JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

先生に教えていただいた。New England journal of Medicine, Vol. 344, No.

解決済みの質問:

先生に教えていただいた。New England journal of Medicine, Vol. 344, No. 9, 665-671 の667頁だけの訳文を提出するよういわれました。前回の重要部分はすでにありますのでその前後の訳文をお願いします。お忙しいとこすみません。
results in clearance of the infectious material without sequelae. However, if these mechanical, humoral, or cellular mechanisms are impaired or if the amount of aspirated material is sufficiently large, pneumonia may follow.
Any condition that increases the volume or bacterial burden of oropharyngeal secretions in a person with impaired defense mechanisms may lead to aspiration pneumonia. Indeed, in patients who have had a stroke and are undergoing an evaluation of swallowing, there is a strong correlation between the volume of the aspirate and the development of pneumonia.39 Factors that increase the risk of oropharyngeal colonization with potentially pathogenic organisms and that increase the bacterial load may increase the risk of aspiration pneumonia. The risk of aspiration pneumonia is lower in patients without teeth40 and in elderly patients in institutional settings who receive aggressive oral care41 than in other patients. These risks largely distinguish aspiration pneumonia from community-acquired pneumonia. However, there is much overlap. For instance, otherwise healthy elderly patients with community-acquired pneumonia have a significantly higher incidence of silent aspiration than age-matched controls.42
In patients with aspiration pneumonia, unlike those with aspiration pneumonitis, the episode of aspiration is generally not witnessed. The diagnosis is therefore inferred when a patient at risk for aspiration has radiographic evidence of an infiltrate in a characteristic bronchopulmonary segment. In patients who aspirate while in a recumbent position, the most common sites of involvement are the posterior segments of the upper lobes and the apical segments of the lower lobes (Figure 1
FIGURE 1

Anteroposterior Radiograph of the Chest, Showing Air-Space Consolidation (Arrows) in the Right Lower Lobe in a Patient Who Had Recently Had a Thrombotic Stroke.
), whereas in patients who aspirate in an upright or semirecumbent position, the basal segments of the lower lobes are usually affected. The usual course is that of an acute pneumonic process, with features similar to those of a typical community-acquired pneumonia. Without treatment, however, these patients have a higher incidence of cavitation and abscess formation in the lungs.43
Risk Factors for Oropharyngeal Aspiration
Patients with neurologic dysphagia, disruption of the gastroesophageal junction, or anatomical abnormalities of the upper aerodigestive tract are at increased risk for oropharyngeal aspiration. The risk of aspiration is relatively high in elderly persons because of the increased incidence of dysphagia and gastroesophageal reflux in this population. In addition, elderly persons frequently receive poor oral care, resulting in oropharyngeal colonization by potential respiratory tract pathogens, including Enterobacteriaceae, Pseudomonas aeruginosa, and Staphylococcus aureus. 41,44,45
In patients with stroke, the prevalence of swallowing dysfunction ranges from 40 to 70 percent.8,9,46-48 Many of these patients have silent aspiration.49 Patients with dysphagia who aspirate are at an increased risk for pneumonia. Among patients who have had a stroke, pneumonia is seven times as likely to develop in those in whom aspiration can be confirmed than in those who do not aspirate.9,50
Assessing the Risk of Oropharyngeal Aspiration
Assessment of the cough and gag reflexes is an unreliable means of identifying patients at risk for aspiration. A comprehensive swallowing evaluation, supplemented by either a videofluoroscopic swallowing study or a fiberoptic endoscopic evaluation, is required. A speech–language pathologist can perform this evaluation at the bedside.51-53 In patients found to be at risk for aspiration, further behavioral, dietary, and medical management to reduce this risk can be initiated. In patients with swallowing dysfunction, a soft diet should be introduced, and the patient should be taught compensatory feeding strategies (e.g., reducing the bite size, keeping the chin tucked and the head turned while eating, and swallowing repeatedly). Tube feeding is usually recommended in patients who continue to aspirate pureed food despite these strategies.
Feeding Tubes and Aspiration Pneumonia
In 1995, more than 121,000 percutaneous endoscopic gastrostomy tubes were placed in Medicare recipients in the United States,54 most commonly because of dysphagia after a stroke.54,55 However, the use of a percutaneous endoscopic gastrostomy tube has not been shown to be superior to the use of a nasogastric tube for preventing aspiration in these patients.
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
重複しないように前回訳した場所をおしえてください。


質問者: 返答済み 3 年 前.

前回は訳して頂いたのはここの部分です。


 


In patients with aspiration pneumonia, unlike those with aspiration pneumonitis, the episode of aspiration is generally not witnessed. The diagnosis is therefore inferred when a patient at risk for aspiration has radiographic evidence of an infiltrate in a characteristic bronchopulmonary segment.

誤嚥性肺臓炎の患者とは異なり、誤嚥性肺炎患者においてはその誤嚥のエピソード(事故)は普通目撃されない。従って、誤嚥の危険のある患者にX線撮影で特徴的気管支肺区域に浸潤が認められた場合にその診断が推測される。

In patients who aspirate while in a recumbent position, the most common sites of involvement are the posterior segments of the upper lobes and the apical segments of the lower lobes whereas in patients who aspirate in an upright or semirecumbent position, the basal segments of the lower lobes are usually affected.

臥位の状態で誤嚥した患者において、病変の最好発部位は肺の上葉の後区と下葉の尖区であり、一方、直立または半横臥位の状態の患者では下葉の底区が通常、影響を受ける。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
後遺症なしで感染物質の排除の結果となる。しかしながら、もし、これらの機械的、体液性、または細胞性の機構が障害されるか、または誤嚥した物質の量がかなり多量である場合は肺炎が起こるかもしれない。
防御機構に障害のある人には口腔咽頭分泌液の増量させる、または細菌の負荷を増加させる如何なる状態も誤嚥性肺炎を導くかもしれない。事実、脳梗塞を起こし、嚥下の評価を受けている患者において誤嚥の量と肺炎の発生との間に強い相関関係がある(39)。病気を起こす可能性のある生物による口腔咽頭内常在の危険を増加させ、細菌の負荷を増加させる因子は誤嚥性肺炎の危険を増加させるかもしれない。 誤嚥性肺炎の危険は他の患者に比べて歯のない患者(40)と施設で積極的に口腔内治療を受けている高齢の患者(41)に低い。これらの危険性は地域で獲得した肺炎から誤嚥性肺炎を大幅に区別する。しかしながら、かなりの重複がある。例えば、地域で獲得した肺炎を持つ以外に健康な高齢の患者では同じ年齢の健康な高齢者より不顕性誤嚥の有意に高い発症率がある(42)。
図1
この胸の前後のレントゲン写真は最近、血栓性脳梗塞を起こした患者の右下肺野の空気空間が液体で満たされている(矢印)ことを示している。

その通常の経過は典型的な地域で獲得した肺炎に似たような特徴をもった急性肺炎の過程と同様である。しかしながら、治療なしでこれらの患者は肺に空洞と膿瘍の形成の高い発症率がある(43)。

口腔咽頭誤嚥の危険因子
神経的嚥下障害、胃食道結合部の阻害、または上気道消化管の解剖的異常は口腔咽頭誤嚥の危険が増加する。誤嚥の危険は高齢者では嚥下障害や胃食道逆流の発症が増えるために比較的高い。加えて、高齢者はしばしば口腔の管理が良くないために腸内細菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌を含む潜在的な呼吸器病原体の口腔内常在の結果となる(41,44,45)。
脳梗塞を持った患者のおいて嚥下機能不全の有病率は40%から70%である(8,9,46-48)。これらの患者の多くは不顕性誤嚥を持っている(49)。誤嚥をする嚥下障害を持った患者は肺炎を起こす危険性が増加する。脳梗塞を持ったことのある患者のうち誤嚥をしない患者に比べて誤嚥を確認することができる患者に肺炎が発症する可能性は7倍高くなる(9,50)。

口腔咽頭誤嚥の危険性の評価
咳、咽頭反射の評価は誤嚥の危険性を持った患者を同定する手段として信頼できない。ビデオ透視下嚥下検査、またはファイバー光源内視鏡評価で補足された広範な嚥下の評価が必要となる。言語聴覚士はベッドサイドでこの評価をすることができる(51-53)。誤嚥の危険があると認められた患者ではこの危険を軽減するためにさらに行動、食事、および医学的管理が開始することができる。嚥下障害を持った患者では柔らかい食事が開始すべきでその患者は例えば一口サイズの減少、食べている間あごを引き締めて首をまわすこと、繰り返し飲み込むような代償的摂食の方法を教えられるべきである。チューブでの栄養はそれらの方法にもかかわらず液体状にした食べ物を誤嚥し続ける患者に普通勧められる。

栄養チューブと誤嚥性肺炎
1995年に121,000以上の経皮的内視鏡胃瘻造設チューブが最も一般的に脳梗塞後の嚥下困難のために米国のメディケア受給者に置かれた(54、55)。しかしながら、経皮的内視鏡胃瘻造設チューブの使用はこれらの患者で誤嚥を防止するための鼻腔栄養チューブの使用より優れていることが示されていない。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速お返事、感謝いたします。先生のお名前は後藤先生でよろしいでしょうか?フルネームや現留学先とかはこの欄では教えて頂けないのしょうか?翻訳いただいた医学博士として提出したいのですが?


いかがでしょうか。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
萩原和紀です。山梨大学医学部付属病院産婦人科に籍があります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問