JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

宜しくお願いいたします。 72歳、男性、本人です。 昨年の9月に胃癌により全摘の手術を受けました。 28歳の時

解決済みの質問:

宜しくお願いいたします。
72歳、男性、本人です。
昨年の9月に胃癌により全摘の手術を受けました。
28歳の時、糖尿病と診断されましたが、治療や食事制限をした事はありませんでした。
4年前に風邪を引いた折、病院で血液検査を受けた所、血糖値が178と高いので総合病院を紹介され、食事制限と運動を指示されました。
言いつけを忠実に守り、4か月間で16㎏の減量をして、HbA1Cと血糖値も基準数値になったので、開業医の方で診療を受けるように言われました。
先生に指導を受けた訳でもなく、3年前に自己診断用グルコース測定器を購入して、月に2回程度食前に測定しておりました。
その結果は、食前:72~110 食後:150くらいでしたが、ここ1週間は、朝食前:70~102      朝食後:211、217、303、375、308、354、275と高値安定しております。
就寝前:72、89,102,114、77と低いので、このまま放置しておいても良いのでしょうか。
3ヶ月毎の開業医の診察も、良好なので今年の1月から診察が1年に1回となったのです。
胃の全摘により、血糖値が大きく上下すると聞きましたが不安です。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。

仰る通り、胃の全摘後は、食べ物が直接腸に届くようになるために、血糖値が不安定になりがちです。

現在、血糖値のコントロールの目標はHbA1cを主な指標として定められます。
http://www.furano.ne.jp/utsumi/dm/control.htm
↑↑↑クリックすると解説ページが開きます↑↑↑

相談者様の場合、朝食後の血糖値が、朝食前の値に比べて極端に高く、これはインスリンが十分に働いていないことを示唆する所見です。
「就寝前:72、89,102,114、77と低いので、このまま放置しておいても良い」ということはありません。

現在の血糖値は将来的な心血管疾患(脳卒中、心筋梗塞)のリスクを飛躍的に高いものにしかねない値です。
最初に受診された総合病院で、現在の状態(胃全摘後)における血糖コントロールのために必要な治療を受けられることを強くお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問