JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めてお伺いします。よろしくお願いします。 人間ドックのバリウム検査の結果「幽門前庭部隆起性病変の疑い」と診断され

解決済みの質問:

初めてお伺いします。よろしくお願いします。
人間ドックのバリウム検査の結果「幽門前庭部隆起性病変の疑い」と診断され、内視鏡検査が必要になりました。
周辺のクリニックでも最短2週間待ちです。
その間、ガンではないかと不安にもなります。
50歳の女性です。
ドック当日の判定は異常なしとのことでしたが、後日改めて通知されました。
このあたりも心配です。
自営業のため、仕事も先々までびっしりで心配ですが、どんな可能性が考えられるでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。

「幽門前庭部隆起性病変の疑い」とは、「胃の出口(幽門前庭部)に何か膨らみがある、という」意味です。それ以上でも以下で、今のところはありません。

バリウム撮影は常に蠕動している胃の、ある瞬間を捉えた静止画像に過ぎませんから、その膨らみが何であるかは(もしくは、本当に膨らみがあるかどうかは)、やはり内視鏡で視認し、生検しなければそれが何であるかはわかりません。

現時点では、①たまたま胃のその部分が隆起しているように見える瞬間がレントゲン写真で捉えられただけで本当は何も無い、②良性ポリープ、③胃がん、といった疾患の可能性が考えられます。

ちなみに、「陽性反応適中度(精密検査が必要と判断されたうち、本当にがんがあった割合)は0.7~2.0%です」(http://ganjoho.jp/professional/pre_scr/screening/screening_stomach.html より引用)。
よって、相談者様が胃がんを患われている可能性は0.7~2.0%であるということになります。

> バリウム検査は6年ぶりでその際は異常なし
前述の通り、動いている胃のある瞬間の静止画像ですから、バリウム検査同士の比較はあまり意味がありません。

> 1年前に血液検査でがんを調べるというような検査をしましたが、異常なしでした。
これは恐らく「胃がんになりやすいリスク」を調べる検査のことだと思われます。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130122/dms1301220711007-n1.htm

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問