JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4038
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

腰部脊柱管狭窄症とすべり症と診断を受けて居ます。症状は腰痛と臀部、太ももの後ろまた、膝に下部にシビレ及び痛みが出て居

解決済みの質問:

腰部脊柱管狭窄症とすべり症と診断を受けて居ます。症状は腰痛と臀部、太ももの後ろまた、膝に下部にシビレ及び痛みが出て居ます。尚、コブラ返りがよくでます。
治療、硬膜下注射など受けて居ましたが改善しません。手術を勧められています。
背中よりメスを入れボルトにて固定、関節の間を人工骨(培養)固定するようです。
正常な社会復帰に1年はかかると聞いて居ます。貴、医科大学整形外科HPを拝見しますと内視鏡にでの低侵襲で手術効果が良好成績との事を拝読しました。
どの様な方法で行うのですか?社会復帰まで幾日程かかりますか宜しくお願いします。

1942年9月12日生症状は約7年前より今に至っています。
河野奎次
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
医科大学整形外科HPを拝見しますと書いてありますがどちらの医科大学ですか。
質問者: 返答済み 3 年 前.


和歌山県立医科大学 整形外科

質問者: 返答済み 3 年 前.

和歌山県立医科大学整形外科HPを拝見

質問者: 返答済み 3 年 前.

和歌山県立医科大学の整形外科HPですよ!

質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.

救急患者が入って遅れて申し訳ありません。

脊椎すべり症(脊椎が前または後ろに位置がズレること)で脊髄が通る穴が狭まり脊髄が圧迫されることで腰部脊柱管狭窄症が起ります。その手術はそのズレた脊椎を元の位置に固定する方法です。その固定のために位置のズレた椎骨を正常の位置にある椎骨にボルトで固定し、さらにその椎骨の間を人工骨を置きそれが後に固まります。 低侵襲脊椎固定術はつぎのように行います。 ボルトの固定はレントゲンの透視下で行います。次のビデオをみてください。 http://www.youtube.com/watch?v=8CKKSqDT0aU 内視鏡下で椎間板の部分を除き、その部分にレントゲンの透視下で人工骨を注入します。次のビデオをみてください。英語ですが画面を見れば理解できます。 http://www.youtube.com/watch?v=4qKnIzKkm9w 通常術後2日目にコルセットを装着して歩き始めて,経過良好であれば術後1週間から10日で退院可能となります。退院後は順調であればコルセットをきちんと装着して通常の日常生活をできるようになります。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問