JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

LDLコレストロールについて 健康診断にてここ2-3年数値が170近くで推移してますが、近所の内科医が動脈硬化だか

質問者の質問

LDLコレストロールについて
健康診断にてここ2-3年数値が170近くで推移してますが、近所の内科医が動脈硬化だからと投薬を薦めます、人間ドッグの指標は医学界全体が反対している。薬の過剰投与の抑制のためだと、不安にさせます。そのほかの血糖値。血圧。肥満などはクリアーしてますが、LDLの数値だけで
高脂血症と治療予備軍に認定されております。どの数値が信頼性があるのでしょうか。73歳男
運動は日常的にやっております。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

Dr.morino :

DL

Dr.morino :

人間ドック学会の基準とは、別に、WHO の基準を元にした

Dr.morino :

高脂血症の診断基準があります。

Dr.morino :

これによると、

Dr.morino :

高脂血症は、4つのタイプに分類されます。

Dr.morino :

1:高コレステロール血症

Dr.morino :

総コレステロールが、220以上の場合、診断されます。

Dr.morino :

2:高LDL コレステロール血症

Dr.morino :

LDL コレステロールが、140以上の場合、診断されます。

Dr.morino :

3:低HDL コレステロール血症

Dr.morino :

HDL コレステロールが、40未満の場合、診断されます。

Dr.morino :

4:高TG血症

Dr.morino :

中性脂肪が150胃の場合、診断されます。

Dr.morino :

これら4つのタイプのうち、2のLDL コレステロールが、高いタイプは、動脈硬化の危険性が一番高く、治療の対象となります。

Dr.morino :

動脈硬化が引き起こす病気の予防という意味で

Dr.morino :

内科の先生は、運動や食事による対処は、すでに、相談者様の場合、行われていますので、それでも、高いLDL コレステロールを下げるため、投薬を勧めておられると思います。

Dr.morino :

以上、御質問に回答致しました。

Customer:

人間ドッグ学会の指標とWHOの指標に差があります、医学の進歩やデータの量で変化するものと思いますが人間ドッグ学会の指標で行けば全く投薬の必要がないと言えますが、実際のところは如何なものなのでしょうか?

Dr.morino :

確かに、人間ドック学会の基準では、正常範囲となります。

Dr.morino :

ただ、人間ドック学会の基準は、人間ドックを受けた方の中から健康な方を選び出し、基準値を設定したもので、予後は、加味されていません。

Dr.morino :

つまり、5年後に、病気を発症しているかは、まだ、調査中です。

Dr.morino :

相談者様の場合、この数年で、数値に変動がありますか?

Dr.morino :

LDL コレステロールが、毎年、増加傾向なら、運動や食事による効果は現れていないことになりますので、投薬が必要と思います。

Dr.morino :

逆に、ほとんど変化がない、もしくは、減少傾向なら、今の運動や食事による対処で、良いと思います。

Customer:

ここ数年のLDLの数値は平成23年172、24年175、25年167、26年170です。外国の指標等はどうなのでしょうか?医者は動脈硬化をほっとくと認知症の発症も早いと言ってます。投薬した場合の副作用などもお願いします。

Dr.morino :

アメリカの基準は、WHO の基準ですので、170は、異常値です。

Dr.morino :

LDL コレステロールを下げる薬の副作用は、薬にもよりますが、一般的によく使用されるもので言えば、肝機能障害です。

Dr.morino :

御質問への回答は、ここまでです。

Dr.morino :

追加の質問は、評価判定の後、新規投稿して下さい。

Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

なかなか自覚症状がないので、投薬の決断に踏み切れません。もう少し情報が欲しい気がします。


甘く見てはいけないという認識は持ちました。ありがとうございました。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
質問料金に見合う回答は致しましたけど、
もう少し情報が欲しいとの事ですので、
簡単に、追記します。

コレステロールには、LDL 、HDL 、VLDL の3種類があります。
この中で、LDL は、動脈硬化を引き起こす最も危険なコレステロールと言われています。

どの程度、危険かと言いますと、LDL コレステロールが、140以上の場合、
心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす確率は、正常値の方に比べ、3~4倍と言われています。

今は、自覚症状はないでしょうが、気づかないところで、
進行しているのが、動脈硬化です。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。良く理解できました。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。良く理解できました。

医療 についての関連する質問