JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

63歳の男性です。8年前に脳梗塞を患い、左足に麻痺が残りましたが、何とか自力で長い距離でも歩行可能で、重い荷物を持っ

解決済みの質問:

63歳の男性です。8年前に脳梗塞を患い、左足に麻痺が残りましたが、何とか自力で長い距離でも歩行可能で、重い荷物を持っても短距離(100メートル程)なら移動できます。しかし、本年度の4月に入り、左足の膝関節の拘縮が夜寝ている間に起こるようになりました。その結果、トイレのため起床すると、歩行が困難となり、苦労しています。この現象は4月以前にはありませんでした。拘縮は夜から朝にかけてひどい状態です。しかし、朝起床後、しばらくすると、解消し、歩行可能となりますが、長い歩行には杖が必要となりました。車の運転に支障はなく、勤め先に車で出勤しています。対処等適切な回答をお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんことを予めご了承ください。

①この件で脳神経外科の主治医には相談されたでしょうか?

②また、整形外科にはかかられたでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

相談しておりません。また、整形外科には行っていません。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

①脳神経外科には定期的に通院されているのでしょうか。

②54歳での脳梗塞発症ですから、お若くして発症したわけですが、もともと、高血圧や高コレステロール血症、糖尿病がおありだったのでしょうか。

③上記以外に持病や常用薬があれば教えて下さい。

④インターネット相談で、ご記載の情報から拘縮の原因を究明することはできないと思われます。最終的には脳神経外科の主治医に相談されることをお勧めすることになると重いますが、このインターネット相談ではどのような回答を期待されていますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

1:脳神経外科には定期的に通院しています(3ヶ月毎、今度は6月です)。


2:本態性高血圧症です。


3:上記以外の持病はなく、常用薬は降圧剤と、ときどき下剤を服用します。


4:何か応急処置的な方法があるかどうか。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

前述しましたように、実際に患者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様の左膝の拘縮は麻痺性拘縮である可能性が高いと考えます。
http://www.pieronline.jp/content/article/0910-8459/23030/96
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

主に血行が乏しくなる夜間に増強し、「膝の屈伸運動を行なうと短時間であるが解消がみられる」ことから、拘縮はまだ初期であって、リハビリテーションによって回復する余地がある水準であると考えます。

本格的な対処としては、脳神経外科の次回受診を前倒しにしてもらい、麻痺性拘縮であることが確認されたら、しかるべきリハビリテーションを行える診療科、医療機関を紹介してもらって下さい。

現時点でご自宅で可能な対処としては、就寝前の膝関節の屈伸やストレッチ、ホットパック(湯たんぽのようなものでよいでしょう)によって膝関節を暖めることなどが挙げられるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問