JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue-sky777に今すぐ質問する
blue-sky777
blue-sky777, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 129
経験:  内科を中心に総合医として医療に従事しています。
76958870
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
blue-sky777がオンラインで質問受付中

はじめまして、年末に子宮頸がん検査の細胞診でAGCと言われコルポ診、組織診を行いましたが結果は異常なし。3月の細胞診では異常なし。5月に骨盤下MRI造影検査で多房性嚢胞腫瘤2.8c

解決済みの質問:

はじめまして、年末に子宮頸がん検査の細胞診でAGCと言われコルポ診、組織診を行いましたが結果は異常なし。3月の細胞診では異常なし。5月に骨盤下MRI造影検査で多房性嚢胞腫瘤2.8cmが見つかり、念のため、細胞診で再びAGCクラス3と出てしまいました。病理医師のコメントにはEC:胞体に粘液を有する円柱状の細胞で、核は小型ですが核腫大、微細クロマチンで核縁肥厚や明瞭な小体、核形不整、核内細胞質封入体を認める。今回は粘液はやや黄色がかったオレンジ色に染まっていますが、胃、幽門腺化生とするには明らかなtwo colour patternを確認出来ませんでした。細胞の配列に軽度の乱れはありますが、核は、ほぼ基底側に位置し全体に異型は乏しいです。EC由来を考える腺系異型細胞でAdenocarcinomaを除外できない細胞像です。精査をお願いします。と書かれていました。この結果は腺癌の確率が高い、もしくは腺癌なのでしょうか?
また、腺癌だとしたらかなり進んだ状態なのでしょうか? 手術するとしたら子宮全摘か、またはまた経過観察していけば良いのか?教えて下さい。因みに子宮体癌異常なし、胃カメラも異常なしでした。よろしくお願いします。
不安で夜も眠れません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.
ご心配のことと思います。
追加の情報をお願いします。
多房性嚢胞腫瘤は、どの臓器に認められたのでしょうか。また、子宮頸がんの細胞診の際、パピローマウイルスの検査をおこないましたか。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
多房性嚢胞腫瘤は頸腺?近く?少し下がった場所だと思います。HPV検査は結果待ちです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
多房性嚢胞腫瘤は頸腺?近く?少し下がった場所だと思います。HPV検査は結果待ちです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
多房性嚢胞腫瘤は充実性はないと言われました。MRIの画像でも癌とは言われず、念のために細胞診してみましょうとのことでした。
AGCとは腺系異型細胞で癌ではないとは聞いてますが、細胞診で過去2回も出たということは、確実に癌ですか?
それとも更年期、閉経などホルモン異常など関係ありますか?
まだ、AGC状態ということは末期癌ではないですか?
専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.
はじめに、末期癌ということはありませんので、ご安心ください。
多房性嚢胞腫瘤は、子宮頚部にあるのですか。子宮頚部細胞診でクラスⅢとのことですが、ⅢaあるいはⅢbのどちらでしょうか。細胞診は、スクリーニング目的であり、大切なのは組織診です。また、病理医師のコメントは、どの細胞についての所見でしょうか。胃についての所見も書いてありますが、子宮頚部細胞のみの所見なのでしょうか。
ご返答お願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
子宮膣部は正常で、子宮頸管の細胞診でAGCクラス3でした。クラス3しか言われてません。初回の細胞診で(年末)黄色に染まる粘液を有する細胞はEC標本上の他、EM標本上にも見られることから、病変が子宮体部寄りに存在する可能性があります。悪性病変を除外できない細胞像のため、MRI検査による精査をして下さいとのことで、今回MRI検査を受け、多房性嚢胞腫瘤が画像として見られました。画像も充実性ではないとのことなので、再検査で細胞診を行いました。コルポや組織診は年末に一度行い、その時は異常なしでした。末期癌ではなくて安心しました、治療または手術で治る可能性はありますか?
専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.
ご返答ありがとうございます。
細胞診でクラスⅢですと、癌ではなく、細胞異型という状態です。クラスⅣで、上皮内癌を疑われ、クラスⅤで浸潤癌を疑われます。現在の状況ですと、子宮頸癌の原因がほとんどがHPVであるため、HPVの検査結果を確認し、頸部組織診を再度行うことになると思います。HPVが陰性ですと異型細胞は正常化する可能性が高く、約3ヵ月後に再検査となります。組織診が軽度異形成でHPVが陽性ですと3ヶ月毎に細胞診をおこない、約6ヶ月後にHPVテスト再検査を行います。組織診が高度異形成の場合、細胞診と組織診による厳重な経過観察もしくは円錐切除術という子宮頚部を開腹ではなく膣から一部取る手術をおこなうことがあります。
以上ですが、他にご質問がありましたら、ご連絡ください。
blue-sky777をはじめその他3 名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問