JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr_GATOに今すぐ質問する

Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3998
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

ここ10数年、大阪のある総合病院に通院しているものです。昨年夏市の検診で便に血液反応が確認された(10数年間毎年異常

解決済みの質問:

ここ10数年、大阪のある総合病院に通院しているものです。昨年夏市の検診で便に血液反応が確認された(10数年間毎年異常はなかった)総合病院に行き次の外来までに結果が出るよう内視鏡の検査を依頼したが、主治医に便潜血検査で陽性でも80%は問題はないと言われたが、内視鏡の検査を入れてもらった。検査の途中に検査医師がこのまま放置したら腸閉塞をおこす、至急主治医と相談するように言われた。3日後主治医から“進行性の結腸がんで直ちに手術が必要”と通告された。
 09年の夏便秘のため通院しその後座薬とプルセニト12mgを処方してもらっていた。
私は“09年の便秘の治療を受けた時からがんは発生していたのでしょうか・・・・・”と質問
主治医は“そんなことはないここ02,3年のことだ。”“血液検査の腫瘍マーカーでは判断できないのでしょうか・・・”主治医“個人差や他の要因が多く判断材料にはならない”その1週間後に手術を実施腫瘍マーカーは大幅に低下した。このような経過から自分自身どう判断したらよいのか悩んでおります。先月抗がん剤治療が終了し、今月末CT等の検査の予定です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
便の形状が変わる、潜血反応が出ることは大腸がんの可能性を示唆します。もちろん、他の疾患でも起こりますが50歳を越えた場合は大腸がんを念頭に置くべきです。現在、大腸がんの家系でなければ50歳から10年ごとに大腸ファイバー内視鏡の検査をすることが一般的で大腸がんを早期に発見することができます。毎年の潜血反応は大腸ファイバー内視鏡に比べて検出率が低く、陰性であっても大腸がんが存在する可能性があります。便の形状が変わることは大腸がんが大きくなったときに起こります。一時的は便秘は大腸癌の症状とは思いません。血液検査で腫瘍マーカーを調べることが特異性がないために大腸がんのスクリーニングとしては使われていません。腫瘍マーカーはむしろ、治療を状態を調べるために使います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

内視鏡検査時、検査医師が大腸フアイバー内視鏡のスコープがこれ以上入らないほど腫瘍が肥大していると言っていたが、その肥大した大腸がんは1,2年でそれほど成長するのでしょうか・・・・

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
ポリープが癌になるのに8年から10年、その癌が成長し転移するのに2年から3年かかると考えられています。
質問者: 返答済み 3 年 前.

5年前の便秘の治療の段階で、内視鏡での検査を受けていれば初期の段階のがんを見つけだすことが可能だったと理解してよろしいでしょうか・・・・


B型キャリアが抗がん剤治療時、劇症肝炎になる確率はどの程度なのでしょうか・・・・

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
5年前の段階で癌になる前の(前癌状態の)ポリープを見つけることは可能だったと思います。ポリープが見つかったら普通、3年ごとに内視鏡をしてポリープの再発を確認します。
20%から50%の方にB型肝炎ウイルスの再活性化が認められます。抗がん剤治療の前に予防的抗ウイルス療法を開始し、抗がん剤療法の後少なくとも6ヶ月間その治療を続けます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

いつもご丁寧な回答をいただき恐縮しております。


いろいろな薬を服用しているために、肝機能にダメージを与えているのではといつも心配しております。
抗がん剤の種類にもよると思いますが、20%から50%との活性化とはHBV DNA定量(リアルタイム法)での数値ではどの程度なのでしょうか・・・・・・


検出せずがふつうの状態のようですが、どの程度の数値までが許容範囲と言えるのでしょうか・・・・・

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
HBV DNAの量が100000/mLより多い場合はその危険性が高まると報告されています。しかし、その量が2000未満でも予防的治療を受けることをお勧めします。
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 3998
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問