JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2日前、胆石でMRI検査をしました。 ここまでの流れを書かせていただきます。 高血糖で月1回通院治療しています。3月頭に受診したところ、血液検査での肝臓の数値が高く出たため

解決済みの質問:

2日前、胆石でMRI検査をしました。
ここまでの流れを書かせていただきます。
高血糖で月1回通院治療しています。3月頭に受診したところ、血液検査での肝臓の数値が高く出たため、肝臓のエコー検査をすることになり、翌週行いました。その際、胆石の存在を指摘され、更に詳しく調べたいので大きな病院でMRI検査をしてほしいと言われ、紹介状をいただきました。まれにガンがあったりすることもあるからとそれとなく言われました。紹介されたのが大きな病院のため、受診が1ヶ月ほど先になるので、心配だとも告げたのですが、急を要する検査ではないと言われました。先週、紹介された病院を受診し、MRIが明日に決まりました。血液検査もし、一般的な項目の他に、腫瘍マーカーの項目もありました。先週の受診の際、明日は検査だけで、結果を伝えるのは、担当医の当番曜日である来週月曜日になると言われました。
そこでご質問です。エコーで胆石があることは診断されたのですが、更にMRI検査をするというのは、一般的なことなのでしょうか。腫瘍マーカーの項目も一般的なことなのでしょうか。ガンの可能性があり、この検査をしているのでは、と不安になっています。胆石の検査と思っていましたが、MRIのカルテには「膵 標準」と書かれていて、実は膵臓の検査をしているのではと不安になっています。
またそうでなく、胆石と診断された場合、痛みなどの症状はないのですが、手術することもあり得るのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

診察医は、相談者様が胆のうがん・胆管がんを発症されている可能性を念頭に置いてはいると思いますが(それは主に相談者様のご年齢が高いためでしょう。胆のうがんの発生率はそれほど高くはありませんが、50代以降に、罹患率・死亡率ともに増加します)、現時点で積極的にがんを疑って検査を組んでいるようには思われません。

総合的に見て、相談者様の胆石は胆のう内ではなく胆管にもあるのではないかと考えます。
「超音波検査は、検査を受ける人にとって負担がまったくないことがメリットで、胆石に関する診断能力は高く、胆嚢に存在する胆石のほとんどが超音波検査で診断できます」。一方で、「胆管の胆石は、ときに超音波検査では診断困難な場合があり、MRCP[磁気共鳴画像(MRI)を使用した特殊な検査]やコンピューター断層撮影(CT)、内視鏡といった検査によって正確に診断することができます」。
http://www.jsge.or.jp/citizen/kouza/pdf/05_tanseki.pdf より引用(12ページ「よくある質問5」)。
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

「実は膵臓の検査をしているのではと不安」とのことですが、実際に膵臓の様子もMRIで観察するつもりではあると思います。
胆のうは胆管を通じて膵臓と繋がっており、胆石によって胆管が塞がると膵臓に負担がかかって膵炎が起こることがあるからです。胆管結石であれば、通常、膵臓の状態も調べます。
https://www.mcp-saitama.or.jp/column/health_lecture/200906.php

一方で、相談者様のご年齢の方に胆石がある場合、胆のうがんの可能性を疑うことは、これは専門医ならば当然だと思います。上述したように稀ながんではありますが、高齢者では一定のリスクがあることは確かだからです。
胆管結石の診断と評価のための検査は、胆管がん・胆のうがんの診断のための検査と事実上同じことをします。
http://www.jsge.or.jp/cgi-bin/yohgo/index.cgi?type=50on&pk=D31

もちろん、軽々に「大丈夫です」と保証してさしあげることは出来ませんが、ご記載の情報に基づいて判断する限りは、相談者様が現時点でがんを強く疑われて検査が行われているということはないと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.


猫山先生


 


ご回答ありがとうございます。3点お願いいたします。


1点目。質問文の中の「明日」という部分ですが、全て「2日前」の誤りです。申し訳ございません。


2点目。紹介された病院での初診時に、医師から「胆石が1個どこどこへ転げ落ちたかも」みたいなことを言われました。すみません、正確にどんなことを言われたかよく覚えていません。


3点目。最終的に「胆石」と診断された場合、現時点の症状(痛み等の症状なし)の場合、手術ということもあり得ますでしょうか。


以上になります。よろしくお願い申し上げます。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 1点目。質問文の中の「明日」という部分ですが、全て「2日前」の誤りです。申し訳ございません。

このことで先の回答に変更が生じる部分はございません。

> 2点目。紹介された病院での初診時に、医師から「胆石が1個どこどこへ転げ落ちたかも」みたいなことを言われました。すみません、正確にどんなことを言われたかよく覚えていません。

これがおそらく、胆のうの中の胆石が胆管に「転げ落ちた」ことを意味するのではないかと推察します。


> 3点目。最終的に「胆石」と診断された場合、現時点の症状(痛み等の症状なし)の場合、手術ということもあり得ますでしょうか。

これは胆石の場所次第で治療方針が決まります。

胆のうの中の胆石であれば、相談者様の場合、疼痛や発熱のような症状がありませんので、手術は勧められないと思います。

しかし胆管に結石がある場合は、自覚症状の有無に関わらず手術が勧められます。胆汁が詰まり、肝臓や膵臓にトラブルを起こす可能性が高いからです。相談者様の場合は「血液検査での肝臓の数値が高く出た」ことが検査開始のきっかけであったわけですから、既に胆汁うっ滞が起きている可能性が高いと思います。

つまり、手術を勧められる可能性が高いと思います。その場合は内視鏡手術ですので、1週間程度の入院で済むとは思います。

http://www.mcube.jp/operative/explanation/cholelith_03.html

 

以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。

評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問