JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。3月4日に突然足が痺れ、数時間後には立てなくなり、救急車で病院に運ばれ入院しました。いろいろ検査をしてい

解決済みの質問:

初めまして。3月4日に突然足が痺れ、数時間後には立てなくなり、救急車で病院に運ばれ入院しました。いろいろ検査をしていただき、「急性横断性脊髄炎」という診断でした。
治療はステロイドを点滴で投与していただきました。1週間で退院し、自宅療養を続けて松葉杖で歩けるくらいまで運動能力は回復しました。
しかし、感覚機能が回復するに伴い、痺れ・突っ張りなどの痛みが酷く、夜も眠れない状態が続いています。
病院に行くと、今後も痺れはとれないことが多いとのことでした。とりあえず投薬治療としてリリカを1日300mg飲んで2週間経過していますが、特に症状が改善している感じはありません。
痛みの治療として神経ブロックというのがあるそうですが、この治療をしてもらおうかと考えていますが、他に良い治療法があればご教授ください。
よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

急性横断性脊髄炎に伴う、または後遺症として残存する疼痛の起源は脊髄ですので、神経ブロックの効果は限定的です。
脊髄を丸ごとブロックするわけにはいかないからです。

少し補足情報を下さい。

①現在は、どれくらいの規模の医療機関の、何科で治療を受けられているのでしょうか。

②主治医は、疼痛も含めた予後に関してどのような見解・治療方針をお持ちのようですか?

③ペインクリニックの受診を勧められたことはないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

こんにちは。猫山先生、初めまして。中西と申します。


現在は、東京の順天堂大学病院の神経内科とペインクリニックで治療していただいております。


神経内科の方では、3月から時間が経過していることもあり、再度MRI(造影剤入り)検査をしたところ、脊髄(10~11?)に病変らしきものがあるとのことでした。そのため入院を勧められましたが、現時点で満室のため入院予約という状況です。入院してどのような治療方針なのか説明はありませんでした。


ペインクリニックでは点滴、投薬を行っておりますが、今のところ効果はない状況です。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

相談者様がおかれている医療環境は十分に高度なものだと思われますので、ここでは、脊髄の障害によって起こる疼痛への対処の一般論について述べるに留めさせていただきます。

急性横断性脊髄炎の予後については、3分の1の患者様は回復し、3分の1の患者様ではある程度の後遺症が残り、3分の1の患者ではほとんど回復が得られないことが知られています。

相談者様は、回復はしたけれど後遺症は残った群に属すると思われます(MRI上病変が認められ、入院予約となっていますから再発例なのかもしれませんが)。

その前提で回答するのであれば、現在の疼痛に効果が期待できる治療法は以下の通りです。

薬物療法:相談者様も服用されているリリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)、ある種の抗うつ薬(トリプタノール、サインバルタ)、抗てんかん薬(テグレトール)といった、神経障害による疼痛に効果が知られている薬物(の組み合わせによる治療)。

脊髄電気刺激法:http://www.anes.umin.ne.jp/SCS.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

手術療法:http://nagoya-central-hospital.com/introduction/scs.html

これらの知識を持たれた上で、今後の治療方針について主治医と相談されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

神経系の疼痛に鍼灸は効果がありますか?

医療 についての関連する質問