JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

はじめまして、両親と同居中の49歳の未婚女性です。今、通院中の個人の心療クリニックを変える方が良いか悩んでいます。今

解決済みの質問:

はじめまして、両親と同居中の49歳の未婚女性です。今、通院中の個人の心療クリニックを変える方が良いか悩んでいます。今の病院には平成8年から現在も不安神経症で通院中。初診の時には、人の視線が怖い・外出が困難・死にたいという症状で仕事が困難になり、処方された薬がデパス0,5mg錠を1日12錠(1日1~2錠を5~6回)の服用でした。自分自身もこんなに服用して大丈夫なのかと思いながらも気分が安定して問題なく生活をして来ました。その間、副作用もなく、健康診断でも異常なしでした。ところが既に依存症になっている自分に気づきながらも服用すれば普通に暮らせると思い平成24年1月まで来ましたが、その年に先生から薬事法の関係でギリギリの6錠まで減らして欲しいと言われ、デパスは1か月単位で1錠ずつ少なく処方され、その代わりに出されたレキソタンは効果ないものの苦しみながらもようやく8~7錠、気分の良い日は6錠までデパス錠を減らせるようになりましたが、仕事は困難になり辞職致しました。最近になり診察の内容そのものがカウンセリングではなく、先生はデパス錠がどれだけ減らせたかを期待するようになり、私にとってはとてもプレッシャーになってきました。診察は気が重く先生の期待に応えられない葛藤、焦燥感などで常に悩まされています。又一番不安な材料は、デパス錠を減らされれば、もしもの時に余分にないのが怖いと伝えた所、もがき苦しめば減らせるとか、とにかく減らすことだけを考えてほしいと言われました。私の訴えに仕方なく処方して下さった代わりの安定剤(上記にない精神安定剤1種類・1日2回)が効果があり、喜んでいると、依存になるからやめようと即中止に。そうかと思えば先生自身が以前中止された薬を頓服として飲みなさいと言われ、唖然としてその旨を伝えると、“あっそうだったか!それなら出さないね“など振り回されてクタクタです。18年間服用してきたデパス錠を12錠から8~7錠までようやく減らせたことは非常に嬉しいです!!増やすことなど考えられませんが、これから減らすつらさが私を苦しめます。自分のためだと分かっているのですがとても不安で怖いです。試練なのかと考えますが・・・本日の診察で一気に6錠まで減らされ、足りない分は一切処方しないとの言葉に次の受診までどう耐えればよいのか不安で不安で、もう病院を変えるべきかとご質問をさせて頂きました。今の苦しみから解放されてこの先いっぱいチャレンジしたい私です!!長文をお許し下さいませ。ご回答を宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
デパス、レキソタンは共にベンゾダイアゼピン系の薬で依存性があり歩行失調、頭痛・頭重、言語障害等の副作用を起こすことがあります。選択的セロトニン再摂取阻害薬のような依存性の少ない薬を処方してもらってください。それは効きだすまで4週間から6週間かかります。デパスは同力価の長期作動性で量のコントロールができやすいジアゼパムに徐々に変更してもらい3週間おきに10%減量してもらってください。公立の病院の心療内科を受診して治療をしてもらってください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問