JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5/初め 乾燥した固い畑をシャベルで突き立て、あるいはシャベルに飛び乗りなどして土起こしした。 翌日から左脇腹背

解決済みの質問:

5/初め
乾燥した固い畑をシャベルで突き立て、あるいはシャベルに飛び乗りなどして土起こしした。
翌日から左脇腹背中側(肋骨の下)が痛み出した。
筋肉痛と思い整形外科に通院したが、痛みが引かないので腎臓を疑い内科に受診、
5/19 総合病院・泌尿器科では腎臓結石(2-3mm)が見つかる。
結石排出?融解?の薬品を処方され、排出を待つがその気配なし。
6/10 泌尿器科 
状況変わらず状況変わらず
痛みはひかないばかりか、痛みの部位が背中側肋骨の下側左右および腹部側にも広がり、坐薬すら効かない状態

6/20 泌尿器科 
状況変わらず、内科受診を提案される

6/25 内科

6/28 CT検査

6/30 検査内容説明のみ 
 
7/01 泌尿器科
 状況変わらず、整形外科受診を提案される。経口鎮痛薬変更
 
CT検査頃から家では仰向けで寝た切り状態、仰向けでは痛みは落ち着いているが
トイレなどで起きるときは激痛となる。
病院で検査室を歩き回るのはかなり苦痛のため、車いすで移動している。
7/04
整形外科・MRI検査
11-12脊椎がつぶれて部分的にくっついているのを発見。
下肢に至る神経に近いというが、下肢の麻痺などはない。
過去の血液検査では白血球の数値はわずかに改善しているという。
7/09
整形外科・MRI検査予定

現在、両肋骨の下側に痛みが強く、ほぼ寝たきり状態。
処方の鎮痛剤、坐剤はあまり効果なし。
当初の整形外科で処方されたフェルビナス貼付薬を肋骨下から脇腹に
沿って張ってみたが、少しは効果があるようである。

痛みを軽減する方法は?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

整形外科でペインクリニックの受診は勧められませんでしたか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

7/09 MRI検査後何かあるのかも知れませんが、いままではペインクリニック


の話はありません。


最悪、4-6週間入院かも知れないとは言っていました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結局のところ、相談者様の左脇腹背中側(肋骨の下)の痛みは、泌尿器科的なものではなく、整形外科的な疾患によるものである気配が濃厚なのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

泌尿器科では脊椎炎であろうから整形外科へ、との事です。


整形のMRI所見では脊椎11-12部分に水が溜まっているような映像が


あると事。


これが、なにかの感染なのかどうか調べるようです。


 


フェルビナス貼付薬を痛みの場所(両肋骨下)に貼ってみたところ


少しは痛みは楽なようです。


11-12脊椎の部分はなにか当たれば痛いが、布団に寝ている分には


痛みはないようです。


 


市内の別の総合病院(上越中央病院)にペインクリニック科がありました。


現在は厚生連・上越病院、整形外科に受診中。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ペインクリニックは痛みのスペシャリストである麻酔科医によって運営される診療科です。
http://www.jspc.gr.jp/gakusei/gakusei_pain_01.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

痛みの原因がわかっている場合は、それを除去・治療することが根本的な治療になります。
しかし、

①痛みの原因が不明な場合

②原因がわかっていてもその除去が不可能な場合

については、ペインクリニックにおける除痛治療が痛みの軽減に効果をj発揮します。
フェルビナス貼付薬は鎮痛剤としては強いお薬ではありません。
「坐薬すら効かない」(おそらくボルタレン坐薬でしょうか)とのことですからより強力な除痛治療が必要だと考えます。

入院してしまうと、保険制度上、他院の受診は基本的にはできなくなってしまうますから、外来治療をしている今のうちに、現主治医(整形外科医)に依頼して紹介状を作成してもらい、ペインクリニックを受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

病院間の事情が分かり助かりました。


ありがとうございました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問