JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 739
経験:  総合診療医
76003100
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

60歳になる統合失調症の兄がいます。62歳の姉が言うには平成22年9月頃から認知症が現れ、その3年前には脊髄小脳変性症となり、これは遺伝ではなく孤発性で、統合失調症との合併症という

解決済みの質問:

60歳になる統合失調症の兄がいます。62歳の姉が言うには平成22年9月頃から認知症が現れ、その3年前には脊髄小脳変性症となり、これは遺伝ではなく孤発性で、統合失調症との合併症というのです。

体を動かさない事で生じた後天性の廃用疾患で、廃用性の低下ですと
施設で暮らしている87歳の母との日常生活が原因しているというのです。

1.統合失調症と脊髄小脳変性症は合併症なのでしょうか? 意味が解りません。
2.廃用性の機能低下とはどういう意味でしょうか?
3.体を動かさないといっても、積極的な運動はありませんでしたが日常生活は一人で行えていました。発病の原因となりますか?

平成17年に母が倒れたとき、私は兄に関して松沢病院の協力もあり兄をもっと兄らしくと考え、看護師の従妹の指導の下、訪問看護や配食サービス、家事介護と社会との接点を見つけ出しながら病院の評価も大変良かったのですが、姉が兄を見ると言いだし、勝手に病院を変え、全てのサービスを止めてしまいました。兄に対する方針が違っていたため私は母の生活を見て、兄の事は任せたのですが、悪くなったら母のせいにして、こちらを頼ってきたのです。

後日会うのですが、書面の上記の内容が分りません。
宜しくお願い致します。
50代 女性
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

精神科の森野と申します。

 

ご質問に回答いたします。

 

1:小脳脊髄変性症は、孤発性のものの原因は、不明ですが、脳内にオリゴデンドログリアという 異常なたんぱく質が溜まることで、神経細胞が、破壊され、運動機能の低下をきたす病気です。 統合失調症との関係は、ありません。 合併症でも、ありません。

 

2:廃用性の萎縮とは、 身体を動かさないことにより、筋肉が使われないためにおこる筋肉の萎縮、筋力低下です。

例えば、起きるという動作1つをとっても、様々な筋力が動き、起きるという動作が出来ます。 起きる事をせず、寝たきりですと、筋肉が使われませんので、筋肉が萎縮し、筋力が低下します。

つまり、使われない筋肉は、萎縮し、筋力低下します。 これが、廃用性萎縮です。

 

3:小脳脊髄変性症に、日常生活は、原因となりません。

食事、運動、アルコール、タバコなど、日常生活習慣は、小脳脊髄変性症の原因ではありません。

 

以上が回答になりますが、 このような回答で、よろしいでしょうか?

 

 

追加の質問があれば返信ください。

ない場合は、今回の回答の評価判定を行ってください。

Dr.morinoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問