JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-KUMAに今すぐ質問する
Dr-KUMA
Dr-KUMA, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 245
経験:  国立大学病院勤務経験あり
75835603
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-KUMAがオンラインで質問受付中

私の母の症状をネットで調べたら、全身エリテマトーデスの症状に似ているようで、心配しています。ご相談させてください。

解決済みの質問:

私の母の症状をネットで調べたら、全身エリテマトーデスの症状に似ているようで、心配しています。ご相談させてください。

64歳女性。2か月前くらいから、両手の指がしもやけみたいに赤く腫れ、1か月前くらいから顔がほてって、赤ら顔になっています。皮膚科では、しもやけだと言われて、飲み薬とぬり薬を処方されています。

それから、咳をしていて、深呼吸をしたり、話をしたりすると、咳が出ます。
また、高血圧と診断されていて、薬を処方されています。

現在、総合病院の呼吸器科を受診していて、結果待ちの状態です。
この病院では、咳と手の腫れは関係ないだろうと言われたようです。

全身エリテマトーデスの疑いがあるのでしょうか?
もし、疑いがあるのであれば、全身エリテマトーデスの治療に詳しい医師や病院を教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
全身性エリテマトーデスの診断は簡単ではありません。しかし、お母様の症状からあてはまりものもありますので、一度しっかりと検査をされる事をおすすめします。一般的な血液検査に加えて、自己抗体や抗核抗体といった特殊な種類の血液検査も必要となります。

大変申し訳ありませんが、ジャストアンサーでは特定の医師や病院の紹介はできないルールとなっております。
お近くの大学病院、中でも膠原病の専門科のある病院を探されて受診されることをおすすめします。
現在、受診している呼吸器科の医師から膠原病専門の医師を紹介してもらうという方法一番スムーズにいくと思います。検査の重複なども防げますので、紹介状を作成してもらい、膠原病科を受診されることをおすすめします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございました。


 


自己抗体や抗核抗体の血液検査をして問題がなければ、全身性エステマトーデスではないと判断してよいのでしょうか?


 


いま受診している病院から紹介していただく方がスムーズだということですが、ネットで調べると、病院によって、全身性エステマトーデスの治療経験が多い病院と少ない病院があります。


 


やはり、治療の症例数が多い病院の方が、いろんな患者さんを診察をしてあるので、治療方法や、処方する薬の量(ステロイド薬)など、最善の治療をしていただけるのでしょうか?

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。
全身性エリテマトーデスには細かい診断基準があり、自己抗体や抗核抗体が陰性でも他の項目であてはまれば、診断される場合もあります。診断に関しても、しっかりと専門医のもとで行った方がいいでしょう。
膠原病に関しては、病院によっては診療していない病院も多くあります。
しかし、専門医がいる病院であれば、治療方針に関しては、さほど差はないでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


①全身性エリテマトーデスという病気は、遺伝するのでしょうか?


私の知ってる限りでは、親類に膠原病の人は、いないのですが。


 


②全身性エリテマトーデスの可能性がありますので、検査結果が出るまで、生活するうえで、気を付けておいた方がいい事があれば、教えてください。


 


 

専門家:  Dr-KUMA 返答済み 3 年 前.
①現在も世界中で研究段階で、詳しい統計は出ていませんが、膠原病の母を持つ方の子供の発症率はそうでない方に比べては高いとは言われています。しかし、遺伝要因よりも環境要因の方が大きいと言われています。

②食事に関しては脂肪分の高いものよりも低いもの、野菜中心の食事の方がいいと言われています。また、紫外線など直射日光に長時間あたることは避けた方がいいでしょう。顔のほてりの原因になります。外出する時は、マスクや帽子を着用されることで、症状が軽減する可能性があります。

信頼できる専門医のもとで、しっかりと検査、診断を受けられて下さい。
お大事にされて下さい。
Dr-KUMAをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問