JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

2/8起床時頚椎に痛みあり、翌日より左肩・腕が痛くなり激痛となった為、神経内科受診した結果、MRIを撮り整形外科受診

解決済みの質問:

2/8起床時頚椎に痛みあり、翌日より左肩・腕が痛くなり激痛となった為、神経内科受診した結果、MRIを撮り整形外科受診を勧められる。後縦靱帯骨化症と診断。手術するほどではないと言われたが、心配なので紹介状を書いてもらい総合病院へ受診。五十肩と診断。痛み止めの薬を処方されたが、未だに激痛と痺れが続いている。4/20からは、左手人差し指の先が痺れ放しになっているので心配である。受診して、ビタミンB12の薬が増えた。頚椎の痛みと肩の痛みは別物であると言われた。現在、ロキソプロフェン、ミオリラーク、リリカ、トラムセット、レバミピド、エリーテン、メコバラミンを服用。
 30代の時、首痛あり後ろも振り向けない状態となり受診した結果、頚椎の4,5番目の軟骨が擦り減っていると言われ、その後、持病のような感じで痛みがあったが、2,3年前より痛みが無くなっていたので、安心した矢先だった。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
その症状は初期症状です。
初期症状として首筋や肩甲骨周辺・指先の痛みやしびれがあります。さらに症状が進行すると、次第に痛みやしびれの範囲が拡がり、脚のしびれや感覚障害、足が思うように動かない等の運動障害、両手の細かい作業が困難となる手指の運動障害などが出現します。重症になると排尿や排便の障害や一人での日常生活が困難になることもあります。 骨化部位は縦方向や横方向に増大、伸展していきます。一般に骨化が急速に大きくなることは少なく、脊髄神経症状も必ずしも進行性とは限りません。定期的にフォローアップを受けてください。症状が強い場合は手術治療します。
質問者: 返答済み 3 年 前.

この症状の名称は結局何なんでしょうか?


兎に角激しい痛みが2,3時間生じるのですが、この様な痛みは、いつまで続くのでしょうか?


血管・神経・筋肉など、どのようになっているのでしょうか?


今後、何に注意すべきなのでしょうか?


現在の治療は痛み止めの薬を服用するだけで良いのか?薬を飲み続ける事に疑問を感じます。


痛みや痺れが緩和されたり、無くなる事はあるのでしょうか?薬を服用しなくてもよくなる事はあるのでしょうか?


 ご回答をお願い致します。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
頸部の脊髄6番の神経根の圧迫のように思います。この病気の進み方は患者さんにより様々です。軽い「しびれ」や鈍痛で長年経過する方もおられる一方で、数ヶ月から数年の経過で手足の動作がかなりの程度傷害される場合もあります。軽い外傷、たとえば転倒などを契機に急に手足が動かしづらくなったり、いままでの症状が強くなったりすることもあります。転倒等をしないように気をつけてください。
頚椎における保存的療法ではまず頚椎の安静保持を保つため、頚椎の外固定装具を装着します。この時頚椎は快適な位置にあることが必要です。高さの調節可能な装具がよろしいかと思います。また、首を後ろにそらせる姿勢は避ける必要があります。その他、薬物療法として消炎鎮痛剤、筋弛緩剤等を内服して自覚症状の軽減が得られることがあります。薬や外固定装具で症状が緩和されることはありますが薬を服用しなくてもよくなる事はありません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

 痛みに耐えながら毎日過ごすのも気が重いのですが、ご回答にもやもやした霧が晴れたような気持ちになりました。五十肩と言うより神経根症と思った方が良いのでしょうか?


 最初の整形外科医院で、頚部固定帯の処置がありましたが、総合病院ではあまり意味がないと言われた為、その後装着していません。煩わしい感じはしますが、時には装着していた方が良いのでしょうか?枕は低い方が良いと言われましたが、どうなのでしょうか?起床時から2,3時間に頚椎、肩甲骨、腕の付け根回り全体の痛み、痺れがあるのですが、夜間装具をしていた方が良いのでしょうか?左人差し指先の痺れは痺れっ放しですが、治らないのでしょうか?色々疑問があって済みません。よろしくご回答をお願い致します。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
神経根症、または脊髄圧迫症状で肩の痛みも起ります。もし、五十肩であるならば肩の関節のこわばりがそのうちに起ります。
頸部カラー固定により時には症状が悪化することもあり得ますので、十分な観察のもとに行う必要があります。頸椎カラーは有用なこともありますが、この装具を長期間使用していると頸部の筋肉が萎縮してしまい、かえって長期にわたる頸部痛が残ることもありますので、漫然とした使用は避けるべきです。
枕は低い方が良いと思います。夜間装具をして症状が良くなるようならそれをつずけはどうかと思います。もし、症状が悪化するようなら止めてください。
頸部カラーや抗炎症薬等で痺れはなおるかもしれませんが必ず治るとは断言はできません。
滑り易い場所は転ぶ可能性があるので避けてください。また、激しい首に動き、重たいものを持ち上げることは避けてください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問