JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

4年前に膀胱がんの手術を受けて、成功、医者に念のためと言われて放射線治療を受け体力も戻り散歩も健康時と同じくらいでき

解決済みの質問:

4年前に膀胱がんの手術を受けて、成功、医者に念のためと言われて放射線治療を受け体力も戻り散歩も健康時と同じくらいできて居た、其の後カテーテルで鼠蹊部から抗がん剤を2回注入、一回目はなんともなし2回目直後歩行困難、4年経ってもお尻から足先までだるくて歩きにくい、お尻から足先まで汗をかかない、下半身をいくらあたたためても同じますますだるくなる、解決方法はありますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①使用した抗がん剤の名前を教えて下さい。

②この件について主治医には相談されましたか?

③持病や常用薬があれば教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては、回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.
1の件は医者にたしかめるのでいまはわかりません
2の件については何度も質問しましたがだるさは取れないが歩ける距離はだんだん伸びる
3の件は糖尿病と不眠があります 薬はグリコラン250mg,ファモチジンD20mg,すーぐら50mg,ノルバスク2・5mg,Micardis40mg,アマリールOD,れんどるみんD0.25
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

④腰痛はおありではありませんか?

⑤「お尻から足先まで汗をかかない」とのことですが、脚の前面は汗をかくのに、後面(お尻側)は汗をかかないということですか?

⑥糖尿病のコントロール状況を教えて下さい。直近のHbA1cの値はどれくらいでしょうか? 今回ご相談の件を、糖尿病の主治医に相談されたことはありますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
腰痛は有りません、前も後ろも汗はかきません、HbA1cは7から9を行ったり来たりです。それとお風呂で長く下半身を温めると、お風呂屋さんから帰り道とても、下半身がだるくなります。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

運動障害(お尻から足先までだるくて歩きにくい)、発汗障害(お尻から足先まで汗をかかない)ともに、末梢神経障害によるものである可能性が高いと思われます。
http://www.nukada.or.jp/sub1-6.htm
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

その原因として、相談者様の場合、2つの可能性を考えなければならないと思います。

1つは糖尿病による末梢神経障害です。
「HbA1cは7から9を行ったり来たり」ということですから、糖尿病のコントロールは良好ではありません。糖尿病性末梢神経障害が起きても不思議ではない状態だと思います。

もう1つは抗がん剤による末梢神経障害です。
用いられた抗がん剤の名称は不明であるとのことですが、いくつかの抗がん剤はしばしば末梢神経障害を起こすことが知られています。
http://www.1ginzaclinic.com/neuropathy/CIPN.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

糖尿病性末梢神経障害であれば血糖値のコントロールが第一義的な対策ということになりますし、抗がん剤による末梢神経障害であればビタミンB12製剤などを服用しながら自然回復を待つことになります。

膀胱がん、糖尿病、両方の主治医に相談をされて原因を特定し、然るべき対策をとってもらえるよう相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問