JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

息子の睡眠が12時間という長時間睡眠のため登校ができません。 実は小5の時、内科ではEBウィルスによる感染というこ

解決済みの質問:

息子の睡眠が12時間という長時間睡眠のため登校ができません。
実は小5の時、内科ではEBウィルスによる感染ということで慢性疲労症候群という見解でした。
また、他の病院では長時間睡眠ということで睡眠障がいではないかとの診断はいただきましたが
起きているときも天気が悪かったり月のリズムに連動するかのように体調不良が続きます。
更に、学校に相談すると、発達検査のため発達教育センター~精神科とういう流れで発達障がいということに。
正直、どれも専門の方々がそれぞれの見解で言われ結局何も解決しないのが現状です。
親の目からみて、どれも少しずつ関係していても、そのものズバリはなく、むしろ、本人の苦しみは
けだるさや朝起きることができないということが一番大きいのです。
起立性調節障がいというものがるとのことですが、何科で診断してもらうのですか?また、どんな治療なのですか?また、福岡市在住ですが、病院を教えていただきたいのです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
九州大学医学部付属病院の心療内科はどうかと思います。紹介状を書いてもらってください。
http://www.cephal.med.kyushu-u.ac.jp/page12.html
http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/shinryo/naika/11/index.html
その治療としては次のことがあげられます。
治療には、非薬物療法と薬物療法があります。
まず非薬物療法から開始します。規則正しい生活リズムの回復、塩分が1日10〜12gで、水分は少なくても1日1.5リットル摂取するようにします。
薬物療法では、昇圧剤のミドドリンなどを用います。また加圧式腹部バンドや圧迫ソックスなどの下半身圧迫装具は、無駄な血液貯留を防ぎ速やかな症状軽減に役立ちます。
起立性調節障害はさまざまな精神的ストレスで悪化することがあり、心のケアが有効なこともあります。
日本で最も有名な専門医は大阪医科大学小児科の田中英高医師です。
http://www.osaka-med.ac.jp/deps/ped/clinic/group/index.html
質問者: 返答済み 3 年 前.

やはり、起立性調節障害の可能性があるという事なのですね?

心療内科とは、精神科とは違うのですよね?

他に食事面での注意や生活面でのアドバイスもありましたら、お願いいたします

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
起立性調節障害の可能性が高いと思います。
心療内科と精神科は違います。心療内科は発症や経過に心理的因子が関与する身体疾患(心身症)を扱い、精神科は脳の機能不全や心理社会的な要因によって生じるこころの病気を扱います。
散歩程度の歩行を試みてください。体調不良でも昼間は身体を横にならないようにしてください。できたら軽い運動は毎日行ってください。
起立時には、いきなり立ち上がらずに、30秒程かけてゆっくり起立します。その場所にじっと立ち続けることは避けてください。また歩き始める時にも、頭位を前屈させれば、脳血流が低下しないので起立時の失神を予防できます。起立中には、足踏みをしたり、両足をクロスに交叉すると血圧低下が防げます。
早寝早起きなどの規則正しい生活リズムを心掛けるようにしますが、早起きは実際には困難ですので早朝は声をかける程度にしてください。
気温の暑い場所は避けてください。高温の場所では、末梢血管は動脈、静脈とも拡張し、また発汗によって脱水をおこし、血圧低下を来します。学校で体育の授業を見学させる時は、必ず保健室などの室内において、座って待機させてください。
下半身への血液貯留を防ぎ、血圧低下を防止する装具があります。弾性ストッキングやOD(起立性調節障害)バンドのような加圧式腹部バンドは、適切に利用すると効果があります。
ODの子どもは塩辛いものを好みませんが、循環血漿量を増やすため、やや多めの食塩摂取は効果があります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。

九大病院の心療内科に予約を入れてみます。

発達教育センターでの就学相談の際は発達障害の可能性ばかり指摘され、精神科へ誘導され、精神科では、起立性調節障害の可能性を訴えるも、お医者さんからは一笑され、むしろADHD対策のコンサータをすすめられ、不信感を抱きました。

精神科と心療内科が違うとの事、安心しました。食事や運動の事もありがとうございます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
どういたしまして。
回答の評価をお願いします。
良くなることを祈っています。

医療 についての関連する質問