JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 371
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

21才息子のてんかんの件でお願いします。発症は10才頃で、寝起きに起こり意識は有りますが、手だけが勝手に動いてしまいました。その後、病院にて『若年性の手足先端におこるてんかん』(海

解決済みの質問:

21才息子のてんかんの件でお願いします。発症は10才頃で、寝起きに起こり意識は有りますが、手だけが勝手に動いてしまいました。その後、病院にて『若年性の手足先端におこるてんかん』(海外の小児専門科)と診断されデパケンにて症状は落ち着きました。

帰国後、大学病院の小児科で、デパケン1000→900mgにて治療を継続し症状は安定。約2年前より、同大学の精神神経科の専門医に変わり、肝機能が心配との事で2012年の夏頃からイーケプラ1000mgのみの治療に変更します。2013年3月に自宅にて意識を失い全身の強いけいれんをおこし(失禁有り)、救急車にて大学病院に運ばれ、後日担当医に、内科の検査の結果イーケプラに変更しても肝機能の数値は変わらず、肝機能の数値が悪いのはデパケンのせいでは無いのでデパケンに変えて欲しいとの回答に、ちゃんと効いているのでイーケプラ1000mgのみの治療続行になりました。

2014年3月14日に再度強いけいれんをおこし、救急車にて大学病院に運ばれ、エマージェンシーにて、外来受診にて脳波の検査を受ける様に言われました。4日後受診にて、言われた事は、残念でしたね。薬が合わないので、デパケン800mgに変えましょうと言われ、体重も前と変わらずですので、900mgで無くて大丈夫ですかとの問い合わせに、大丈夫です。との事で、他の質問にも、けいれんをおこした事が事実で残念でしたね。の一言でした。毎回いつも忙しい先生で、難しい言葉でいつも1-2分で終わります。今回も脳波の検査もしなくて大丈夫との事でした。

質問の内容は、❶デパケンの服用量は、体重77kgで800mgで大丈夫でしょうか? 血中濃度が心配です。 ❷イーケプラの薬は単独では保険が利かずフェノバール錠を出されましたが、フェノバールは飲まない様にと言われ従ってきましたが、どうして単独では保険が利かないのですか?もしかしたら、イーケプラは日本では単剤療法では無くて、併用療法の薬ではありませんか?❸今現在、てんかん発作の分類も分からないのですが、通常は患者には知らされないのか、分類は治療に関係無いのでしょうか?できたら、MRI等でしっかり病気を把握したいのですが、てんかんはそういう病気では無いのですか?❹手だけがけいれんした時のてんかんと、今全身にけいれんをおこすてんかんとは種類が違いますか?治るのが一番ですが、そうで無ければ、前の様に手だけのけいれんのてんかんになりますでしょうか?❺前は手だけのけいれんでしたが、何が原因で全身のけいれんに変わるのですか?けいれんが起こる数ヶ月前の検査では、すこぶる良い状態でした。

内科の薬ですが、①ザイロリック②ユベラ③ウルソ④リバロ 以上です。お忙しいところすみませんが、よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 3 年 前.
回答:

1.抗てんかん薬の服用量は、体重だけでなく、あなたのおっしゃって言う通り血中濃度の測定が必須です。
 けいれんが起こっているのでしたら、測定すべきです。
2.その通りです。現在の日本の保険制度では、イーケプラは単独投与ができません。
 イーケプラの極量(投与してよい最高量)は、3000mgですので、まだ増量は可能です。
3.あなたのおっしゃっていることの方が、このご質問に記述している医師の態度よりも正しいのですが、てんかん発作の型がきちんと診断できていなければ正確な治療は不可能ですし、形態的な問題を把握するためにMRIは、必須の検査になります。
4.最初は部分てんかん(たとえば、お子さんのような「手だけ」)であったものが、痙攣発作を繰り返すことに酔って全般化(「全身けいれん」)になっていくことはあり得ます。原因は、さまざまですので、ここで結論づけることは不可能です。

今後のことですが、てんかんの専門家が見ていないのでしたら、セカンドオピニオンを受けられて他の病院に変わることをお勧め申し上げます。
あるいは、その大学内でも可能かもしれません。

追加のご質問は、遠慮なくどうぞ。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問