JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在耳鳴りが三か月間続いています、男性の更年期障害になると耳鳴りする人が増加していると 聞きました。どのくらい関連

解決済みの質問:

現在耳鳴りが三か月間続いています、男性の更年期障害になると耳鳴りする人が増加していると
聞きました。どのくらい関連性があるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.

身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。 男性の更年期障害というよりむしろ加齢のために聴力が低下し耳鳴りがおこります。 どのような耳鳴りですか。拍動性の耳鳴りですか。低音ですか、高音ですか。何かその症状を悪化させること、軽減することがありますか。両方の耳ですか。聴力の低下がありますか。めまいがありますか。大きな音に暴露されたことがありますか。耳鼻科の聴力の検査をしましたか。耳あかがたまっていますか。あごの関節の痛みがありますか。 何かきっかけのようなことに気づいていますか。病気がありますか。 手術をしたことがありますか。 市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。 家系に似たような症状の方、他の病気の方がいますか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

身長174cm 体重76kg 直近2か月間で4kg減です。

セミの鳴くような音で拍動性ではない高音です。

3ヵ月くらい仕事が忙しかったです。両耳ではなく左耳です。

頭の中心から鳴っている様な感じです。

聴力低下の自覚なし(耳鼻科の聴力検査では左耳4000Hzの聴力が少し落ちています)。大きな音は、掃除機の音や時々大きな声で話をする人がいるくらいです。

耳あかなし、あごの関節痛みなし。

きっかけは自分では仕事の疲れだと思います。

特に病気なし、手術は右肺、胸腔鏡手術(3年前)良性で異常なし。

サプリメントは多く飲んでいます。胃腸系の薬を飲んでいます。

実母が高齢になり難聴となりました。又、80才頃からセミが鳴いているとよく言っていました。

足や腰など体の一部を強くマッサージすると耳鳴りが強くなります。又、大きな音を聞くと必ず耳鳴りが大きくなります。

両耳を耳栓、ヘッドフォンでふさぐと耳鳴りは軽減します。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
加齢による聴力の低下からの耳鳴りのように思います。補聴器を付けるほどではないかもしれせんが、その耳鳴りを隠すために音をだす装置を耳に付けることができます。寝ているときには耳鳴りを隠す音を出す装置を枕元に置くこともできます。担当医と話をしてください。難聴が強くなるようなら補聴器が必要です。
質問者: 返答済み 3 年 前.

本日付で月極会員登録を解約します。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

耳鳴りに関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます(1日平均1件以上)。
大多数が、「耳鼻科をあちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」というものです。それだけ、原因不明の耳鳴りは多くみられる症状であり、また、一般の耳鼻咽喉科では適切な診断・治療を行うことが難しいということでしょう。
耳鳴りとは、専門医による治療が必要な、きわめて難治の病態なのです。

近年では、長期間に渡って持続する耳鳴りは、耳ではなく、「脳が耳鳴りを覚えてしまう」ことによる慢性症状であるとする考えも提唱され、臨床でも受け入れられつつあります。
http://www.ueharaoto.com/trt.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

全国的にも数は限られますが、耳鳴り外来を開設している医療機関がございますので、専門性の高い治療を受けられるために、そちら を受診されることをお勧めいたします(Googleなどで「耳鳴り外来+通院可能な地域名をキーワードに検索されると病院をみつけられると思います)。

【耳鳴り治療を行っている医療機関(例)】
http://www.takinoma.com/senmon.html

以上、ご参考になれば幸いです。











猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

耳鳴りに関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます(1日平均1件以上)。
大多数が、「耳鼻科をあちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」というものです。それだけ、原因不明の耳鳴りは多くみられる症状であり、また、一般の耳鼻咽喉科では適切な診断・治療を行うことが難しいということでしょう。
耳鳴りとは、専門医による治療が必要な、きわめて難治の病態なのです。

近年では、長期間に渡って持続する耳鳴りは、耳ではなく、「脳が耳鳴りを覚えてしまう」ことによる慢性症状であるとする考えも提唱され、臨床でも受け入れられつつあります。
http://www.ueharaoto.com/trt.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

全 国的にも数は限られますが、耳鳴り外来を開設している医療機関がございますので、専門性の高い治療を受けられるために、そちら を受診されることをお勧めいたします(Googleなどで「耳鳴り外来+通院可能な地域名をキーワードに検索されると病院をみつけられると思います)。

【耳鳴り治療を行っている医療機関(例)】
http://www.takinoma.com/senmon.html

以上、ご参考になれば幸いです。











医療 についての関連する質問