JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

私は寺本民子と申します。友人(68歳、女性)の事で相談します。友人は10年前から骨粗鬆症を患っていて、脊椎7本を骨折

解決済みの質問:

私は寺本民子と申します。友人(68歳、女性)の事で相談します。友人は10年前から骨粗鬆症を患っていて、脊椎7本を骨折して、そのうちの2本には、骨から水疱が出来プラプラしている状態なので、その場所に穴を開けて人工骨を入れるオペを、2年5ヶ月前に岐阜県立多治見総合病院で受けました。主治医は人工骨が自分の骨と馴染むには2年から5年かかるとの事でそれまでは痛みと付き合う他わないとのことです。以来今も耐え難い痛みは続き、痛み出すと身体が震えだしますので、最近1日6錠の痛み止めを8錠に増やして貰いました。痛み止めには胸焼け便秘を伴い下剤の処方も受けています。友人には現在の痛みに対する対症療法の他に良い治療法はないのでしょうか。この近くで(名古屋を含む)セカンドオピニオンを受ける良い病院はないでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
どなたも回答されないので、回答します。

まず、ご友人が受けられた人工骨の手術ですが、
脊椎の圧迫骨折で、人工骨を注入した手術なら、
通常は、人工骨セメント注入法ではないか?と思いますが、
この治療は、馴染むまで数年かかる治療ではないです。
人工骨セメント治療は、骨の中に、人工骨セメントを注入する治療法で、
人工骨セメントは、すぐに固まりますので、骨折により、神経が圧迫され、
発生していた痛みは、数時間で、軽減されます。

ご友人の方の場合、数年かかるとの事ですので、違う治療を受けられた可能性がありますが、
セカンドオピニオンを受けられた方が、良いように思います。

セカンドオピニオン先ですが、
名古屋でも良いと書いてありましたので、
名古屋市の「はちや整形外科病院」を受診してみられては、どうでしょうか?
「はちや整形外科病院」は、積極的に、人工骨セメント注入法を行っておられ、
治療実績のある病院です。


*追加の質問がある場合は、返信下さい。
ない場合は、今回の回答の評価判定を行って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.
早速の回答ありがとうございました。今日往復8時間かけて友達にあってきました。友達は常時痛みが続き、痛み止めは2割から3割程度しか効かないようです。手術はセメント注入ではなく人工骨(工作物)だそうです。痛みを今以上に和らげる。良い治療はないものでしょうか。セカンドオピニオンとして紹介いただいた「はちや病院」は人工骨での治療でも経験が豊富なのでしょうか。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
人工骨による脊椎形成術との事ですが、
基本的に、骨セメント注入も、人工骨による脊椎形成術も、
早期の除痛と生活復帰を目的に行われる手術です。
ですので、人工骨による脊椎形成術でも、数ヵ月で、日常生活は、可能になり、
数年も痛みが続く事は、ありません。

痛みをとる方法の前に、痛みが続く原因究明が、必要と思われます。

岐阜市民病院脊椎センターに、脊椎外科専門医の資格を持たれた先生がおられます。

専門医の先生に、まず、診察してもらい、痛みが続く原因を明確にする必要があると思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.
再度の質問回答ありがとうございました。満足しております。先生の回答のようにセカンドオピニオンを進めて見たいと思いますが、友人の主治医の先生との今までの話では「私の手術は間違っていない。このような痛みに一生付き合う人もいる。」友人が痛みの軽減に繋がるかと思って鍼治療を相談した時に、「自分は東洋医療を勧めるのは出来ない、東洋医療をするのであれば自分の治療は諦めてほしい」とも言われた。このような主治医にセカンドオピニオンの提案は困難が予想されますが、セカンドオピニオンを了解していただけるための、良い知恵はありませんでしょうか。
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
セカンドオピニオンとして、病院を受診すると、セカンドオピニオンは、保険適応外となり、多額の費用がかかるうえ、多治見総合病院での治療に対しての意見を述べられておわり、
たとえ、治療方法が間違っていた、手術に関して問題が見つかったとしても、市民病院で治療を受けることはできません。

ですので、受診名目は、セカンドオピニオンではなく、一般診療として、市民病院整形外科脊椎センターを受診されるのが良いと思います。

紹介状があれば、診療もスムーズでしょうが、市民病院の場合、紹介状なしでも診療を受けることは可能です。

ですので、現在の主治医の先生が他の先生の意見を聞くことに抵抗があり、今後の治療に差し障る状況であるなら、現在の主治医の先生には、紹介状の申し出、セカンドオピニオンとして他病院の専門医の先生の診療を受けることは、話をせず、市民病院整形外科脊椎センターの予約を入れ、受診され、診療を受けては、どうでしょうか?
その際、ご自身でまとめた、今までの経緯を書いた書面を用意し、紹介状の代わりとして、先生に提出されると良いと思います。

追加ですが、市民病院脊椎センターの診療は、火曜日水曜日金曜日だそうです。
そのうち、脊椎外科専門医の先生の診療日は、水曜日だそうです。

このような回答で、どうでしょうか?
Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問