JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

55歳の男性です。7~8年前からジベルばら疹の画像とそっくりの発疹が体に出ては消えます。気のせいか、左右対称に近い感

解決済みの質問:

55歳の男性です。7~8年前からジベルばら疹の画像とそっくりの発疹が体に出ては消えます。気のせいか、左右対称に近い感じで出ることが多いようです。最初の頃は半年に1度くらいの頻度で、直径5~6mm位の発疹が2~3個出現し、4週間程度で自然に消失していました。発疹の出始めは、0.5mmくらいの非常に小さな赤い点状発疹が直径5~6mmの輪状に出現し、約1週間後に輪の中の皮膚がカサカサになっていました。かゆみはありません。数年前からは2~3ヶ月に一度と回数が増え、大きさも10~15mmと大きな発疹が混在するようになっています。数は6~8個で、脇の下、胸、背中、太もも(顔には出ません)に出現し不安になっています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
その写真をここに添付できますか。その方法がわからなければ係の者にメールで訊くか、係の者にメールで写真を送り私に転送してもらってください。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を内服、又は使用していますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.



質問者: 返答済み 3 年 前.

身長:169cm、体重57kg。病気;気管支喘息、副鼻腔炎。手術経験は無し。現在(半年前から)は吸入ステロイド薬、内服用抗アレルギー薬を服用中ですが薬を内服する以前から発疹は出ていました。家系に病気の人はいません。写真の添付の方法が分かりません。ちょうど、時計の文字盤の様に非常に小さな赤い点状発疹が輪状に並び、1週間程度で内側の皮膚がカサカサになります。表面の盛り上がりはなく、平坦です。この状態が4~6週間くらい持続した後、自然に消失。また数か月後に別の部位に出現します。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
係の者に写真をメールで送って私に転送するか、添付してもらってください。それは始めは2 cmから5 cmの1つの輪ができてそれから回りに小さな輪いくつかできますか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

写真を添付します。太ももと脇に出た大きいものは(10mmと12mm)発疹後3週間以上経過していますから、ほとんど消失しかけています。すねに出た小さいもの(4mm)はまだ3日くらいの経過です。

Attachment: 2014-04-02_122733_湿疹.zip

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
普通は15歳から35歳の方に多いですがカユミがない、自然に消える、その発疹の中がカサカサになることからあなたの推察したようにバラ色粃糠疹に思います。バラ色粃糠疹ではヘラルドパッチ(元になる1つの大きな発疹)がないこともあります。その原因はハッキリしていませんがヘルペスウイルスの6型、7型、または8型が関係しているかもしれないといわれています。
その治療をしてはカユミがないことから日光浴、または皮膚科医で紫外線B波、エリスロマイシン一日250ミリグラム4回を2週間(抗生物質ですが細菌を殺すより抗炎症作用と免疫修飾作用のために働くと考えられています)、抗ヘルペス薬であるアシクロビル(商品名ゾビラックス)を一日400ミリグラムから800ミリグラム5回3週間でその発疹が消えることを早めます。公立の病院の皮膚科を受診してください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。私が疑問に思うのが、7~8年間の長期にわたり、数ヶ月ごとに再発を繰り返していること。さらに、次第に再発の間隔が短くなり、発疹の数も多くなり、また大きなサイズの発疹が混在するようになっていることです。ジベルばら疹の場合は再発は少ないという情報が多いように思います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.

7~8年間の長期にわたり、数ヶ月ごとに再発を繰り返していることは私も疑問に思っています。再発することは約2%あります。鑑別診断として二期梅毒、滴状乾癬、体部白癬、癜風、貨幣状湿疹、慢性紅色苔、ライム病、HIVのセロコンバージョンの状態、薬疹が上げられますがどれも当てはまらないと思います。必要なら皮膚の生検をして病理診断をしてもらってください。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問