JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14369
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

両足がジンジンしますが痛みはありません。約1か月前からです。整形外科にゆきレントゲン写真をとりましたが腰には異常がな

質問者の質問

両足がジンジンしますが痛みはありません。約1か月前からです。整形外科にゆきレントゲン写真をとりましたが腰には異常がないです。昨年10月に脳ドックを受け脳のほうも今のところ大丈夫ですと言われてます。コレストロールが少し高いので薬を飲んでいます。
薬名:プラパスタチンナトリウム錠「陽進」5mg

よろしくお願いします
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

じんじんする場所をもう少し詳しく教えていただけますか?
両足首よりも先ということでしょうか。

足に冷感はありませんか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

足首から膝下です。もともと冷え性ぎみで足は冷たいです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

①長時間歩くと足の痺れが強まるようなことはありませんか?

②相談者様のご年齢を教えて下さい。

③プラバスタチンが処方されているということは高脂血症がおありなのでしょうか? 他にも持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

①長時間歩くと足の痺れが強まるようなことはありませんか?

②相談者様のご年齢を教えて下さい。

③プラバスタチンが処方されているということは高脂血症がおありなのでしょうか? 他にも持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

長時間を歩くのは何の問題も有りません。


年齢は71歳。


コレステロール値が高いと言われて医師から処方されてます。


特に持病はありませんし、他の薬は服用しておりません。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

下肢の感覚異常が認められた場合、神経性の病態と血管性の病態の両方を考える必要がございます。

相談者様の場合、整形外科で異常が認められていないことから、神経性の病態は伊釘的です(両側性の神経性感覚障害は、主に脊椎のトラブルによって起こります)。

一方で相談者様は高コレステロール血症の持病がおありであり(動脈硬化の危険因子です)、両足に冷感も覚えられています。
これらは血管性の病変を示唆する状況証拠であると言えます。
間歇的跛行は無いとのことですので、もっとも一般的な閉塞性動脈硬化症(ASO)であっった場合、重症度はまだ1度ということになります。
http://www5.synapse.ne.jp/nishi-naika/topics/artery_f.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

心臓血管外科(循環器外科)を受診されて診療を受けられることをお勧め致します。
ASOがあったとしても、現時点ならば血管拡張剤等の薬物療法で改善が認められると思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

下肢の感覚異常が認められた場合、神経性の病態と血管性の病態の両方を考える必要がございます。

相談者様の場合、整形外科で異常が認められていないことから、神経性の病態は伊釘的です(両側性の神経性感覚障害は、主に脊椎のトラブルによって起こります)。

一方で相談者様は高コレステロール血症の持病がおありであり(動脈硬化の危険因子です)、両足に冷感も覚えられています。
これらは血管性の病変を示唆する状況証拠であると言えます。
間歇的跛行は無いとのことですので、もっとも一般的な閉塞性動脈硬化症(ASO)であっった場合、重症度はまだ1度ということになります。
http://www5.synapse.ne.jp/nishi-naika/topics/artery_f.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

心臓血管外科(循環器外科)を受診されて診療を受けられることをお勧め致します。
ASOがあったとしても、現時点ならば血管拡張剤等の薬物療法で改善が認められると思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問