JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今抱えている不安が突然別の不安に変わるのですが、こちらがコントロールして無理に他の不安に変えてしまうことができるでし

解決済みの質問:

今抱えている不安が突然別の不安に変わるのですが、こちらがコントロールして無理に他の不安に変えてしまうことができるでしょうか。「赤い色が怖い」のを、いきなりなくすことは不可能だと思うので、他の不安に変えることができたらと思います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山です。
ご指名ありがとうございます。

ただ、もう少し詳しくご質問内容を教えてください。

奥様に関するご質問ですか?
奥様は現在治療を受けられているのではなかったでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

お世話になります。


妻のことです。


入院中(治療中)ですが、主治医は慣れるしかないというのですが、赤色はどこにでもあり目に入るので、苦しそうです。可愛そうなのでもっと楽な不安に変換してあげたいです。また、主治医に合うには通常の外来へ診察券を出して順番を取るので数日待たなければなりません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

奥様の診断はうつ病+(全般性)不安障害であったかと記憶しております。

①主治医の治療方針

②主治医の予後に関する見立て

③奥様が現在受けられている治療内容

を教えていただけますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

妻は「不安障害、うつ状態」という病名です。入院して1週間になります。


 


①詳しい説明は聞いていないです。


②入院は1か月の予定。(延びそうです)


③抗うつ剤の点滴2週間+不安な時に1日3回まで安定剤。夜は眠剤。(眠剤を飲んでも眠れないことが半々)あとはベットで横になって辛そうな顔をしています。


 


先生の許可を得て、毎日面会に行っています。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
奥様は現在、薬物療法しか受けられていないのでしょうか?

改善後にはカウンセリングを含む心理療法が行われると説明されていますか?

奥様が入院されているのはどのような病院でしょう?
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい、薬物療法だけです。


 


妻は話を聞いてほしいと言う希望が強く、カウンセリングを頼んだのですが2か月待ちです。先生は、奥様にはカウンセリングは合わないので、私が話し相手になってあげてください。と言われて、毎日3時間くらい面会に言っています。2日に1日は死にたいと言われます。


 


病院は私の地元では一番良いと言われている民間の大病院です。先生も一番人気の先生ですごく良い方です。


 


妻がすごくわがままです。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「病院は私の地元では一番良いと言われている民間の大病院」「先生も一番人気の先生ですごく良い方」なのであれば、その治療方針に私が異を唱えるべきではないでしょう。

相談者様のご質問に端的にお答えするに留めようと思いますが、「こちらがコントロールして無理に他の不安に変えてしまうこと」はできません。
そのような技法は存在しません。
次から次へと不安の対象が変わっていくわけですので、不安のもとを断つような治療が必要になります。通常その目的にはSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)と呼ばれるタイプの抗うつ薬を用いた薬物療法と認知療法という精神療法が行われます。

「妻がすごくわがまま」なのは、相談者様が「毎日3時間くらい面会に」行かれて「話し相手に」なっているからでしょう。
不安が強い患者様の話を熱心に、制限なく聞くと、患者様はどんどん依存的になっていき、病状は悪くなります。
その意味で、評判の良い医師であるとのことですが、「奥様にはカウンセリングは合わないので、私が話し相手になってあげてください」と説明し、薬物療法しか行わないその医師を、私は素直に評価する気にはなれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問