JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右足が座ってから立つときになると痛みます。少し歩いているとまったく普通なのですが、右足がすこし不自由なのですが、いま

解決済みの質問:

右足が座ってから立つときになると痛みます。少し歩いているとまったく普通なのですが、右足がすこし不自由なのですが、いままでレントゲンなどでは、異常はないといわれています。今年、64歳なので、年のせいかとも思われますが、考えられる治療法を教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に診察や検査が行えないインターネット相談では、診断行為を行うことは出来ません。
診断がわからなければ治療方法もわかりませんから、ここでは可能性を挙げられるに留まることは予めご了承ください。

ご記載を拝読する限りでは、腰椎にトラブルがある可能性を考えます。
腰椎には、座位においては立位の1.5倍の圧力がかかるからです。
このため、座っているときに、脊髄から腰椎の間を通って下肢に伸びる神経が圧迫を受けて、立ち上がったときに痛みが生じる可能性を考えます。

少し補足情報を下さい。

①右足のどこが痛いですか? 太ももの裏、ふくらはぎ、足の裏は痛くならないでしょうか。

②持病や常用薬があれば教えてください。

③右足に冷感はありませんか?

④腰痛はありませんか?

⑤レントゲンでは異常無しであったとのことですが、どの部位のレントゲン撮影をされたのでしょう。

⑥受診されたのはどれくらいの規模の整形外科医療機関ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては、回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

1 太ももの裏側、ふくらはき部分に痛みが走ります。どこか特定な部分が痛いのでなく、その辺の全体からくるような痛みです。なお、正座したり、胡坐したりするときも、違和感を感じます。


 


2 とくに持病はありません。昔、椎間板ヘルニアの症状があるといわれ、その痛みがありましたが、ヨガなどの運動を継続した結果、何年も腰痛がでたことはありません。


 


3 右足に冷感はありません。


 


4 右ひざを中心にした部分です。


 


民間の漢方医での治療ぐらいで、正式に整形外科で見てもらったことはありません。このような症状の場合、整形外科にゆくのが一番いいのでしょうか。 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

整形外科、それも脊椎の専門医を受診されることをお勧め致します。

相談者様が呈されているのは典型的な坐骨神経痛であるように思われます。

「どこか特定な部分が痛いのでなく、その辺の全体からくるような痛み」であるのは、脚そのものに問題があるからではなく、脚の感覚を司る神経のトラブルによる痛みだからです。

坐骨神経痛は病名ではなく症状名で、坐骨神経が背骨を出るところから足を下り始めるところまでのどこかで圧迫されると臀部や、太腿の裏側、下肢の裏面・足の裏のだるさやしびれ、痛みなどが現れます。
http://www.oleg-oasis.com/zakotutuu/ZAK1.JPG
↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

坐骨神経は4番目と5番目の腰椎の間から出て足の後面を下降する太い神経です。
http://www.ou-hari.com/jpg/a-zakotu.jpg

坐骨神経の最も多い原因は腰椎のヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症といった疾患です。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
http://www.jssr.gr.jp/list/index.php

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問