JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

中性脂肪値が高く、医師からベザテートSR錠100mg(途中からベザフィブラートSR錠100mg)を処方され、2日に1錠の服用で、ほぼ正常値を維持しておりましたが、本年3月20日採血

解決済みの質問:

中性脂肪値が高く、医師からベザテートSR錠100mg(途中からベザフィブラートSR錠100mg)を処方され、2日に1錠の服用で、ほぼ正常値を維持しておりましたが、本年3月20日採血の検査で、中性脂肪値は正常なものの白血球数の減少を指摘されました。数値は2800/μlです。これまでの健康診断では、ここ数年4200〜4700程度で、昨年8月12日受診の健康診断では4200でした(年の推移は09年から、6400→4500→4500→4700→4200)。
医師からは薬剤の影響の恐れがあるので、ベザテートSR錠100mg(途中からベザフィブラートSR錠100mg)の服用を中止するように指示され(3月20日)、従っています。その他にも服用している薬があるので、それらも服用中止しました。
中止した薬は以下の通りで、他には常用の薬はありません。
 
「ベザテートSR錠100mg(ベザフィブラートSR錠100mg)」…11年10月〜
「プロペシア1mg」…07年7月〜
「ミノキシジルタブレット10mg(を半分にして1日5mg)」…13年11月〜
 
心当たりとしては、3つめのミノキシジルタブレットで、これは医師の処方ではなく個人輸入で入手しました。これが昨年の健康診断以降の服用開始ですので、いちばん怪しいと思ってはいます。そのほかには、頭痛の際に服用する頭痛薬をバファリンプラスからロキソニンSに昨年秋ごろか今年になってからか変えました。
 
質問は次の通りです。
1)薬剤による影響だと仮定して、次の検査までに白血球数の回復を確認するには、どの程度の服用停止期間を空けるのが適当でしょうか。
2)今後は薬に頼らず、中性脂肪を下げたいと考えています。青魚を1日100g以上を目安に取り入れたりサプリメントでDHAやEPAを補ったりしています。脂肪の吸収を抑えるという黒烏龍茶やミドルケアなどがありますが、こうしたお茶はDHAやEPAなどのフィッシュオイル系サプリを一緒に飲むと、 DHAやEPAも脂肪分と共に排出してしまうのでしょうか。
つまり黒黒烏龍茶茶やミドルケアが、DHAやEPAを排出し効果がなくなる、もしくは減ってしまうのでしょうか。
 
以上、お手数おかけすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。

> 2)今後は薬に頼らず……黒烏龍茶茶やミドルケアが、DHAやEPAを排出し効果がなくなる、もしくは減ってしまうのでしょうか。
そのご懸念はありません。
黒烏龍茶やミドルケアの脂肪排出効果は微々たるものです。
医薬品で同様の機序を有するものとして「ゼニカル」というお薬がありますが(日本未承認)、そのお薬ですら摂取した脂肪の20〜30%を排出できるのみです。このゼニカルですら、減量や血中脂質低下に寄与する程度が低すぎるとの理由で、ヨーロッパでの承認が取り消されそうになったことがあったほどです。
黒烏龍茶の脂肪吸収阻害作用は3%程度です(1%という説もあります)。
http://amrit-lab.com/special-xenical.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

薬に頼るのことと、サプリメントに頼ることの違いは程度問題であって質的な問題ではありません。
その上、黒烏龍茶やミドルケアにはプラスの効果もマイナスの効果もありません。
これらの使用継続は相談者様の意思次第ですが、「DHAやEPAを排出し効果がなくなる、もしくは減ってしまう」というご心配は不要であるということだけは確言できます。

> 1)薬剤による影響だと仮定して……どの程度の服用停止期間を空けるのが適当でしょうか。
ミノキシジルの血中半減期(服用してから、血中濃度がピークの半分になるまでの時間)は3〜4時間です。一般的には、この半減期の5倍の時間で薬物は血中から消失すると考えられています。
よって、ミノキシジルは、服用を中止して丸1日経てば体内から消失します。
白血球の寿命は、薬剤の影響を受けやすい顆粒球に関しては2週間です(http://www.geocities.jp/oskjndaruma/rinpa/nittuki/6-ketueki.html)。よって、薬剤性白血球現象の場合、想定される原因薬物が体内から消失してから、その影響を受けない新たな白血球が産生され始めるまでに2週間がかかるということです。
相談者様の場合、1日+2週間で、ミノキシジルの影響を受けない白血球産生が始まることになります。
一般的には、さらにマージンをとりますので、ミノキシジルを止めて4週間以上経ってから血液検査を受けられるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫山先生


 


迅速なご回答ありがとうございました。お返事が遅れましてすみません。


 


>薬に頼るのことと、サプリメントに頼ることの違いは程度問題であって質的な問題ではありません。


 


基本的には食生活で改善し、サプリで補うつもりですが(質問がサプリが主体かのような書き方でしたので、それが良くなかったですね)、程度の違いということはサプリメントにも薬剤と同じような(例えば白血球数に影響するような)副作用のようなものがあるという意味ですか、それとも食生活で改善するのが本来のあり方で、サプリに頼るのはそれから外れているという意味ですか。


 


>一般的には、さらにマージンをとりますので、ミノキシジルを止めて4週間以上経ってから血液検査を受けられるのがよろしいかと存じます。


 


わかりました。あくまでも参考にお伺いしたいのですが、薬剤の影響を完全に除去するまでではなく、薬剤の影響であろうことを観察するため、単に回復傾向にあることだけを確認したい場合、服用停止後1週間程度でも分かると思われますか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> それとも食生活で改善するのが本来のあり方で、サプリに頼るのはそれから外れているという意味ですか。
私が申し上げたいのは、サプリメントは効かない、ということです。効くなら薬として認可されています。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35041507.html

よって、お薬を止めてサプリメントで効果を得ようと期待しても、結局は中性脂肪の値が上昇して、食事と、そして運動が必要になるでしょう。もちろんそれが本来のあり方であろうとも思います。

> 薬剤の影響であろうことを観察するため、単に回復傾向にあることだけを確認したい場合、服用停止後1週間程度でも分かると思われますか?
難しいと思います。服用停止後1週間が経っても、新しい白血球はまだほとんど産生されていませんから、改善傾向にあったとしてもなかったとしても、自然変動の範囲との区別はつかないでしょう。
むしろ、リンパ球刺激試験(DLST)という検査を受けられた方が、お薬と白血球減少の関係性について確度の高い情報を得られると思います。
http://www.srl.info/srlinfo/kensa_ref_CD/KENSA/SRL0517.htm
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問