JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻のことで相談します。年齢:64歳、病状:すべり症。手術もすすめられましたが、とりあえずコルセットで様子を見ることに

解決済みの質問:

妻のことで相談します。年齢:64歳、病状:すべり症。手術もすすめられましたが、とりあえずコルセットで様子を見ることになりました。注意点として、「腹筋、背筋を弱くしないように」とのことですが、どうしたらよいのでしょうか。よろしくお願いします。
 また、テレビコマーシャル見たのですが「サークルツイスター」という商品名のものを使用するのはどうでしょうか。危険ですかね?「座るだけ、らくらく有酸素運動」という宣伝文句のものですが。
 以上です。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】


おはようございます。猫山と申します。

「腹筋、背筋を弱くしないように」と指導するのであれば、その方法も教導すべきですが……

コルセットをして、かつ「腹筋、背筋を弱くしないように」することは実際には難しいと思います。
この場合の腹筋というのは腹直筋だけではなく腹横筋のような深層筋も含まれます。
背筋も脊柱起立筋群の筋力を保たなければなりません。
これにはいわゆる体幹トレーニングが必要です。
http://www.re-studio.jp/core/core.html

ただ、腰に負担をかけられない状態なのでコルセットを装着されるわけですから、一般のジムでこうしたトレーニングの指導を受けたり、我流で筋力トレーニングを行うことにはすべり症の病状悪化の危険が伴います。

「サークルツイスター」という商品名のものもネットで拝見しましたが(http://item.rakuten.co.jp/mediaprice/3320900000001/?scid=af_pc_etc&sc2id=67889001)、これが有効か、また安全かは、医療機器ではありませんので何とも申し上げかねます。

コルセットでの保存療法を行い、かつ「腹筋、背筋を弱くしないように」するのであれば、病院のリハビリテーション科で、理学療法士の指導の下に理学療法として筋力維持ための運動が行われる必要があるでしょう。

「腹筋、背筋を弱くしない」ための具体的な方法について、もういちど主治医と具体的な方法について相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山司 様


 


詳しいご指導ありがとうございました。コルセットを着用してみて、今まで、自分の普段の姿勢にもんだいがあったことがわかったようでした。以前よりは穏やかに暮らしています。当分は、病院の先生と相談しながら、様子を見守りたいと思います。ありがとうございました。


 

医療 についての関連する質問