JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めて質問します。 昨年1月、仕事の強いストレスから鈍い腹痛、胃もたれが続き2月末に生まれて初めて胃カメラ検査。結

解決済みの質問:

初めて質問します。
昨年1月、仕事の強いストレスから鈍い腹痛、胃もたれが続き2月末に生まれて初めて胃カメラ検査。結果は胃はキレイで軽い逆流性食道炎のみの診断。結果を聞いたら酷かった胃もたれも腹痛もサッパリ消えたのですが、翌日不整脈からパニック発作(これも人生初)を起こしました(瀕脈+期外収縮)。
それ以来心臓神経症の状態になり、1年たちようやく期外収縮の数も減りあまり気にならなくなってきたところ、今度は右上腕の筋肉のぴくつきが断続的に出るようになり、次第に体のあちこち(腰、ふくらはぎなど)に収縮が出るようになりました。
同時に暑くもないのに寝汗をかきひんぱんに着替える、膝周囲の強い火照り、などの症状があります。
筋肉のぴくつきは1週間ほどでかなり少なくなりましたが、その後手足のチリチリ感、チクチクする痛み、軽いシビレなどが出ています。
日替わりで症状が違います。
たまにですが足に電気が走るようなビリビリする痛みがあることもあります。
やはりストレスによる心因性のものでしょうか?それとも神経系の病気が疑われますか?

ちなみにホルターやエコーなどで器質的な問題はなし、心配のない心室性期外収縮と複数の医師に診断されています。
手足のシビレ等の診察はまだ受けていません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

神経内科的疾患の可能性を100%否定できるものではありませんが、それにしては症状があまりにも頻繁に交代していると思われます。

少し補足情報を下さい。

①相談者様のご年齢を教えて下さい。

②「仕事の強いストレス」がおありであったとのことですが、現在も同じ状況下におありでしょうか。

③もともと、ご自身の身体的不調に関しては敏感なところがおありですか?

④ソラナックスは「手足のチリチリ感、チクチクする痛み、軽いシビレ」にも有効でしょうか。

⑤持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山様


 


すみません、補足します。


 


1、男性55歳です。


 


2、仕事のストレスはずっと少なくなりました。代わりに1年間、心臓不安、パニックの予期不安の強いストレスが続いていました。


 


3、昔も神経性胃炎と診断されたとたん症状が全快したことがあり、神経質ではあると思います。ただ基本的に体力健康には自信あるほうでした。


 


4、ソラナックスはこれらの症状には有効ではないようです。


ぴくつきやチリチリ感などにはデパスが効果あります(あまり服用しませんが)。


 


5、とくに常備薬等は上記以外にありません。


特別な持病もないです。


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、やはり印象としては精神医学的な問題である印象を受けます。
典型的ではありませんが、パニック障害を有する患者様がミオクローヌス(筋肉のぴくつき)や感覚障害を訴えられることは臨床では稀に経験します。

ただし、身体疾患を見逃すリスクは避けなければなりませんので、一度は神経内科を受診されるべきでしょう。

神経内科的に問題が認められなかった場合は、精神科・心療内科を受診されることをお勧めいたします。

同じ診断が付く精神科の疾患であっても、その背景は様々です。
脳の病気としての性格が強く、何のきっかけも無く、比較的急激に発症する患者様もおられます。
深刻なストレスがかかり、もしくは複数のストレスが重複・持続することで次第に進展していくタイプの精神疾患もあります。

相談者様は後者だと思われます。
相談者様のようなタイプの患者様の場合、薬物療法ともに、カウンセリングを受けられて、ご自分の中で問題を整理し、解決(できるとは限りませんが)の方向をみずから見い出せるようになるためのアプローチが必要です。

医師だけではなく臨床心理士がいて、カウンセリングも行っている精神科・心療内科の医療機関をお探しになって、受診・相談されることを強くお勧めいたします。

医療機関の情報は地域の精神保健福祉センターで得ることが出来ます。

【全国の精神保健福祉センター一覧】
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山様


ご回答ありがとうございます。


とくにパニック障害の患者がミオクローヌスや感覚障害を訴えることがある、という点は大変参考になりました。


 


私の場合、不整脈(期外収縮が変なタイミングで出たりしたとき)をきっかけに瀕脈の発作を起こしていたのですが、昨年9月以来出ていません。心臓神経症ですがパニック障害とまでは至っていないかもしれません。


ですがかなり近い状態であると思います。


あとこの1年間相当な運動不足なために年齢的にも体力が非常に落ちてるのも良くないのでしょうか。


もともとジョギングなどで体力に自信あるほうでした。


ミオクローヌス的な症状も足の火照りもチリチリ感なども初めての体験ですので不安感が強いです。


左手と右足に微妙なしびれと脱力感があるのですが、実際には筋力はそう落ちていないようです。


体重の減少や歩行のふらつきなどもありません。


 


自律神経異常ということも考えられるのでしょうか?


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

心臓神経症はパニック障害の旧称です。ほぼ同じ疾患であると考えていただいてかまいません。
http://www.docbj.com/kkr/kako/67.txt

パニック障害に限らず、精神疾患には、多かれ少なかれ自律神経症状が伴います。
相談者様が神経内科的疾患ではなく精神疾患を患われている場合、症状のほとんどは自律神経のバランスの崩れによるものですが、その崩れの大元は精神疾患なのです。

精神疾患ではない純粋な「自律神経失調症」はほとんど存在しません。

55歳という相談者様のご年齢は、いわゆる男性更年期と呼ばれるご年齢でもあり、心身のバランスが崩れやすい年代ではあると思います。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山様


先日はいろいろありがとうございます。


その後自分でも調べたのですが、13カ月毎日ソラナックス0、4mg2錠とデパスを頓服で時々服用続けていましたが、ベンゾに耐性がつき、減薬前から離脱症状(禁断症状?)が現れている、と考えるのが一番しっくりきます。


症状は毎日変わります。


今は右足の膝から下が微妙にしびれています。


筋肉のぴくつきがあちこちに出るときもあります。


アシュトンマニュアルや断薬の方達のサイトなどを見ると症状がかなり一致する部分が多いです。


日に2錠だったソラナックスを1/2錠にカットして日に3回服用の減薬を開始しました。


今までそれほどなかった不眠と食欲の減退もここ数日あります。


 


こういう症状はすなわち自律神経失調とイコールと考えても良いのですか?


毎日のように変わる離脱?症状は我慢することしか対処のしようがないでしょうか?


 


 

医療 についての関連する質問