を「自己否定」なさることにもなるように思います。「糖尿病の専門家」としての、具体的な対処法をお教え願いたかったのですが「専門医の診察を受けろ」というアドバイスだけでは、残念ながら、納得できません。

後から、先生のプロフィールを拝見しました。「糖尿病」がご専門では無かったのですね。失礼しました。専門の先生がお答えくださっていると、思い込んでおりました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
回答を試みてみます。
身長と体重を教えてください。
一日、どのくらい運動しますか。
タバコを吸いますか。
お酒をのみますか。
自分で定期的に血糖をはかっていますか。
他に病気がありますか。たとえば高血圧、高コレステロール血症など。
他に何か薬を飲んでいますか。
手術をしたことがありますか。
家系に糖尿病、他の病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

宜しくお願いします。

身長は、174,5cm、体重は、今朝は82,4㎏です。今は、普段より少し体重は多めで、80㎏前後が普段です。

運動は、30分弱の犬の散歩を朝夕の2回、TV体操、スーパーへの買い物など、近所へは、なるべく自転車を多用するよう、心がけています。家内が、働いているので、ふろ掃除、掃除機掛け、夕食つくりなど、なるべく、家事で体を動かすように、心がけています。60歳までは、ボウリングが趣味でしたが、今はやっていません。

喫煙は、22歳まで。就職と同時に辞めました。

飲酒は、週1回。今は、家で、ウィスキーを飲むだけで、外で飲むことはありません。法事などでは、お茶やノン・アルコールも飲み物で済ませています。

薬は、プレドニン5mg×2の10mg、降圧剤として、オルメティツク10ミりグラムの2種類だけ、服用しています。現在の血圧の平均値は、115、72くらいです。

腎臓病以外では、血圧が高めですが、他には、とくに病気はありません。頭部や腹部のCTスキャン、MRI,腹部内視鏡、胃カメラなどで、異常はないとのことです。

手経験は、一度もありません。60歳で退職後、腎臓病で、初めて入院しました。

親族に、糖尿病患者はいません。義兄が糖尿病で、失明し、車椅子生活ですが,血のつながりはありませんから。

このようなことで宜しでしょうか?宜しく、ご教導下さい。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
あなたのbody mass index(BMI)は27.1です。その正常値は18.5から24.5です。オーバーウエイトです。境界型ですから糖尿病に移行することを防止するためにライフスタイルをかえる必要があります。血圧はいいと思います。体重を減少することが必要です。とりあえずの目標の体重は74キロ未満でそれでBMIは24.3になります。急に体重を減らすことはリバウンドで元の体重に戻る可能性があります。1週間に0.5キロ減らすことを目標にしてください。一週間に少なくとも5回30分早歩きをしてください。犬の散歩では体重を減らすほど心拍数は上がりません。しかし、ジョッギングをする必要はありません。カラフルな野菜、果物をたくさん食べてください。白米の代わりに玄米のような全粒穀物を食べてください。乳製品は脂肪なしのものにしてください。揚げ物を食べないでください。ファーストフードは食べないでください。牛肉、豚肉、羊肉のような赤みの肉の代わりに鶏胸肉、七面鳥の胸肉のような脂肪の少ない白身の肉を食べてください。塩分の少ない脂肪のある魚を適度に食べてください。魚の脂肪は良い脂肪です。塩分の少ない少量のナッツを食べてください。良い脂肪が含まれています。お菓子を食べる代わりに果物を食べてください。精選された砂糖は使わないでください。できればお酒は飲まないでください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

丁寧なご回答、有難うございました。先生のお書きくださったご回答は「糖尿病食」の注意だと思います。私は、ネフローゼで入院しましたので「腎臓」に良い食事としては「減塩」は当然として、「低たんぱく高カロリー」の食事を勧められています。ですので、醤油や味噌はなるべく避け、マヨネーズやケチャップを多用しています。「糖尿病食」と「腎臓食」の、どちらに重点を置くべきなのでしょうか?

体重の増加は、プレドニンの副作用のせいもあります。どうしても、プレドニンを多く服用しているときは、過食気味になります。「異常食欲」という副作用だそうです。(現在も、ムーンフェイスで困っています。)一時は、眠れず、1か月ほど、「レンドルミン」や「マイスリー」を服用していましたが、プレドニンの量が減るにつれ、現在は、収まっています。体重が重すぎるのは、病院でも指摘されて、プレドニンを止められたときは、家での体重が78㎏でした。私としては、75~78㎏が、一番体が動きやすい体重と思っています。もちろん、今は減量に努めているので、飲酒も、週1回に減らしています。入院中は68㎏まで体重が減少したこともあります(3年前です)が、これでは、少々減らし過ぎと思いました。

今回の血糖値121は、プレドニンの副作用かと思うのですが、いかがでしょうか?入院中に、空腹時の血糖値が132になったこともありますが、プレドニンの量が減少したら、100以下に戻りました。ちなみに、何度もhbA1Cを測りましたが、5.2~5,4の間でした。

私としては、糖尿病には注意しながら、「腎臓食」を重視した食生活にしようと思っていますが,まずいでしょうか?運動は,有酸素運動をなるべくするよう、努めます。体重も、当面、78㎏まで減量しようと思っています。先生のご判断をお聞かせ下さい。宜しくお願い致します。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
ネフローゼ症候群にはいろいろ種類があります。正式な診断名がわかったら教えてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

微少変化型ネフローゼ症候群 とのことです。(糖尿病はないとのことでした。)

現在、尿たんぱくは、月1回の外来で、0.01~0.03で、今のままで、特に問題はないとのことで、プレドニンの量は、当初の、今年2月6日に再入院した時の40mgから、少しずつ減らしており、現在は10mgです。次の外来診察日は8月19日の予定です。(聖隷佐倉市民病院 担当医 田中 宏明先生です。)

3年前の発症時は、プレドニンを全廃するまで、2年3か月かかりました。今回は、3年前より、減らし方が、すこし早いように思います。宜しくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
できれば栄養士の指導のもとで過食にならないように食事のカロリーの調整を行ってください。プレドニンの副作用もありますがカロリーの調整と私の示した運動を行うことで体重を正常内にすれば血糖は正常にもどすことができると思います。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問