JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

糖尿病、食道静脈瘤、本態性血小板増多症などの病気を抱える67歳の父が先日、脱腸の手術をしました。手術後4日目で抜糸を

解決済みの質問:

糖尿病、食道静脈瘤、本態性血小板増多症などの病気を抱える67歳の父が先日、脱腸の手術をしました。手術後4日目で抜糸をしたところ翌日に傷口が開いて出血し2日そのままで3日後に6針縫ったのですがその間本来飲むべき薬がずっと止まってたせいかその後2週間ほどで亡くなりました。
内科の先生には死因がはっきりわからないと言われたのですが私は抜糸が早すぎたせいで外科に長く居ることになりそのせいで抱えていた病気が一気に悪化したのではと考えています。
ミスはなかったのか回答をどうかよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

「死因がはっきりわからない」のであれば、「ミスはなかったのか」判断はできません。

お父様の死亡は異状死に当たると考えられます。
http://www.jslm.jp/public/guidelines.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

死因究明のための解剖は希望されなかったのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】









質問者: 返答済み 3 年 前.

解剖は可哀そうだということでしませんでした。

最後の様子をもう少し聞いてください。亡くなる前の日から血圧の上が60だいになり薬を投与すると少し上がるけどまた下がるといった状態になりました。肺とお腹には水が溜まってるとのことでした。そもそも脱腸の手術のための入院で危険度は0.1%だと聞いていたのです。亡くなったその日のお昼に先生から体が限界を迎えているかもしれないとの説明があったためその時はそうなのかなと思ったのですが疑問に思ったので質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「バチスタ」シリーズではありませんが、結果として、「解剖しないほうが可哀そう」なことにるケースが多いというのが私の持論です。
だから異状死が減らないのだと思います。

さておき、解剖をしていない前提でいくつか補足情報を下さい。

①術前、術後のお父様の糖尿病の状態を教えて下さい。空腹時血糖値、HbA1cは術前と術後、その後の「飲むべき薬がずっと止まってた」期間、それぞれどれだけだったのでしょうか?

②「飲むべき薬がずっと止まってた」とのことですが、その飲むべきお薬の名前と、それぞれの1日量を教えて下さい。

③お父様は手術を受けられた病院はどれくらいの規模の病院でしょうか?

④「亡くなる前の日から血圧の上が60だいになり薬を投与すると少し上がるけどまた下がるといった状態になりました。肺とお腹には水が溜まってるとのことでした」という情報には、率直申し上げてあまり価値がありません。死因に関わらず、死亡の直前は多くの方がそういった状態を呈します。最初の抜糸以降のお父様のご様子を教えて下さい。

⑤この回答をもとに、どのようなアクションを起こされるおつもりなのでしょうか? たとえば訴訟を考えられているのですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。















質問者: 返答済み 3 年 前.

空腹時血糖値術前143 術後135 HbA1c術前6.6術後7.4 薬が止まってた期間 23日間

ウルソ錠100㎎朝晩2錠 フロセミド錠10mg朝昼2錠 ケイキサレート散15g朝昼夜1日3回ジャヌビア錠50mg1錠 アマリール3mg1錠 アマリール1mg1錠 ワーファリン錠1mg3錠

フェロミア錠50mg朝晩2錠 ベイスンOD錠0.3㎎朝昼夕食直前3錠

ビオスリー配合錠 朝昼夕食後3錠 タケプロンOD錠15mg1錠アルダクトンA錠25mg1錠

ラシックス錠20mg1錠 バイアスピリン錠100㎎1錠

③人口10万人弱の市の市立総合病院

 ④5/16外科入院5/26ヘルニア手術5/29抜糸、翌日傷口から出血し痛がっていた。6/1開いてた傷口を6針縫った6/5内科の診察で胸水腹水がたまってるとのこと本人は傷口は痛く苦しそう6/11抜糸(2回目)外科にいる間酸素はしていなかった。

6/7ワーファリン錠3錠バイアスピリン錠1錠開始 6/15吐き気がして吐き気止めをもらう。

⑤今のところ訴訟などは考えていません。

返信が遅れてすみません。どうぞよろしくお願いします。

質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:その他
補足情報を返答した後の回答がありません
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
「ミスはなかったのか」どうかを、いただいた情報からのみで判断することは困難だと考えます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問