JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

安定剤の減薬、断薬についての質問です。 ソラナックスをほぼ1年間、毎日0、8m、他に頓服でデパスを服用続けています

質問者の質問

安定剤の減薬、断薬についての質問です。
ソラナックスをほぼ1年間、毎日0、8m、他に頓服でデパスを服用続けています。(パニック障害のため)
症状がおちついてきたので減薬を始めたところ、ミオクローヌスのような筋肉のぴくつき、軽い手先や足のシビレなどが出るようになりました。
丁度今朝の新聞にベンゾジアゼピン系の安定剤の減薬、断薬の副作用についての記事が載っていまして、調べたらミオクローヌスやしびれなどの離脱症状に悩む人がとても多い事が判りました。
ソラナックスはパニック障害には良い薬、、というイメージだったのですが、実際どうなのでしょうか?
非常に悩んでおります。どのみち断薬するつもりですが詳しい医師の方のご見解を伺いたいです。
よろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
ソラナックスはベンゾジアゼピン系の薬で3,4週間は問題ありませんが1年のような長期期間では長時間作動性で薬の量を調節するの容易なセルシンに徐々に変更した後3週間おきに10%ずつとてもゆっくりを減らしていくことが必要です。担当の精神科医の指導の元に行ってください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

Dr_GATO様


回答ありがとうございます。


ソラナックスはパニック障害としては入り口の薬で強いものではないという説明を医師から受けていましたが、そうでもないのでしょうか。


0、4mg錠を日に2回服用をずっと続け、最近0、6mg(1、5錠)に変えています。


そのタイミングで離脱症状?が出ましたが、これが離脱症状なのか、パニック障害が治りかかる頃(1年後など)に良く起こるという非発作性愁訴、残遺症状なのか区別が付きにくいです。


偶然神経性の別の病気を発症してる、ということもあり得るかもしれませんし。。


症状としてはミオクローヌス、手先のしびれ感、寝汗、睡眠障害、手足脱力感、ムズムズ脚症候群のようなかゆみ、チリチリ感、たまにビリビリする痛み、、などです。


大元のパニック障害の症状自体はかなり良くなっています。


 


ご見解を伺えたら助かります。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
ソラナックスはザナックスという商品名でも販売され私の患者でもその薬からの離脱症状に苦しんでいる方がいました。パニック障害が治りかかる頃(1年後など)に良く起こるという非発作性愁訴、残遺症状ということは聞いたことがありません。
全てベンゾからの離脱症状のように思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

Dr_GATO様


ご回答ありがとうございます。


もう少しご質問させていただいてもよいでしょうか。


Dr_GATO様の患者さんでもベンゾの離脱症状に苦しんでおられる方がいるということですが、どのような症状でしたでしょうか?


パニック障害そのものにもミオクローヌスや手足のしびれ、脱力などの症状がある場合があると聞きました。


 


また、1年少々、ソラナックス0、4mgを日に2錠を飲み続けていましたが、量としては少なめだと思うのですが、減薬による離脱症状は服薬量とはあまり関係ないですか?


調べるうちに判らない事が多くなって来て悩んでおります。。


ただ、大元の症状(期外収縮)がだいぶ収まってきたので日に1、5錠に減薬したタイミングでいろんな症状が一気に出てきたので。。


 


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
とても沢山の症状があります。
心理的な症状:パニック発作を含む不安、鬱病、不眠、現実でない感じ、自分でない感じ、暴力やセックスに対しての執着感、急速な感情の変化、恐怖症、不快、認知障害、自殺願望、悪夢、幻覚、精神病、薬のほしがること

身体的症状:感覚の刺激に対しての異常感覚、筋肉の緊張と痛み、関節痛、耳鳴り、頭痛、震え、かすみ目、掻痒感、胃腸障害、電気ショック様の感覚、痺れ、疲労、弱さ、体の内部の振動、発汗、体温変動、嚥下困難、食慾低下、インフルエンザ症状、筋肉の収縮、金属の味、嘔気、極端な喉の乾き、性機能不全、動悸、目眩、息切れ、

離脱症状はパニック発作も含みます。

量と期間が問題となりますが特に服用期間が依存に関係あります。一年間の飲みつずけるとベンゾの依存症になる可能性がかなり高くなります。


質問者: 返答済み 3 年 前.

Dr_GATO様


迅速にお応え頂きありがとうございます。


ベンゾの依存は量というよりは服薬期間が問題になるのですね。


そうすると現在の自分の症状はベンゾの依存の副作用的なもの、もしくは減薬の離脱作用という可能性がかなりありそうですね。


大変参考になりました。


ありがとうございます。


またなにかあればご質問させてください。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
どういたしまして。
ではお大事に。

医療 についての関連する質問