JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

92歳の母が、今年の5月4日(日)に自宅で転び、左大腿骨遠位端骨折し、救急車で近くの外科病院に運ばれました。その病院

解決済みの質問:

92歳の母が、今年の5月4日(日)に自宅で転び、左大腿骨遠位端骨折し、救急車で近くの外科病院に運ばれました。その病院でCTスキャンをとっていただいたた結果、母は20歳の時に、脊髄カリエスになり、骨盤と大腿骨付近に金属が入っていることと、骨そしょうしょうが進行しているため、手術をせずギブスで固定して自然に治癒した方が良いと言われました。
その病院には整形外科の専門医がいないため、もし手術を希望するのであれば専門の病院を紹介するとも言われたのですが、高齢でもあり手術をしない方が良いと家族で判断し、その病院で治療を受け現在(5月14日)に至っています。
その病院では、入院後、左大腿部を添え木で固定し、膝の関節に溜まった体液を取り除く処置をしていただいています。現時点でギブスはまだ嵌めていません。骨折した大腿骨からの体液は随分少なくなってきたと昨日(5月13日)に医師から言われました。体液が出なくなったらギブスをする計画とのことです。また骨折の治癒後リハビリをしても左膝は曲がらなくなるだろうとも言われました。
いろいろと調べてみますと、高齢であっても大腿骨遠位端骨折の手術をする方が早期回復が期待できるとの専門家の意見があり、手術をした方が良いか正直迷っています。
骨折した5月4日(日)から既に10日間が経過していますので、これから手術をするという選択は可能なのかお聞きしたいと思います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

股関節は荷重関節(体重がかかる関節)であるとともに、多方向に屈曲・伸展・内旋・外旋する、という多彩な機能を備えた、複雑な関節であり、この部位の診察には一定以上の専門性が要求されます。

少し補足情報を下さい。

①現状、お母様は、股関節の専門医以前に、整形外科医の診察も受けられていないのだと理解してよろしいでしょうか?

②「高齢であっても大腿骨遠位端骨折の手術をする方が早期回復が期待できるとの専門家の意見」があり、迷われていることを、現主治医に伝えられましたか?

③実際にお母様を診察・検査できないインターネット相談では、お母様の股関節の状態がわかりませんから、「これから手術をするという選択は可能なのか」というご質問に確答はできません。最終的には「専門医の受診をお勧めします」という回答になると思われますが、それでよろしいでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

①そのとうりです。


②現時点では、主治医には伝えておりません。手術が必要と判断した時点で、主治医に家族の意向を伝える予定です。


③股関節は、20年前の手術の結果のままの状態です。今回の大腿骨遠位端骨折は、膝関節のすぐ上の大腿骨の骨折で、股関節近くの骨折ではありませんことを申し添えさせていただきます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
議論がループしてしまっているようです。

「手術が必要と判断」するのは相談者様でも私でもありません。

整形外科医、それも股関節の専門医がお母様を診察し、検査所見を見て、初めて蓋然性が高い判断を下してもらうことができます。

専門医にお母様を診てもらう前に「今回の大腿骨遠位端骨折は、膝関節のすぐ上の大腿骨の骨折で、股関節近くの骨折ではありません」といった文字情報で手術の要否・可否を判断することはできません。

私が申し上げたいのは、手術を受けるために専門医を受診するのではなく、手術が可能・必要かどうかの判断をまず仰ぐために専門医を受診することが必要であるということです。

どう思われますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答をいただきありがとうございました。先生のご意見を参考に今後の対応をしていきます。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

下記のサイトから、日本股関節学会指定の研修病院を検索することができます。ここから、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本股関節学会 研修病院】
http://hip-society.jp/training.html

これ以外の病院であっても、「股関節外来」というキーワードと地名を組み合わせれば、股関節に関する専門性が高い病院はみつかりますから、そういった病院を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
回答を試みてみます。
骨粗鬆症が進んでいるために人工股関節、人工膝関節の装着は不可能のように思われます。しかし、公立の病院の専門医に診察、画像を見てもらい判断してもらってはどうかと思います。どこにお住まいですか。病院を探してみます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

栃木県日光市です。


家族としては、専門医に見せたいと思っています。


骨折後、救急で外科に搬送され、そのまま入院となりました。が、その後、やはり専門である整形外科のある病院に移りたく、主治医である、院長に2度お願い致しましたが、手術をするという目的でないと、どこの病院も受け入れてくれないので、紹介することができないと2度とも言われてしまったため、こちらとしては手術の方向で考えなくてはいけないのかと悩んで相談した次第です。


パソコン上で画像もなければ、医療情報のほぼない状態での質問でしたので、失礼いたしました。


医療現場では、手術目的でないと転院は不可能なのでしょうか?せめてセカンドオピニオンとして他Drのご意見を伺ってみたかったのですが。


どういう風に主治医にお願いしたら、転院することができ、専門医に相談することができるのでしょうか?ご回答をお願い致します。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
セカンドオピニオンを提供する病院は手術ができなければ受け入れてくれないと思いますが、手術以外にも現状より他の治療があるようなら整形外科医のいる他の病院を教えてくれるかもしれません。尋ねてみてください。
栃木医療センターのセカンドオピニオン外来はどうかと思います。
http://www.tochigi-mc.jp/consultation/8.html
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問