JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2804
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

アメリカで精神科医の先生の受信を受けた時、その先生は総合的に見てくださり、とことん話を聞いて下さいました。多少、自費

質問者の質問

アメリカで精神科医の先生の受信を受けた時、その先生は総合的に見てくださり、とことん話を聞いて下さいました。多少、自費治療になっても構いません。そんな風に、患者ひとりひとりを疎かにしないで、親身になって下さる先生を捜しております。 困っている症状は、主に趣味が消えたこと、心臓が尋常じゃなく痛いこと。突然泣き出してしまうこと騒ぎ出してしまうこと、偏食、等々です。 それと、心臓の痛みを抑えるために、薬の大量服薬が手放せません。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①「総合的に見てくださり、とことん話を聞いて」くれたアメリカの精神科医は、相談者様にどのような診断を付けられたでしょうか?

②日本で「どこも門前払い」なのはなぜでしょうか。

 

③「多少、自費治療になっても構いません」とのことですが、日本では混合診療が認められていませんから、自費診療で時間を取ってもらいたいというのであれば、お薬代も含めて全て自費診療になりますが、1回の診療にどれくらいの料金を支払うことを想定されていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 3 年 前.

①精神的なものから来る胃炎の時、頭痛の時、熱の時、お薬を出して下さいました。日本の医者はとにかく早く終わらせようとしていたので、長い時間を使って話を聞いて下さるのは、とても良い回復につながりました。


②私が通っていた病院はとにかく、感謝に無関心でした。摂食障害の時も何も食べれないと話しても、「ふーん」のひとことで終わってしまいました。救急で運ばれても仮病と決めつけて、当直の先生は何もしてくれないどころか、まともに相手にすらしてくれました。


③アメリカの医師に聞いた時は、1万5千円程と伺いましたが、それの2倍以上かかることは覚悟しています。


 


しかし、精神科に通い始めて、もう4年目です。それなのに一行に良くなるどころか、どんどん悪くなって行ってしまっています。


もう限界なのです。薬も効かなくなっていっております。


早く治したいんです。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
「趣味が消えたこと、心臓が尋常じゃなく痛いこと。突然泣き出してしまうこと騒ぎ出してしまうこと」は、摂食障害では説明がつきません。

相談者様の精神医学的診断名を教えて下さい。

アメリカの精神科医は診断も下さずに話を聞いたのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

鬱病の症状が出始めたのは中学一年生の頃です。その時も、趣味が消えてしまい、記憶力が悪くなっていく、不眠(等々)そんな自分にとまどっていました。


私は今大学3年生です。


診断名は躁鬱性障害です。ですが、躁状態になったことはここ数ヶ月久しくありません。その反面、憂鬱な生活を送りながらも、何とか心のバランスは保ってきました。しかし、4日前、母が悪徳商法にはまっているせいで、、私もそれに巻き込まれかけたので、断固拒否しました。そうしたら、母親に怒鳴り散らされたせいで、バランスが崩れていまい、「趣味が消えたこと、心臓が尋常じゃなく痛いこと。突然泣き出してしまうこと騒ぎ出してしまうこと」が再発するようになってしまいました。


アメリカでの病院のことですが、先生には、私の病気のことは行ってありました。その時、たくさんの具体的なアドバイス(運動をする。お腹の調子が悪い時は寒天ゼリーを食べる。等々)をいただけたので、とても感謝しました。摂食障害は、今年の1月から3月にアメリカ留学をしてから帰ってきてからのことです。その、アメリカ留学の際に、アメリカ人の先生のところで受診を受けました。その際、アメリカから帰ってきた時、(家へのストレスで。特に母。)極端な話、リンゴジュースしか飲めなくなってしまいました。仕方なく、近所の診療所へ行ったら、無視されることなく、やっとお薬をもらえました。

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず、治療に時間をかけることが必ずしも善ではないことはご理解ください。
例えば、相談者様が虫垂炎(いわゆる「盲腸」)にかかられて外科を受診されて手術を受けられた場合、手術時間が長いほど「患者ひとりひとりを疎かにしないで、親身になって」くれたとお感じになるでしょうか?
外科の名手ほど短時間で手術を終わらせるのとまったく同じように、精神科の名医は患者様から最小限のお話をしか聞きません。「とことん話を聞く」ことで、患者様を依存させてしまうことがあるからです。

また、日本の保険医療における診療報酬体系が、患者様の話を聞くということに重きを置いていないことは確かです。
精神科の経営は、主に「通院精神療法」で得られる収入によって成り立っています。
単純に申し上げれば、患者様の話を5分以上聞くと3300円の収入になります(保険診療ですから、患者様の負担はその3割)。かといって、10分話を聞けば6600円というわけではありません。30分までは同額です。
では30分話を聞けば3300×6=19800円の収入になるかといえばそんなことはなく、4000円にしかなりません。
よって当然、一人の患者様の話を30分聞くよりも、個々の患者様のお話は5分しか聞かずに30分で6人の患者様を診察した方が遥かに儲かります。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000041350.pdf
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

そして、双極性障害(躁うつ病)の治療をまともに行える精神科医がきわめて限られているという点も日本が精神科医療後進国と称される所以です。
双極性障害ならば、心の病気というよりは脳の病気としての性格が強く、話を聞くよりも、適切な薬物療法を行うことの方が病状の改善に役立ちます。

「薬の大量服薬」をされているとのことですが、相談者様が現在服用されているお薬の名前と、それぞれの1日量(mg)を教えて下さい。

医療 についての関連する質問