JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue-sky777に今すぐ質問する
blue-sky777
blue-sky777, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 129
経験:  内科を中心に総合医として医療に従事しています。
76958870
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
blue-sky777がオンラインで質問受付中

私は男性、59歳、身長167cm,体重54kg,既婚、病歴はありません。医師に処方された薬はありません。但し、検診で

質問者の質問

私は男性、59歳、身長167cm,体重54kg,既婚、病歴はありません。医師に処方された薬はありません。但し、検診では高脂血、高尿酸をこの15年ほど指摘されています。また、最近血圧も高めに推移してます。ほんらいはもう治療しないといけないのかもしれません。先月の2月24日の23:30から24:30までの約1時間今まで経験したことのない痙攣(なのかふるえなのか判然としてません)がありました。前兆かどうかわかりませんが、その前日朝食後すぐに関節が痛み始めて、まもなく熱(38.1度)が出て、背中と腰の痛みが出ました。休日でしたので、一日寝ていました。翌日(2/24)は背中と腰の痛みが少し残っていた以外はすっかり良くなりました。2/23の状態もほとんど初めてでした。風邪ではなかったのかもしれません。大事をとって風呂も入らずに23:00頃床に就きました。(毎日のお酒も控えめにしました) いつより体が何か冷えているかな、とは感じましたがそれ以外に異常はありませんでした。間もなく歯がカタカタし始めました。歯が鳴るなどということは、最近なかったので変だなとは感じました。すぐに体がガクガクして、手も足もガタガタでどうしようもない状態になりました。布団をかぶり、体を温めればなんとか収まるだろうと思っていましたが、収まるどころか段々激しくなり、自分でまったくコントロールできなくなりました。それでも疲れてしまって、少しウトウトしたかもしれません。収まったかな、と思って時計を見たら24:30でした。その後寝付かれなくて、明け方少し寝ました。しかし、全身びっしょり汗をかきました。
起床してからはまったく普通に仕事をしたので、あれはいったいなんだったのか、と狐に包まれた感じです。その日はナットウキナーゼサプリ、風邪薬(非ピリン系)、酵素系3種(これはこの1か月間飲んでいます。)を飲みましたが、多分特に問題はないと思います。
これは隠れた病気の前兆なのでしょうか。 遠藤と申します。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.
 お答えいたします。
 2月24日にありました痙攣様の症状は、発熱前の悪寒の可能性が高いと思われます。その後、朝起きた際かなり汗をかいていたことを考えますと、解熱し発汗したということに一致すると思われます。経過を考えますと、以上のことが推察されます。
 わからない点がありましたら、ご連絡ください。
blue-sky777をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとうございます。質問ですが、症状は発熱前の悪寒の可能性が高いと聞き納得しましたが、2/23の朝の軽い発熱は最初(第一弾)で、翌日の第二弾の発熱を回避したということでしょうか。 よろしくお願いします。

専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.
 ご質問にありました”翌日の第二弾の発熱を回避したということでしょうか”の内容ですが、第2弾の発熱とはいつの発熱のことでしょうか。申し訳ありませんが、再度ご説明ください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません。最初の質問をよく見ると、私の文の内容が分かりにくいものでした。23日の休日朝食後関節の痛みと発熱がありました。一日寝て治り(と思いました)、次の月曜日は仕事は問題なく終えましたが、その夜悪寒がしたのです。先生が24日の症状は発熱前の悪寒の可能性が高いというお答えでしたので、風邪は23日は治っていなくて、24日に二回目の発熱の可能性があり、悪寒は発熱前の症状ということなのか、という質問でした。わかりにくい質問でもうしわけありません。

専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.
 ご返答ありがとうございます。
 経過を考えますと、23日の悪寒と24日の悪寒は同じ風邪の症状の可能性が高いと思われます。発熱は、人間のウイルスに対する防御反応ですが、一回目の発熱の後、ウイルスが増殖して、その防御として二回目の発熱が起こったというのが、可能性が高いと思われます。

医療 についての関連する質問