JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の知人ですが現在、糖尿病にかかっています。(もう何年も) 運動は週に2回くらいゴルフをしています。 夜、寝つき

解決済みの質問:

私の知人ですが現在、糖尿病にかかっています。(もう何年も)
運動は週に2回くらいゴルフをしています。
夜、寝つきが悪いため睡眠薬とビールを飲んでねています。
医者には寝れないよりはいいと言われていますが、大丈夫でしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

睡眠薬とアルコールは併用が禁忌とされていますから大丈夫ではありません。

これで回答になっているでしょうか?

不十分ならば、今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えて下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.
これん続けていたら一体どうなる可能性があるのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
これん続けていたら一体どうなる可能性があるのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
端的に申し上げると、睡眠薬+アルコールの併用を続けることで、

1. 薬物依存症、アルコール依存症に至る危険性が高まる。

2. 副作用の増強により、健忘、転倒が起こり事故につながるリスクが高まる。

……ことが考えられます。

少し補足情報を下さい。

①既にどれくらい続けているかお分かりですか?

②睡眠薬の名前はお分かりになるでしょうか?

③そのご知人のご年齢を教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 3 年 前.
もうかれこれ10年近くです。
歳は46歳です。
睡眠薬はハルシオンです。
糖尿病も10年以上です。
ビールは普通に毎日飲みます。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
糖尿病のコントロールは良好なのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
本日はもう休ませていただきますので回答は夜明け以降になります。よろしくご了承下さい。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
情報リクエストへのご返信を賜れますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
良くもなく悪くもなくだそうです。




専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

それでは糖尿病は脇においておいて、アルコールと睡眠薬の併用の問題点について説明します。

まず睡眠薬ですが、ハルシオンを含む大半の睡眠薬は化学的にはベンゾジアゼピン化合物に属します。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ハルシオンは、その中でも特に依存性が高い睡眠薬です。
http://zusu.net/mentalhealth/halcion/

ベンゾジアゼピンとアルコールには交差耐性という関係があり、単純に申し上げれば、一緒に服用・飲用すればするほど量が増えていくリスクが増します。
恐らく、ご知人は、長期服用によって耐性が生じてしまったためにハルシオンだけでは眠れなくなってしまい、お酒と併用、さらに効きが悪くなって飲酒量が増える、という悪循環に陥っているのかもしれません。
薬物依存、アルコール依存両方の発症リスクが上昇します。

万が一にも「トリップ」に近い効果を期待して併用しているのであれば最悪の事態にもなりかねません。
http://up-overdose.org/sub/b.html

そうでなくとも、ベンゾジアゼピンとアルコールの併用の害は広く知られるところです。
http://igot-it.com/sake-suiminyaku-1344.html
http://www.fuminnsyou.com/kusuri-tyuui/alcohol/
http://allabout.co.jp/gm/gc/302289/

恐らくご知人の主治医も薬に対する知識が十分に無いのだと推察します。

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

ご知人にはハルシオン+飲酒を絶対に止めていただく必要があります。
ただし依存が生じてしまっているでしょうからただ止めればよいというものではありません。

睡眠薬の取り扱いを熟知した精神科医を受診することを勧められるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

それでは糖尿病は脇においておいて、アルコールと睡眠薬の併用の問題点について説明します。

まず睡眠薬ですが、ハルシオンを含む大半の睡眠薬は化学的にはベンゾジアゼピン化合物に属します。
ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ハルシオンは、その中でも特に依存性が高い睡眠薬です。
http://zusu.net/mentalhealth/halcion/

ベンゾジアゼピンとアルコールには交差耐性という関係があり、単純に申し上げれば、一緒に服用・飲用すればするほど量が増えていくリスクが増します。
恐らく、ご知人は、長期服用によって耐性が生じてしまったためにハルシオンだけでは眠れなくなってしまい、お酒と併用、さらに効きが悪くなって飲酒量が増える、という悪循環に陥っているのかもしれません。
薬物依存、アルコール依存両方の発症リスクが上昇します。

万が一にも「トリップ」に近い効果を期待して併用しているのであれば最悪の事態にもなりかねません。
http://up-overdose.org/sub/b.html

そうでなくとも、ベンゾジアゼピンとアルコールの併用の害は広く知られるところです。
http://igot-it.com/sake-suiminyaku-1344.html
http://www.fuminnsyou.com/kusuri-tyuui/alcohol/
http://allabout.co.jp/gm/gc/302289/

恐らくご知人の主治医も薬に対する知識が十分に無いのだと推察します。

【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

ご知人にはハルシオン+飲酒を絶対に止めていただく必要があります。
ただし依存が生じてしまっているでしょうからただ止めればよいというものではありません。

睡眠薬の取り扱いを熟知した精神科医を受診することを勧められるべきでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.
糖尿病で、この状態を続けているとどうなるのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
糖尿病であるからといって薬物依存・アルコール依存症になりやすい・なりにくいというわけではありません。
その意味では、健常者が睡眠薬+アルコールの併用をした場合とリスクは同じです。

しかし、先にこのご知人の糖尿病の重症度をお聞きしたのは、血糖値のコントロールが悪い方は動脈硬化が起こりやすく、いわゆる「隠れ脳梗塞」が起こりやすい傾向があるからです。
http://tounyoubyou1.com/symptom/smallinfarct/

隠れ脳梗塞が多い方では脳の予備能力が低くなりますから、睡眠薬やアルコールなど、脳に作用する物質の影響は受けやすくなります。
よって、糖尿病のコントロールは「良くもなく悪くもなく」であるご知人のリスクは、やはり高いと考えるべきだと思われます。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問