JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
blue-sky777に今すぐ質問する
blue-sky777
blue-sky777, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 129
経験:  内科を中心に総合医として医療に従事しています。
76958870
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
blue-sky777がオンラインで質問受付中

ご返答お願いいたします。患者の息子です。 父親が癌と診断され、手術しました。今後の治療方針を決めるよう主治医より言

解決済みの質問:

ご返答お願いいたします。患者の息子です。
父親が癌と診断され、手術しました。今後の治療方針を決めるよう主治医より言われておりますが、決断するだけの知識がありませんので不安に思っております。最終的に判断をするのは本人ですが、少しでも手助けができればと思っております。

患者は67歳。診断は下顎歯肉癌、左。未分化癌とのことです。手術前の診断ではステージ2、TNM分類ではT2.M0.N0。との診断でした。
手術の日は2月10日。手術の内容は腫瘍と腫瘍の周囲1cmを余計に切除、それに伴い下顎の骨の一部と奥歯から3本を切除、手術前の診断ではリンパ節への転移はないとの判断でしたが、若干の腫れが見られるとのことで切除しました。
術後の細胞検査の結果は異常なしとの報告を受けており、患者の回復も予定通りのようです。

そして、医師より今後の治療方針を決めるように言われたのですが、6対4の割合で6が経過観察、4が放射線治療というものでした。

医師からの説明では、放射線治療の期間は6週間。放射線治療を受けると、口の中が爛れて、今若干回復しつつある口からの食事も再びできなくなるということです。その際、胃へ直接流動食を流す管を通す手術が必要。

1、腫瘍もないのにどこにめがけて放射線をあてるのか?
2、そして患部の付近への照射で効果があるのか?
3、本人の負担を考えれば、家族としては経過観察でいいのではないかと考えておりますが、経過観察にした際のリスクはどのようなものがあるのか?
4、その他、抗がん剤など薬での治療方法はないのか?

教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.

 ご心配の事と思います。

 治療方針の決定に関し、少しでも手助けができればと思っております。

 まず、放射線治療ですが、腫瘍は切除し存在していませんが、細胞レベルで周囲に存在している可能性があり、リンパ節を含め腫瘍のあった部分を中心に放射線の照射をすることで再発のリスクを下げられることができると思われます。経過観察にした際のリスクは、再発のリスクが、治療した場合と比較し上がると思われます。抗がん剤の治療は、未分化癌とのことであり、薬の効果が少ない可能性があることと、副作用が強いため、主治医の先生は避けたのだと思います。放射線治療は、合併症があり、その利点と欠点を比較し行うかどうか決定することになりますが、ご本人の意向をよくお聞きになって決定していただくと良いと思いますので、ご検討ください。

 ご質問がありましたら、ご連絡ください。

質問者: 返答済み 3 年 前.


お世話になります。


早速のご返答ありがとうございます。大変参考になりました。


 


もう少し質問させて下さい。細胞検査の結果が異常なしと言っても、切除した腫瘍の周囲と、リンパ節の一部という一部のポイントが異常なしということであって、その他の部分も異常なしということではないという理解でよろしいでしょうか?


 


また、転移が見つかる可能性としては、放射線治療をしなかった場合、患部付近に残っていた悪性細胞が成長して、手術した患部付近に見つかるものなのでしょうか?それともまったく別の場所も考えられるのでしょうか?


 


経過観察を選択したとして、定期検査で転移の発見を見逃すということはあるのでしょうか?主治医の先生も手術前に「やっぱり患部を開いてみないとわからない部分もある」とおっしゃっていましたが。


 


未分化癌というのがどうもやっかいなようですね。抗がん剤などの薬の効果が期待できないということですと、転移などが見つかってからの対処療法が主な治療方法になるわけですか?転移を未然に防ぐものってあるのでしょうか?保健適用外の治療でも効果が期待できそうなものがあれば教えていただきたいです。


 


長々と申し訳ありません。


よろしくお願いいたします。


 

専門家:  blue-sky777 返答済み 3 年 前.
 了解いたしました。

 切除した腫瘍やリンパ節以外の部分は、残念ながらまったく異常がないとはいえません。転移は、主にリンパや血液の流れに乗って起こりますので、腫瘍から離れた場所に転移が起こる可能性があります。例えば、血流乗って転移が起こりやすい場所としては肺があげられると思います。
 定期検査をしていたとしても、転移を見逃す可能性はあります。転移が起こりやすい場所をCT、MRI、PET、超音波などで検査したり、血液検査で腫瘍マーカーなどで確認していくことになりますが、全身くまなく検査することは不可能ですので見逃してしまうことは起こりえます。これらの検査を上手く組み合わせて経過を見ていくことになると思います。
 転移を未然に防ぐ方法として、免疫を賦活させるような方法もありますが、どこまで効果があるか判断が難しいと思われます。現在、病院で保険適応になっている治療は、臨床試験などで客観的なデータがそろっていて効果があるとされているものです。しかし、保険適応外の治療は、そのようなデータがそろっておらずその効果が信用できないものが多くみられます。さらにそのような治療を受けることで病状を悪化させてしまうこともありますので充分ご注意ください。
blue-sky777をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問