JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。 神戸市北区在住の竹谷と申します。82歳になる母親について相談したくメールいたします。1年前ぐらいから少し歩くと下半身が重だるく歩けなくなります。関係があるかどうかわ

解決済みの質問:

初めまして。
神戸市北区在住の竹谷と申します。82歳になる母親について相談したくメールいたします。1年前ぐらいから少し歩くと下半身が重だるく歩けなくなります。関係があるかどうかわかりませんが、先月の初めに白内障の手術を行い退院してから余計に重だるさが感じられ、歩くのもふらつくようで怖いと訴えます。
何科に行ったらいいものやら悩んでしまいます。まず、何科から通院すればいいか教えて頂いたらと思っています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

お母様が「少し歩くと下半身が重だるく歩けなく」なるのは、間欠性跛行という症状ではないかと推察いたします。

「間欠性跛行(かんけつせいはこう)とは、5分とか10分、歩いたりすると足に痛み、しびれ、脱力などが出現し、歩行を中断しなくてはならなくなり、立ち止まってしばらく休むと再び歩行が可能になり、歩くとまた足が痛くなり歩けなくなってしまう症状」です。
http://www.geocities.jp/chgham/html/heisoku.htm より引用
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

間欠性跛行には、腰部脊柱管狭窄症に由来する神経性のものと、閉塞性動脈硬化症(ASO)に由来する血管性のものとがあります。

少し補足情報を下さい。

①お母様の両足に冷感はないでしょうか。

②お母様は腰痛をお持ちではないでしょうか。

③お母様に持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。ご質問頂きました件につぎして、こ返答申し上げます。


冷たくない

プレピレス 血圧

エンチニン

甘草湯エキス
漢方薬
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

④腰痛は無いでしょうか?

⑤「プレピレス」とは「ブロプレス」のことではありませんか?
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2149040.html

⑥高血圧は何年くらい患われていますか? 現在は血圧は両校にコントロールされているのでしょうか。

⑦エンチニンは、何をターゲットとして、何科から処方されているのでしょう?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。
・腰痛は、2000年にぎっくり腰を患いました。
・内科・外科を診察れている個人病院です。
・薬につきましては、把握していませんでした。
・血圧の薬は、昨年の初めぐらいだと記憶しています。

分かりづらい内容で申し訳ありません。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

足の冷感が無く、血圧についても重篤な高血圧が続いていた(動脈硬化の危険因子です)というわけではないようですので、血管性の間欠性跛行は可能性が低いと考えます。

腰を痛められた既往がおありとのことですから、腰部脊柱管狭窄症による間欠性跛行の可能性をまず考えるべきでしょう。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。
脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。

脊柱管狭窄症は、初期には保存的治療(非手術的治療)が行われますが、進行度合いによっては手術が必要になる場合もございます。

脊椎・脊髄の専門医を受診されることをお勧めいたします。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域だからです(脳神経外科でも扱われる領域です)。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

【日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医】
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問