JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

子宮がん検診でクラス2だったのですが、念のため再検査しましょうということになり、その結果もクラス2「血性背景に核密度

解決済みの質問:

子宮がん検診でクラス2だったのですが、念のため再検査しましょうということになり、その結果もクラス2「血性背景に核密度高く、増生傾向のみられる体内膜腺細胞を集塊状にて認めます」で、「癌ではないのでようすをみましょう」ということでした。

これは大丈夫なのですか?

子宮筋腫があります。生理もまあ定期的にきます。出血量は多く、血の混じったピンクのおりものもときどきでます。ホルモン値FSH6.3 エストラジオール112.6でした。貧血のため鉄剤をのんでいます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】


こんにちは。猫山と申します。

細胞診でクラスIIであったために組織診が行われたのだと推察いたします。

組織診のクラスII(2)は、がんの可能性に関しては陰性で、「良性変化(炎症や生理的変化など)。がんの疑いはきわめてまれ」という意味です。
http://www.tkclinic.com/cancer/cancer02-6.html

「血性背景に核密度高く、増生傾向のみられる体内膜腺細胞を集塊状にて認めます」という組織診のコメントは子宮内膜症を反映したものであると思われます。

定期的に(半年~1年に1回)の検診は続けられるべきでしょうが、診察医の見解通り、「癌ではないのでようすをみましょう」というという方針で問題ないと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。すみませんが今一度質問と詳細を書きます。


 


いつも行っているクリニックで子宮がん検診(けい癌と体癌)をしたのです。


はじめの検査ではけい癌はNILM,


体癌は「炎症性背景に、内膜細胞に軽度核腫大、化生様変化、配列乱れた集塊、不整形集塊を認めます」クラス2で、念のため再検査しましょうということで、再検査(細胞診)したのです。


 


再検査の結果はクラス2「血性背景に核密度高く、増生傾向のみられる体内腺膜細胞を集塊状に認めます」でした。


 


それでかかりつけの先生は「癌ではないのでようすをみましょう」と言ったのです。


 


ところが、別病院の先生が「子宮内膜が厚く嫌な感じだ。癌の疑いがある。ちゃんと再検査したの?」と言って組織診と細胞診をしたのです。



かかりつけの先生の判断はおかしいのですか?


子宮筋腫でずっと診てもらっている先生です



すみません再度質問させてください。よろしくおねがいします。

医療 についての関連する質問