JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20代女性。甲状腺の異常で経過観察中です。 このまま経過観察で良いのかという疑問と、症状改善の方法をお教え下さい。

解決済みの質問:

20代女性。甲状腺の異常で経過観察中です。
このまま経過観察で良いのかという疑問と、症状改善の方法をお教え下さい。

4月に風邪症状で受診し甲状腺の症状があると言われ血液検査、エコー、心電図を受けました。、無痛性甲状腺炎、橋本病の疑いで1週間後に診察予定です。投薬はありません。

体調不良が続き仕事も休みがちで、仕事の能率もかなり悪くなっています。3か月位は体調不良が続く様な話も聞き、このままで良いのか不安です。

TSH FT3 FT4 抗Tg抗体 TRAb フェリチン他白血球など30項目以上の血液検査をしました。
初回TSH:0.005 TF3:6.4 FT4:2.9 抗Tg抗体:560 TRAb:0.3
前回TSH:1.45

CK UN Fe LDL HDL が低いです。

どうぞ宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

「症状改善の方法をお教え下さい」とのことですが、相談者様の体調不良が「無痛性甲状腺炎、橋本病」の症状であるのであれば、その改善は原病の治療を行うことによってしか達成できないでしょう。

検査所見を拝見しますに甲状腺機能が亢進していることは間違いないと思います。

①主治医はどのような方針なのでしょうか?

②相談者様と主治医の間では、本件についてどのようなコミュニケーションが交わされているのでしょうか。

③実際に相談者様を検査・治療できないインターネット相談に対して相談者様がどのような回答を期待されているのかを教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。


 


①自然治癒し低下症になる経過をたどる事が多いそうで、このまま経過観察と言う事でした。


 


②次回の診察時に疑問点を相談してみようと思います。


 


③例えば検査結果を見て、検査項目の追加の必要性があるのかどうかや、他の治療法があるか、例えば食事等栄養面での改善方法などがあれば教えて頂きたいと思います。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

診断の確定が急務だと考えます。

私がご質問文を拝読して違和感を覚えたのは、「無痛性甲状腺炎、橋本病の疑い」という診断です。

橋本病とは甲状腺機能低下症のことです。

無痛性甲状腺炎は甲状腺機能亢進症の一種です。

相談者様の甲状腺機能は亢進していますから、現時点では橋本病の診断が付くことには若干の違和感があるわけです。
「無痛性甲状腺炎、バセドウ病の疑い」ならばしっくりとくるのですが。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10L10700.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

一方で、無痛性甲状腺炎は「バセドウ病と違ってホルモンが過剰につくられているわけではないので、1〜2カ月すると甲状腺ホルモンは低下してきて、反対に甲状腺機能低下症になります」(http://health.goo.ne.jp/medical/search/10L10400.html より引用)ので、実際に甲状腺機能が低下したのであれば橋本病の診断を付けることは出来ますが。

現在、相談者様の甲状腺機能は亢進しており、無痛性甲状腺炎だとすればそれを低下させる手段はありません。経過観察が、確かに好適な治療方針ということになります。
しかしバセドウ病であれば甲状腺ホルモンを抑えるための治療が必要になります。

いずれにせよ、「食事等栄養面での改善方法」はありません。

現時点で相談者様にとって有用なのは、放射性ヨード摂取率の検査を受けられることでしょう。

専門医でセカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。

以下のサイトから日本甲状腺学会認定の甲状腺専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医】
http://www.japanthyroid.jp/public/specialist/map.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございます。サイトを拝見しました。


 


放射性ヨード摂取率の検査は希望すればどこでも受けられるのでしょうか?


現在通っている所も専門医ではあるのですが、次回も血液検査のみです。


 


はじめは喉の痛みもあり熱も高かったので、亜急性甲状腺炎の可能性もありそうな気がしてきました。次回相談して解決しなければセカンドオピニオンも検討してみます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 放射性ヨード摂取率の検査は希望すればどこでも受けられるのでしょうか?
いえ、核医学検査に分類される検査で、それなりの設備がある医療機関でなければ行えません。
http://www.nmp.co.jp/member/kakuigaku/inspect/02.html

放射性ヨード摂取率の検査は、絶対に必要であるというわけではありませんが、現在の相談者様の状態の鑑別には有用だと思われます。

治療方針も専門医によって異なりますので、セカンドオピニオンは有意義であると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございます。


 


設備がある施設は少ないようですね。


現在寝付きも悪く仕事も思うように出来ず、困っています。


早く回復出来るようにしたいと思います。



ありがとうございました。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

評価をお願い致します。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問