JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14312
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

81才の母は91才の父と自宅で介護しております。父は元気なのですが、視力が低下し、足元がおぼつきません。父は資産家の

質問者の質問

81才の母は91才の父と自宅で介護しております。父は元気なのですが、視力が低下し、足元がおぼつきません。父は資産家の長男ですが、騙されやすい性格で、祖父から受け継いだ財産をほぼすべて事業に注いで失敗し、今では唯一、母が実家からもらった遺産で建てた家で年金生活をおくっています。介護に疲れ、父への許せない気持ちから、母は最近老人性うつのようになり、被害妄想のようになり、愚痴と悪口ばかりで、私も電話に出るのが嫌になってきております。父にデイサービスを受け、日帰りのホームに週1~2回でもいいので言って欲しいとお願いしても父も頑固で絶対いやだと言って聞かないそうなのです。まさに危機的状況です。今母の怒りは私に向けられ、先日突然家の外装や屋根を修理するので180万円送れ。どちらにせよいずれはあなたの物になるんだからとのこと。相談も無く、突然大金をすぐに振り込めと言われて驚き、消費税アップ前の駆け込みであるのなら、再考してみてはと言ったところ、悪口だらけの言葉になり、聞く耳持たずの状況でした。その後手紙が送られてきて、どうやら私が母に対してお金を節約しろと言った事になっていました。私は母が経済的にも介護も大変だったら、家を売って介護ホームに父と移っては?と言うと、それも面倒見たくないからと思われる、手紙にも嫌味たっぷりに書かれており、びっくりしてしまいました。良かれと思って話したり、提案しても全て捻じ曲げられてしまい、これからどうして良いものか不安です。母は私の為に貯金していた口座があったようで、私は自分で働いているのでそれはもう自分の事に使っていいからと感謝こそすれ、少しでも楽になってくれればと思い伝えたところ、早速解約届けの書類が送られてきて、ひどい内容で罵倒されました。父母共に状況は厳しいです。意識ははっきりしているので、下手に精神科などに連れて言ったら大変だと思います。姉が20年前に亡くなった事も心の傷になっています。長文で失礼いたしました。アドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

少し補足情報を下さい。

①お母様の現在の状態は、お若い頃と比べると別人のようになってしまっていますか? それとも元々の性格が極端になった印象でしょうか。

②お母様は精神科、それも老年精神医学の専門医療機関を受診されるべき状態であるとは思います。しかしそれは難しそうな状況です。それを説得する手段をご質問されているのだとすれば、回答は「特別な方法はありません」ということになります。「アドバイスいただけると幸いです」とのことですが、どのようなアドバイスをお求めなのでしょうか。

③相談者様やそのご家族の精神的負担を軽くすることに主眼を置いて、お母様とは距離をおく——具体的には一切のコミュニケーションを断つことも選択肢の一つにはなりえると思います。そのご意向はないのでしょうか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.
しばらくこのサイトへの戻り方がわからなくなり、ご丁寧なアドバイスをいただいていたにも関わらず、お礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。
母はもともと心配性なところがありましたが、長女である私の姉が亡くなってから、やはり心の傷が残っているようで、高齢になるほどストレスになっていたようです。
精神科まどに行かせることはほぼ不可能ですので、他に似たような老人性鬱の事例があれば参考にさせていただきたいと思って書かせていただきました。知り合いで、訪問介護の一環で話を聞いてくれるサービスもあるとのこと。そういった心のケアをお願いできるプログラムなどあれば。それと、少し距離をおくことも必要かもしれません。手紙など、直接話をしなくても、柔らかくコミュニケーションをとれるようがんばってみます。
この度はアドバイス、ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさってください。

評価をお願いします。

医療 についての関連する質問